期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム BIM 連載 【建設DX展 独自取材】建設サイクルをトータルで効率化するBIM対応製品|協栄産業

【建設DX展 独自取材】建設サイクルをトータルで効率化するBIM対応製品|協栄産業

掲載日:

Category:

DX,連載

2022年12月5~7日に第2回[東京]建設DX展(主催:RX Japan株式会社)が東京ビッグサイトで開催されました。450社もの企業が出展する中、BuildApp News編集部では注目のブースの独自取材を行いました。是非最新のDX情報のキャッチアップにお役立てください。<取材記事一覧ページはこちら>

協栄産業株式会社は、業務効率化やDX推進を実現する建設事業者向けのソフトウェアの導入から維持管理までをワンストップで提供しています。

本記事では、同社の注力商材であるBIM対応建築積算システム「FKS」シリーズや設計BIMと積算BIMを連携する「COST BIM」など、建設DXを加速させる製品・ソリューションについてご紹介します。

協栄産業 冨永 貴明 氏 インタビュー

Q.今回のご出展の目的について教えてください。

昨年開催された第1回建設DX展(東京)では、設計から維持管理まで幅広く製品を取扱っていることから、建設業の皆様に対して当社のBIM関連製品の知名度向上を目的に出展をしました。

今年の第2回建設DX展では、パートナー企業各社と共にBIMの普及による業界の発展を目指し、設計、積算、施工、維持管理までのBIMモデル・情報連携による業務効率化の新たな提案をいたします。さらに、現場ソリューションでご利用頂ける新たな製品も出展します。

Q.今回出展されている商品・サービスについて教えてください。 

積算から維持管理に関わる建設サイクルのトータルのご提案をさせていただきます。一部製品の出展となりますので、オーダーメイドソフトのご希望や御社の課題があればご相談ください。

BIM対応製品からDXを推進する製品をご用意しております。

BIM対応建築積算システムのベストセラー「FKS」シリーズ

■RC数量積算システム「FKS RC 2.0」
BIM連携で積算業務の効率化を実現し、複雑な建物形状にも柔軟に対応します。拾い時間の短縮・省力化を追求し、CADとのデータ連携も実現できます。

■仕上数量積算システム「FKS FN 2.0」
BIM連携で積算業務の効率化を実現。PDF図面をクリックするだけで、部屋形状が自由に作図でき、面積や周長を自動算出します。

・販売先:ゼネコン、設計事務所、積算事務所、専門工事業者
・費用:250,800円/年~(税込)

様々なシステムと連携する見積書作成システム「KYOEI COMPASS 2.0」

優れた操作性でスピーディに見積編集する1,500社以上のお客様にご利用頂いている見積書作成ソフトです。

・販売先:ゼネコン、設計事務所、積算事務所、専門工事業者
・費用:92,400円/年~(税込)

設計BIMと積算BIMを新たな発想で連携する「COST BIM」

COST BIMは、代表的なBIMアプリケーションである、オートデスク社のRevitで建築数量を算出するためのアドインツールとして開発しました。

FKS/FN2.0で作成した仕上リストから、Revitにおいて自動でファミリを作成し、各部屋に対し仕上材料を自動でモデリングを行います。これにより設計者の手を煩わせることなく、積算に必要な材料がRevitにモデリングされ、そのデータを元に自動積算が行えます。

従来のBIMから積算システムにデータを取込み積算する流れでは、モデルに書かない、またはかけない部材の数量を取込むのが課題でしたが、積算に必要な部材オブジェクトの配置から、数量算出までを自動化することで、BIM積算が可能になっています。

・販売先:ゼネコン、設計事務所、積算事務所、専門工事業者
・費用:300,000円~/年(税抜き)

ICTを活用した作業所の施工管理支援ツール「S-PAC」

建設作業所の安全管理(安全打合せ・災防協)品質管理(コンクリート打設管理・内装検査)の省力化を支援。工事打合せや検査報告書を紙ではなく、Web上で一元管理することで、以下3つの導入メリットがあります。

「S-PAC」導入の3つのポイント
●2024年に施行される時間外労働の上限規制で急務となった建設作業所における業務の見直し
●作業所と専門工事会社との情報共有が容易になる
●作業所職員1人当たり、10時間/月以上の業務時間を短縮(当社調べ)

・販売先:ゼネコン
・費用:利用現場数・システムによる

ICTを活用した作業所の施工管理支援ツール「V-Cabinet」

Webサーバー上で動作する図面・文書管理システムです。登録したデータはビュー用にPDFが作成され、文書データとともに管理されます。使用ユーザーはブラウザ上からCADソフトが無くても表示し注釈やコメントをイメージデータとして登録できます。

・販売先:ゼネコン、設計事務所、積算事務所、専門工事業者
・費用:利用容量・システム構成による ※クライアント数により価格が異なります。

BIM対応の総合FMプラットフォーム「FM-Integration」

BIMから変換したIFCデータや施設台帳データをFM-Integration上に集約していただくことで、設備機器のデータベース化、点検・工事情報の共有や長期修繕計画の検討などを可能にしお客様のファシリティマネジメントを支援いたします。

・販売先:施主、管理会社、ビルオーナー
・費用:システム構成による

スマホ、タブレットで各種点検作業効率化する「KBLインスペクション」

タブレットを利用して各種点検作業の省力化を実現します。対応端末はiPad、iPhoneのほか一部Android端末にも対応。

全国ビルメンテナンス協会の認定も受けた点検ツールで、実業務にフィットした抜群の操作性を誇り、施工進捗、設備管理、内外装、清掃などの点検作業に広く使われています。カスタマイズによるオリジナルシステム構築例もございます。

・販売先:ゼネコン、専門工事業者、管理会社
・価格:25,000円/年~(税込)

陸空海あらゆる場所へカメラを安全に運ぶ「点検ロボット(水中ドローン、エニー)」

狭小エリア、水中、空中を全方位的に点検できるロボットシステムを用意しました。更に、各種ロボットシステムと組み合わせて、点検結果(写真付き報告書など)をその場で作成し、クラウド上に共有できる総合点検システムも用意いました。点検結果は、遠隔地のPC/タブレットからオンデマンドにアクセスが可能です。

・価格:ロボットにより価格が異なる為、別途ご相談ください。

Q.今回出展されている商品・サービスを実際にお使いの事例について教えてください。

建築積算FKS、見積書作成システムCOMPASSについては、約40年以上、開発から販売までを手掛けており、全国で約1,500社以上のゼネコン、積算事務所、設計事務所、専門工事業者などでお使い頂いております。他にも、KBLインスペクションについては、ゼネコン以外にも、設備会社、ビルメンテナンス会社などにて多く採用されております。

当社では、パッケージ製品のカスタマイズやオーダーメイドを請け負っており、多くの実績を当社ホームページに掲載しておりますので下記リンクよりご覧ください。

■ユーザー事例
https://www.kyoei.co.jp/fks/search/user/index.html

Q. 今回出展されている商品・サービスの今後の展望、あるいは御社全体として目指されている将来像について教えてください。

協栄産業は、建設業の皆様へのツールの提供を通じて、建設業界の業務改善・効率化の実現を目指し、40年に渡りシステム開発を行ってきました。今後はBIMを通じ設計・積算から施工、維持管理においてBIMモデルの情報連携による業務効率化を提案していきます。

特に設計・積算においては、昨年の建設DX展で発表した『COST BIMプロジェクト』が製品化されました。この取組みによりBIMモデル作成の労力を大幅に削減し、既存建物のBIMモデル構築に威力を発揮いたします。

通常、BIMモデルは、BIMの操作スキルをもつ設計担当者が大変な手間と労力をかけ作成します。さらに設計担当者と積算技術者が異なる場合、作成されたBIMモデルに、積算に必要なデータが入力されていないという問題があります。

COST BIMでは、積算技術者が「FKS」を使って仕上リストを作成し、そのデータをBIMモデルへ連携させ、自動で部材をモデリングし、積算から内訳までを自動で算出することができます。このしくみは、長年積算業務に携わってきた、株式会社フジキ建築事務所と当社の『COST BIM』プロジェクトにおいて実現した取り組みとなります。

またこの度、国土交通省の「令和4年度 BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)」にて、当社が株式会社フジキ建築事務所、株式会社奥野設計とともに共同応募した「Uniclassを付与した実施設計BIMモデルによる概算コスト算出手法の検証」が採択され、さらなるBIMを利用した業務改善に積極的に取り組んでまいります。

■国交省の「令和4年度 BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業(先導事業者型)」について
https://www.kyoei.co.jp/fks/news/news_20220920_1.html

協栄産業についてはこちら

公式ホームページ  https://www.kyoei.co.jp/fks/ndex.html

お問い合わせ
建設営業部
TEL : 03-4241-8841
MAIL : fks_online@kyoei.co.jp

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - 取材くん

BuildApp News編集部の取材担当です。 建設DXに関するイベントや著名人へ取材を行っています。

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る