期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム BIM 国土交通省関連情報 国交省80億円補助・建築BIM加速化事業創設|「みんなのBIM」

国交省80億円補助・建築BIM加速化事業創設|「みんなのBIM」

掲載日:

建築BIM加速化事業の概要

国土交通省は、令和4年度2次補正予算「建築BIM加速化事業」を創設しました。本記事では、事業の内容についてまとめていきます。

【参考】建築BIM加速化事業について

建築BIM加速化事業の目的

建築BIMを活用する事業者の拡大で、BIMの「社会実装」を加速化する狙いがあります。

一定の要件を満たす建築物を整備する新築プロジェクトにおいて、国が補助を行う事業です。 複数の事業者が連携して建築BIMデータの作成等を行う場合に、BIMソフトウェアや講習等に要する費用が補助されます。

建築BIM加速化事業の対象

BIM加速化事業の対象となる費用は、下表の通りです。

項目含まれる経費
BIMライセンス等費●BIMソフトウェア利用費(ビューワーソフト、アドオンソフトの利用費、BIMモデルを利用するためのPC・タブレット・ARゴーグル等周辺機器のリース費等を含む)
●CDE環境(共通クラウド)構築費・アクセス費
BIMコーディネーター等費●BIMコーディネーター人件費・委託費
●BIMマネジャー人件費・委託費
●BIM講習に要する委託費・人件費・諸経費
BIMモデラー費BIMマネジャーをサポートするBIMモデラー委託費

今回の補助金制度では、プロジェクトに参加する「専門設計事務所や専門工事業者」に加えて、代表となる「意匠設計事務所や元請事業者(ゼネコン等)」の経費も対象となります。

建築BIM加速化事業の補助上限額

補助金額の上限は下表の通りです。完了報告時点の成果に応じて、補助金額が決定されます。

延べ面積設計費建設工事費
1,000㎡以上、10,000㎡未満2,500万円4,000万円
10,000㎡以上、30,000㎡未満3,000万円5,000万円
30,000㎡以上3,500万円5,500万円

建築BIM加速化事業の建物要件

建物要件は「3階以上、敷地面積が概ね1,000㎡以上 等」となります。

建築BIM加速化事業に参加するには?

  • ①事業者の登録を行う
  • ②交付申請を行う

今後のスケジュールは、2023年1月中旬~3月下旬に「事業者登録」を行い、随時交付申請するという流れになります。2024年3月時点で、それまでの成果に応じて補助金額が決定されます。

詳しい内容は下記日程の説明会にて案内される予定です。

  • 12月21日(水)10:00~11:00
  • 12月26日(月)15:00~16:00

説明会参加には事前登録が必要なため、下記URLから登録しましょう。

https://forms.office.com/r/ngQ1sQew7y

ただし申請には「BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業」のような詳細な報告書は不要となります。「BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業」については、下記記事をご覧ください。

建築BIM加速化事業の活用でBIM導入

建築BIM加速化事業で、BIMが未導入だった事業者でも活用が期待されます。補助には申請が必要となるため、事業者登録等の準備を進めておきましょう。

この記事を書いた人

小日向

二級建築士/インテリアコーディネーター(IC)/福祉住環境コーディネーター。 建築学科卒業後、インテリアメーカーにてICの業務を経験。 現在は建築・住宅系ライターとしてコラムを担当。ハウスメーカー、リフォーム、住宅設備会社での執筆多数。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

BIM の人気記事

もっと見る