【総力特集】 第2回[東京]建設DX展 出展社へ独自取材 

第2回[東京]建設DX展(主催:RX Japan株式会社)が2022年12月5日〜7日、東京ビッグサイトにて開催されてます。

建設DX展とは、あらゆる建築物を対象とした建築総合展・ジャパンビルド内で開催される建設業のDX(デジタルトランスフォーメーション)技術が一堂に会する総合展です。

ゼネコンやサブコン、建設会社、システムインテグレーターなど様々な企業が、BIM・CIM・CAD、ICT建機、測量機器をはじめとする最新技術・製品のPRを目的に出展しています。

最新の実機やサービスに直接触れて、その場で比較・検討ができるので、例年多くのブースで商談が行われています。会期中に成約にこぎつける企業も少なくありません。

東京での建設DX展の開催は今年で2回目となり、450社もの企業がブースを出展しています。9月に開催された関西展に引き続き、東京展も多くの来場者でにぎわうことでしょう。

BuildApp News編集部も現地に赴き、注目のブースの独自取材を行いました。本特集では、建設DXを推進する各社の最先端技術を速報という形でリアルタイムにお届けしつつ、会期後に連載形式でもご紹介します。

< 取材記事はこちら >

・鉄筋模型を用いた点群取得/モデル化のデモ・LinkedViewer特別キャンペーンを実施|DataLabs社
・設計から施工までのBIM活用をトータルサポート|STUDIO55
・建設ライフサイクルをすべて可視化するMTWO|SoftwareONE Japan
・工事写真3.0に準拠した現場共有アプリ『蔵衛門』|ルクレ
・現場仕事を「楽」にする建築施工ソリューション|トプコン
・現場DXを実現する3DCGの設計施工支援ツール|ポケット・クエリーズ
・建設サイクルをトータルで効率化するBIM対応製品|協栄産業

この後も続々更新予定。
どうぞ、ご期待ください!

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします