ホーム テーマ DX推進 【第2回建設DX展 独自取材②】働き方改革の切り札となるAR×スマートグラスを提供|NSW

【第2回建設DX展 独自取材②】働き方改革の切り札となるAR×スマートグラスを提供|NSW

掲載日:2022年09月29日

2022年9月28~30日に第2回[関西]建設DX展(主催:RX Japan株式会社)がインテックス大阪で開催されました。過去最多となる200社の出展の中からBuildApp News編集部では、注目のブースの独自取材を行いました。是非最新のDX情報のキャッチアップにお役立てください。<取材記事一覧ページはこちら>

NSW株式会社の出展ブースでは、サービスソリューション事業本部 クラウドサービス事業部 クラウドファウンデーション部 小林  宏充 氏に話を伺いました。

本記事では、建設現場の働き方改革を支援する建設業務ARソリューション「ConstAR」と産業用スマートグラス「Real Wear」についてご紹介します。

NSW 小林 宏充氏インタビュー

Q.今回の出展目的について教えてください。

当社のブースでは、建設業界全体のDX推進に貢献するARソリューションや作業現場の生産性向上などをサポートするサービスを紹介しております。

多くの建設プレイヤーの方々に当社の商品・サービスを広く認知していただくことを目的としております。

Q.出展ブースのターゲットはどういったプレイヤーの方々でしょうか?

大手/中堅ゼネコン様、建設業関連企業様、建設コンサル様と、建設業界に携わる幅広い方々をターゲットとしております。

Q. 今回出展されている商品・サービスについて教えてください。

当社のブースで来場者の皆様に注目してもらいたい商品・サービスは、建設業務ARソリューション「ConstAR」と産業用スマートグラス「Real Wear」です。

建設業務ARソリューション「ConstAR」の特徴

ConstARは多機能なAR(拡張現実)コンテンツを素早く作成し、それらをリアルタイムに配信できるAR作成プラットフォームです。月額制でのご提供となるので最低1カ月からの利用が可能です。

■料金プラン

・ConstARサービス利用料:29万8千円~ /月額

3DCADやBIMなどのデータを読み込んで公開サーバにアップロードするだけでARコンテンツに変換できます。そのため、プログラミングなどの専門技術のない方でも簡単に操作できます。

手持ちデバイスのビューワから設計図や建築完成図など、様々なARコンテンツを関係者全員に「いつでも」「どこでも」共有できるため、紙の図面や資料を持って会議室や現場に集まる必要がありません。こうした特徴から労働時間の短縮や業務効率の向上が実現するため、多くの建設関係者の働き方改革に貢献します。

産業用スマートグラス「Real Wear」の特徴

Real Wearは、すべての操作を音声入力で行う100%ハンズフリーの産業用スマートグラスです。作業者の音声操作でディスプレイを見ながらコントロールできるため、建設・工事現場など危険を伴う場所での作業や両手が離せない作業に適しています。また、オンラインのアプリケーションを使用することで、IoTデータ表示による機器の修理や遠隔指示など、デジタル化や効率化が可能です。

当社はシステムインテグレーターの強みを生かし、Real Wearの導入支援からアプリケーション開発までワンストップでサポートしております。建築・工事現場で遠隔操作が可能なスマートグラスの利用を検討している企業様は、お気軽に相談ください。

■料金

品名定価(税抜き)
Navigator 500¥350,000
HMT-1¥280,000
HMT-1Z1 ※防爆モデル¥750,000

Q. 今回出展されている商品・サービスの事例について教えてください。

建設業務ARソリューション「ConstAR」の活用事例

紙図面や3Dパースでは伝わりにくい施工後の完成イメージを実際に施工する土地にARコンテンツで展開することで、誤差の少ない完成イメージを共有できるメリットがあります。

竣工後のメンテナンス、改修工事の際や建物内部には多くの遮蔽箇所が存在します。ConstARで作成したARコンテンツを活用すれば、作業する箇所の位置や作業手順、注意点などを事前に確認し、業務効率化を図ることができます。遠隔地からリモートでの作業支援や、作業内容のトレーニング教材としても活用されています。

産業用スマートグラス「Real Wear」の活用事例

建設現場にてスマートグラス上に図面データを取り入れることが可能となるため、音声操作で図面を確認しながら作業が行えます。また、両手で作業をしながらテレビ会議も可能となりますので、遠隔地からの作業指示や情報共有が可能です。

Q.今回出展されている商品・サービスや御社の今後の展望を教えてください。

当社は建設業向けの商品・サービスを多く展開しております。お客様の課題やご要望に応じて商品・サービスを組み合わせたり、アプリケーションをカスタマイズしたりすることが可能です。

建設業における働き方改革を実現するために各種デジタルサービスを提供することで、労働時間の削減や品質・安全性の向上に取り組んでまいりたいと思います。

NSWのブースはこちら

NSWについてはこちら

公式ホームページ https://www.nsw.co.jp/

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - 取材くん

BuildApp News編集部の取材担当です。 建設DXに関するイベントや著名人へ取材を行っています。

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る