期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム BIM BIMソフト情報 施工BIM活用|BIMソリューション「BooT.one」と建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction」が連携

施工BIM活用|BIMソリューション「BooT.one」と建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction」が連携

掲載日:

建築・土木の生産支援クラウド「Photoruction(フォトラクション)」の開発および運営を行う株式会社フォトラクション(本社:東京都中央区、代表取締役CEO:中島 貴春、以下 「フォトラクション」)とBIM/CIM,GIS を活用したソリューションサービス事業を展開する応用技術株式会社(本社:大阪市北区、代表取締役社長:船橋俊郎、以下「応用技術」)は、Autodesk RevitのBIMアドインパッケージである「BooT.one(ブート・ワン)」で作成した構造BIMモデルから、図面や配筋情報など配筋検査に必要な検査帳票を自動的に作成するソリューション「R to P」(Revit to Photoruction)をリリースしました。検査準備にかかる工数を大幅に削減することはもちろん、建設業界における施工BIMの活用を促進していきます。


BIMの普及が高まる昨今、構造設計の最終成果物である構造図(構造BIM)は、そのまま施工に受け渡されるものの、施工現場ではBIMモデルそのものをうまく活用することが難しい現状があります。そのため、構造BIMには建物の構造に関わるさまざまな情報が含まれているにも関わらず、施工時、例えば配筋検査で必要となる検査帳票は、2次元の平面図面や配筋断面などの構造情報を、検査システムにいちから設定し入力する必要がありました。

今回提供するソリューションは、効率的に構造設計が行えるようにさまざまな構造データのひな型(=配筋パラメータ)が用意されている「BooT.one」で設計した構造BIMから、Photoructionの検査システムの検査帳票に必要な図面や配筋情報などのデータを自動的に作成することができます。これにより、構造BIMさえあれば、面倒な作業は一切なしに検査帳票を作ることができ、検査にかかる準備作業を大幅に効率化することができます。

また今回の開発においては、このソリューションを利用する建設会社の立場として、矢作建設工業株式会社様と佐藤工業株式会社様にも協力いただき、実装する機能の要望や配筋パラメータの整備を行ってきました。今後は、Photoructionに蓄積される施工時のデータを活用してBIMでの進捗管理に活用したり、杭検査や意匠設計など周辺業務へ拡大するなど、さらなる機能強化を進めてまいります。

開発に協力してくださった建設会社様からのエンドースメント

矢作建設工業株式会社 建築事業本部 施工本部 工務部長 伊藤 篤之 様

このたびはRtoPのリリース、おめでとうございます。約3年前に弊社からフォトラクション様へRtoPの構想をご相談しプロトタイプ開発を始めた後、社内での運用を行ってきました。このたび応用技術様や佐藤工業様に参画していただいたことで、弊社だけでは気づけなかった要望や機能など多くの機能を追加でき、より汎用的なツールとして完成に至ることができました。今後はBooT.oneユーザーに広く活用して頂くことで、さらに使いやすく機能が強化され、多くの建設会社様でBIMデータの現場活用が広がることを期待しております。

佐藤工業株式会社 技術センター 生産推進部 部長 荒井 秀之 様

このたびはRtoPのリリース、おめでとうございます。弊社がこれまで取り組んできたBIMの経験をこのような形で活かすことができ、弊社としても今回のプロジェクトに参画できたことを大変光栄に思っています。今後、より多くの建設会社様でRtoPならびにBooT.oneやPhotoructionが利用され、建設業界のBIM活用が広がることを期待しています。

本ソリューションに関連するイベントについて

ArchiFuture 2022 (主催:Archi Future 実行委員会 共催:株式会社プロプラン)<テクニカルフォーラム>

開催日時: 2022年10月28日(金)13:30~14:00
会場: TFT東館 テクニカルフォーラムC会場 (TFTホール(東京・有明) 東京都江東区有明3-4-10)
タイトル: オールインワンの建設生産支援クラウド「Photoruction」 ―写真や図面、書類からBIMまでの施工データベースを構築―
登壇者: フォトラクション 代表取締役CEO 中島 貴春
参加費: 無料(事前登録制)
URL:https://www.archifuture.jp/2022/form/

Insight & Solutionセミナー 2022(応用技術株式会社とトランスコスモス株式会社の共催)

開催形態:オンライン
開催期間:2022年10月26日(水)~2022年11月30日(水)
参加費:無料(事前登録制)
URL: https://iss2022.event-info.com/

「BooT.one × Photoruction構造BIMからシームレスにつながる配筋検査」なる講演タイトルで、弊社代表の中島が発表します。開発に協力してくださった矢作建設様と佐藤工業様も対談形式でご登場いただきます。

株式会社フォトラクションについて

建設の世界を限りなくスマートにする」といったミッションのもと、建設業向けの生産性向上サービスPhotoructionの開発を行なっています。建設現場における写真や図面などを効率的に管理するアプリケーションおよび、工事の事前準備やデータ入力などをサポートするアウトソーシング(建設BPO)の仕組みをクラウド経由で提供いたします。

代表取締役:中島 貴春(ナカジマ タカハル)
本社所在地:東京都中央区築地5丁目4−18 汐留イーストサイドビル 6階
設立:2016年3月
資本金:1億円
事業内容:インターネットサービスの企画・開発・運営
URL:https://corporate.photoruction.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

BIMソフト情報 の人気記事

もっと見る