【建設DX展 独自取材】現場仕事を「楽」にする建築施工ソリューション|トプコン

掲載日:

2022年12月5~7日に第2回[東京]建設DX展(主催:RX Japan株式会社)が東京ビッグサイトで開催されました。450社もの企業が出展する中、BuildApp News編集部では注目のブースの独自取材を行いました。是非最新のDX情報のキャッチアップにお役立てください。<取材記事一覧ページはこちら>

株式会社トプコンでは、デジタル技術を活用して建設現場を楽しく・やりがいのある職場に変えるICT建機やソリューションを多数提供しています。

本記事では、同社の「楽シリーズ」を中心に現場仕事の効率化やスリム化を実現する建築施工ソリューションをご紹介します。

トプコン

トプコン 今泉 潤 氏 インタビュー

Q.今回のご出展の目的について教えてください。

建築業界でトプコンをより認知していただくために出展しました。「トプコンの建築施工ソリューションで、あなたの現場が楽になる」というメッセージを伝えたいと考えています。

Q.過去の建設DX展に出展されましたか?出展された場合は前回との変更点を教えてください。

昨年、第1回東京展に出展しました。展示ブース面積は倍以上になり、展示ソリューションも昨年より増やしました。

Q.今回出展されている商品・サービスについて教えてください。

簡単・便利・一人で計測ができる「楽シリーズ」が出展の目玉です。楽シリーズは、現場に一人で位置出しができる測量機“楽位置”、連携のフィールドアプリ“楽墨”、これら運用に必要な座標データを現場で簡単に抽出するアプリ“楽座”で構成されています。ブースでは、一連のワークフローを体験していただくことができます。

また、ショベルと測量機をコラボしたマシンガイダンスの“杭ナビショベル”、画期的なレーザースキャナーのソリューションと、スキャナで取得した点群データを活用するソフトなど、建築向けのソリューションを幅広く紹介します。

他にも、参考出品として鉄骨建入れ誘導システムや、墨出し用のロボットを展示します。

Q.出展されるサービスのユーザーはどういったプレイヤーの方々になりますでしょうか?

建築施工におけるDX推進や生産性向上を検討されている、ハウスメーカー、ゼネコン、専門業者様を想定しております。

目玉である「楽シリーズ」は、墨出しや位置出し作業、施工後の検査を効率化したいと考えている建築・設備業者様には特に知って頂きたいソリューションです。

Q.今回出展されている商品・サービスの費用について教えてください。

具体的な金額は下記当社担当部署へお問合せ下さい。

Q.今回出展されている商品・サービスを実際にお使いの事例について教えてください。

楽位置”を含む楽シリーズは、ハウスメーカー様を中心に数多くご注文いただいています。住宅工程では地縄張り・杭芯だし・遣り方の設置・水糸の誘導・基礎の検査業務や、内装工事での寸法どりや墨出しでもお使い頂いております。

従来、レベルや回転レーザー、セオドライトなど様々な機械で行っていた計測作業が楽位置一台で行うことができ、より効率的に施工・検査ができているとの声が寄せられています。

Q. 今回出展されている商品・サービスの今後の展望、あるいは御社全体として目指されている将来像について教えてください。

今回出展している楽位置はリリースから一年程しか立っていないので、まずはより多くの方に簡単・便利・一人で計測ができる「楽シリーズ」を知っていただき、現場の課題を解決してほしいと考えています。

土木の現場はi-Constructionの取り組みよりデジタル化の導入が進み、現場の効率化・省力化が進んでいます。一方、建築現場はまだまだ非効率的なフロー、人手不足・熟練者不足・働き方に対し課題が山積しています。

私たちはこういった課題を解決する建築ソリューションを提供し、建築業界へ貢献したいと考えています。

トプコンについてはこちら

公式ホームページ https://www.topcon.co.jp/

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします