【ビルドアップニュース独自調査】建設業界従事者1000人に聞く「デジタル活用」に関する意識調査

調査実施概要 (調査元:BuildApp News 編集部)

調査期間:2024年1月15日~1月22日回答数:1,000人
調査対象者:全国の建設業界従事者調査方法:インターネット調査(ゼネラルリサーチ株式会社)

建設業界従事者への独自調査|業界課題とその解決に期待するデジタル技術

<結果総評>

1.【建設業界で最も深刻な課題】」

1位は「人材不足(63.0%)」で前回調査結果の56.5%を上回った。2位「高齢化による技術継承(45.3%)」も同様に、前回調査結果の43.6%より上振れした結果となった。

1)事業規模別の結果も同様で、建設業界では「人材不足」と「高齢化による技術承継」が課題として共通認識されると同時に、年々と課題の深刻さが増していることが分かった。

2)建設現場での施工関連業務の従事者(施工管理、施工、専門工事)に着目すると、3位に「労働時間が長い・年間休日が少ない(31.0%)」があがっていることに注目したい。

2.【業界課題を解決すると期待するデジタル技術】

1位「施工ロボット(36.2%)」、2位「図面管理システム(24.9%)」、3位「VR・AR・MR(17.9%)」との結果となった。

1)「施工ロボット」は導入が進んでいると思うデジタル技術の1位(20.7%)にも上がっており、建設RXコンソーシアムを中心にゼネコン各社の連携による開発と実装の効果の現れともみることができる。

2)「BIM/CIM」は建設業界の生産性向上に寄与するものとして国がその活用を進めているが、業界内では「業界課題を解決すると期待するもの」、「導入が進んでいると思うもの」のいずれでも圏外だった。

3.【BIM活用の実態】

62.4%が「活用しない、できない」と回答。

1)中小企業では「活用しない、できない」が71.9%、業務別には設計・積算業務従事者に比べ建設現場での施工関連業務の従事者(施工管理、施工、専門工事)で「活用しない、できない」との回答多数。

2)その理由には、「ソフトが高額で購入や維持ができない(199名)」と「業務の関係者や発注者から建築BIMの活用を求められていない(199名)」が同率1位、3位「BIMソフトを使える人がいない・不足している(191名)」と、導入費用、必要性、人材育成といった複数要素が影響していると推測できる。

1.【建設業界の最も深刻な課題】

前回調査から、順位に変動はなかったものの、1位「人材不足(63.0%)」、2位「高齢化による技術継承(45.3%)」の割合は微増した。この結果から、建設業界では年々、人材不足と技術承継の課題が改善されないまま課題が深刻化していると推察される。

2024年度 調査結果(n:1000)2023年度 調査結果(n:1000)
1位人材不足(63.0%)人材不足(56.5%)
2位高齢化による技術継承(45.3%)高齢化による技術継承(43.6%)
3位円安などによる建材・人件費の高騰(30.2%)円安などによる建材・人件費の高騰(30.8%)
■建設業界従事者1,000人への調査結果_建設業界で最も深刻な課題の1位は「人材不足(63.0%)」で前回調査結果の56.5%を上回り、深刻さが増していることが分かる

1-1.事業規模別

中小、大手企業別にみても、1~3位は同様の結果が得られたことから、「人材不足」「高齢化による技術承継」「円安などによる建材・人件費の高騰」が業界内の深刻な課題であるとの共通認識がうかがえる。一方で、「人材不足」に注目すると、中小企業よりも大手企業の方が、より課題としての深刻さが増しているとの結果にも注目したい。

全体(n:1000)中小企業(n:711)大手企業(n:289)
1位人材不足(63.0%)人材不足(60.6%)人材不足(68.9%)
2位高齢化による技術継承(45.3%)高齢化による技術継承(44.4%)高齢化による技術継承(47.4%)
3位円安などによる建材・人件費の高騰(30.2%)円安などによる建材・人件費の高騰(30.4%)円安などによる建材・人件費の高騰(29.8%)

■建設業界従事者1,000人への調査結果_建設業界で最も深刻な課題(事業規模別)

1-2.従事業務別

建設現場での施工関連業務の従事者(施工管理、施工、専門工事)に着目すると、3位に「労働時間が長い・年間休日が少ない(31.0%)」があがっていることに注目したい。建設業界では、日本建設業連合会が「4週8閉所」の実現に向けた活動を長年実施 しているが、現場では工期順守が求められる一方で、生産性向上が進まず、労働環境の改善につながっていないのではないかと考察する。

全体(n:1000)施工関連業務の従事者(n:613)
1位人材不足(63.0%)人材不足(65.9%)
2位高齢化による技術継承(45.3%)高齢化による技術継承(47.8%)
3位円安などによる建材・人件費の高騰(30.2%)労働時間が長い・年間休日が少ない(31.0%)

2.【建設業界の課題解決に期待するデジタル技術】

建設業界従事者が思う最大の課題(人材不足、高齢化による技術承継、円安などによる建材・人件費の高騰)に対する解決方法として期待するものと、現実に導入が進んでいるかの現状の上位3つをそれぞれ尋ねたところ、結果は次表の通りとなった。「BIM/CIM」は建設業界の生産性向上に寄与するものとして国がその活用を進めているが、業界内では「業界課題を解決すると期待するもの」、「導入が進んでいると思うもの」のいずれにもランクインしていない。(n:1000)

■建設業界従事者1,000人への調査結果_課題の解決に期待するデジタル技術トップ3

業界課題を解決すると期待するデジタル技術導入が進んでいると思うデジタル技術
1位施工ロボット(36.2%)施工ロボット(20.7%)
2位図面管理システム(24.9%)図面管理システム(21.5%)
3位VR・AR・MR(17.9%)VR・AR・MR(17.0%)

3.【BIM活用の実態】

全体(n=1000)では、「BIMを活用していない、できない」が62.4%、「活用している」が37.6%となった。

  • 中小企業(n:711)と大手企業(n:289)では、より一層、BIM活用状況に大きな乖離がある。
  • ゼネコンをみても、スーパーゼネコンと地方ゼネコンとではBIM活用状況に大きな乖離がある。
  • 建設工程の下流(工事関連/サブコン、工務店、専門工事店)にいくほどBIMを活用できていない。
  • 業種別の結果からは、建設現場での施工関連業務の従事者(施工管理、施工、専門工事、n:613)のBIM活用が進んでいないことが分かる。
■建設業界従事者1,000人への調査結果_BIMの活用状況

■建設業界従事者1,000人への調査結果_BIMの活用状況(事業規模別)

■建設業界従事者1,000人への調査結果_BIMの活用状況(会社業種別)

■建設業界従事者1,000人への調査結果_BIMの活用状況(従事業務別)

3-1.【BIMを活用しない、できない理由】

「BIMを活用しない、できない(62.4%)」と回答した624名を対象に、その理由を質問したところ(複数回答)、「ソフトが高額で購入や維持ができない(199名)」と「業務の関係者や発注者から建築BIMの活用を求められていない(199名)」が同率1位、3位「BIMソフトを使える人がいない・不足している(191名)」となった。

・事業規模別にみても大差のない結果となった。

・最多回答数の項目に着目して、従事業務別にみてみると、「業務の関係者や発注者から建築BIMの活用を求められていない」が多く、建設産業内の契約形態(請負契約における工事発注者・受注者の関係性)や、重層下請構造の影響が示唆できる。業種別にみてみると、「準大手・中堅ゼネコン」や「工務店」、「専門工事店」では「BIMソフトを使える人がいない・不足している」がおおく、BIM人材の育成に課題がありそうだ。

3-2.BIM活用推進の障壁とは

以上の結果から、建設産業内でのBIM活用の推進には、BIM導入費用、必要性、人材育成の面で障壁があるのではないかと推察される。野原グループは、建設業界従事者の多くがBIMソフトなしに、簡単にBIMのメリットを感じ、生産性を向上できる基盤環境として「BuildApp事業」を強化し、現状打開を目指す。

全体(n:1000)中小企業(n:711)大手企業(n:289)
1位ソフトが高額で購入や維持ができない(199名)業務の関係者や発注者から建築BIMの活用を求められていない(162名)ソフトが高額で購入や維持ができない(38名)
2位業務の関係者や発注者から建築BIMの活用を求められていない(199名)ソフトが高額で購入や維持ができない(161名)業務の関係者や発注者から建築BIMの活用を求められていない(37名)
3位BIMソフトを使える人がいない・不足している(191名BIMソフトを使える人がいない・不足している(159名)BIMソフトを使える人がいない・不足している(32名)BIMを習熟するまでの業務負担が大きい(32名)

■BIM活用をしない・できない理由(従事事業別)_n:624

■BIM活用をしない・できない理由(会社業種別)_n:624

4.【建設業界のマイナスイメージ/複数回答】

1位「若い人材が少ない(387名)」、2位「残業・休日出勤が多い(385名)」は2023年度の調査結果と順位が変わらず、3位の「給与が少ない(296名)」は昨年の4位からランクアップした。

建設業界では、人手不足、働き方や給与(待遇)に根強いマイナスイメージがあることが分かった。

2024年度 調査結果(n:1000)2023年度調査結果(n:1000)
1位若い人材が少ない(387名)若い人材が少ない(436名)
2位残業・休日出勤が多い(385名)残業・休日出勤が多い(392名)
3位給料が低い(296名)清潔感がない(301名)
4位清潔感がない(270名)給料が低い(285名)
5位昔ながらの文化や慣習が多い(257名)昔ながらの文化や慣習が多い(260名)

■建設業界従事者1000人による、業界のマイナスイメージ

5.【建設業界のプラスイメージ/複数回答】

1位「社会貢献度が高い(351名)」、2位「スキルが身につく(320名)」、3位「安定感がある(292名)」で2023年度の調査結果と順位が変わらなかったが、3位以下のいずれにおいても数値は下がっていた。従事業務別で建設現場での施工関連業務の従事者(施工管理、施工、専門工事、n:613)に注目すると、1位に「スキルが身につく(222名)」、5位に「給料が高い(73名)」が入り、全体結果と異なる内容となった。

2024年度 調査結果(n:1000)2023年度調査結果(n:1000)
1位社会貢献度が高い(351名)社会貢献度が高い(351名)
2位スキルが身につく(320名)スキルが身につく(332名)
3位安定感がある(292名)安定感がある(318名)
4位伝統や歴史がある(190名)伝統や歴史がある(254名)
5位将来性が高い(106名)将来性が高い(160名)

■建設業界従事者1000人による、業界のプラスイメージ

■建設現場での施工関連業務の従事者(n:613)の業界のプラスイメージ_トップは「スキルが身につく(222名)」

この記事が参考になったら、
ボタンをクリック
今後の記事制作に活用いたします