ホーム オリジナル記事 連載 ノーコードアプリとは?無料おすすめツール事例も|現場業務効率化

ノーコードアプリとは?無料おすすめツール事例も|現場業務効率化

掲載日:2022年06月01日

トレンドワード:ノーコードアプリ

『ノーコードモバイルアプリ作成ツール提供開始|生産、販売、在庫管理現場デジタル化』でご紹介した「ノーコードアプリ」についてピックアップします。

ノーコード(nocode)アプリとは

ノーコード(nocode)アプリとは、コーディング不要で作成できるWebアプリのことを指します。本来アプリ開発にはプログラミングコードが必要になりますが、コーディング不要のため初心者向きという点が特徴です。

ノーコードでアプリ開発を簡単に

ノーコードアプリのメリットは、以下の通りです。

  • コーディングの知識が不要で簡単
  • コストが低めでリーズナブル
  • スピーディーにアプリ開発できる

一般的にWebアプリの開発では、「Ruby」や「Python」といったプログラミング言語を使用します。しかしノーコードアプリなら、プログラミング知識は不要。文字は使わず、「パーツをドロッグ&ドロップして画面に並べる」といった簡単な操作になります。エンジニアを介さずに自分でアプリを作成可能に。

またノーコードアプリ開発ツールの中には、無料で使えるものもあります。低コストで開発可能なので、トータルコストを抑えたい場合にぴったり。一から作成するわけではないため、納期も短縮できますね。

ノーコードアプリでできることは?

ノーコードアプリでできることは、ショッピングサイトの作成、スマートフォン・ネイティブアプリ開発、業務ワークフローアプリ開発など多種多様です。たとえば個人向けのサービスだと、ネットショップが作れる「BASE」といったアプリが有名ですね。

また建設業で使われている機能としては、工場の生産記録、建設現場の作業記録、倉庫での在庫管理などがあります。従来は紙を使って手作業で行っていた業務が、大幅に簡略化可能になりますね。

「ノーコード」と「ローコード」の違いとは

ノーコードとよく似た「ローコード(LowCode)」は、コーディング作業の少ない方式を指します。多少のコーディングが必要にはなりますが、その分自由にカスタマイズできるのがポイント。ほかのソフトウェアと連携するなど機能拡張して使うことも可能になります。

建設業におすすめのノーコードWebアプリ事例

ここでは、建設業で活用したいおすすめのノーコードWebアプリ事例を紹介します。

建設業におすすめのノーコードWebアプリ①Unifinity Wizard

https://www.unifinity.co.jp/freesignup

業務アプリのプロトタイプが、無料で簡単に作れるアプリです。現場のニーズを素早く具体化させ、効果的なプロジェクトを抽出、アプリの導入を確実に成功できます。「入力項目を登録」「業務の流れを設定」「画面パターンを選択」という3ステップの設定だけという使いやすさもおすすめのポイントです。

建設業におすすめのノーコードWebアプリ②AppSheet

https://about.appsheet.com/home/

AppSheetはGoogleが提供するノーコードアプリツールで、業務系アプリならほぼ何でも作成可能です。GoogleカレンダーやGoogleドライブといったGoogleサービスとの連携ができるのが大きなメリット。各サービスの個々のデータをまとめて管理できるため、顧客情報の一元管理も可能になります。建設現場では、工程管理や現場レポート作成といった日々の業務効率化に活用されることが多いです。

ノーコードWebアプリで建設業DX

ノーコードWebアプリは、誰にでも簡単に作成できて業務効率化につながるツールです。建設業では、現場のタスク管理にぴったり。無料で使えるアプリも多いため、ぜひ活用してみてはいかがでしょうか?

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

連載 の人気記事

もっと見る