ホーム テーマ DX推進 デジタルツイン・メタバース AR/VRの「RITTAI」、オフィス家具メーカー・イトーキのECストアに導入|バーチャルシミュレーション

AR/VRの「RITTAI」、オフィス家具メーカー・イトーキのECストアに導入|バーチャルシミュレーション

掲載日:2022年09月21日

株式会社x garden(以下x garden)は、x gardenが開発・運営しているEコマース向けAR/VR導入サービス「RITTAI」が、大手オフィス家具メーカー・株式会社イトーキ(以下イトーキ)のオンラインストアに導入されたことをお知らせいたします。

イトーキの一部の家具・インテリア商品をARで試し置きすることが可能になります。

概要

イトーキが提供するオンラインストア(https://shop.itoki.jp/shop/default.aspx)の
家具・インテリア商品のAR対応において、x gardenのRITTAI( https://service.x-garden.co.jp/rittai)の機能を活用いたしました。
RITTAIは、ニッセン様を始め、インテリア・カーテン・ファッション業界など、幅広い業界の企業様のECに対し、AR導入の実績があります。

AR導入商品の画像をクリックすると、
スマートフォンのカメラを通じて、バーチャルの商品をその場に表示することができます。

ARによる試し置き機能をオンラインストアに搭載することで
ユーザーは家具のサイズや色合いを購入前に自宅で事前シミュレーションすることができ、
安心して購入することができます。

【今回「RITTAI」が選ばれた3つの理由】
①、導入の手軽さ
②、EC特化の機能充実度
③、業界最安値の3Dモデル制作 / 手厚いフォロー

導入の手軽さ:ドラッグ&ドロップだけで、AR機能が使用できる

EC担当者はRITTAIの管理画面上に3Dデータをアップロードすると、
URLが出力され、そのURLを自社サイトに組み込むだけで
AR機能を実装することができます。

AR機能は3D制作ツールのCAD、Blender、Mayaなどで生成された「商品の3Dデータ」があればドラッグ&ドロップで利用できるため、誰でも手軽に導入いただけます。

EC特化の機能充実度:PC向け3Dビュー機能など

(1)複数デバイス対応のWebAR


RITTAIは既存の国内WebARサービスの中では唯一、1つのURLでiOS端末・Android端末・PC端末に対応しています。
EC担当者のAR導入時の1つの懸念は「スマホしか使えないAR機能がPCで表示されると、PCユーザーの体験を損なうリスクがあること」です。

RITTAIはこの懸念を解決するため、国内のWebARサービスで唯一(※1)、同一のURLでPCにも対応させ、360度・VRビューをブラウザ上で表示する機能を搭載しております。
そのため導入企業様はオンラインショップに訪れる、殆ど全てのユーザーにAR機能を提供することができます。

(2)複数カラーのシミュレーション機能


RITTAIでは、
「ARで表示した後、同一商品の別カラーパターンをARで表示して試せる」カラーシミュレーション機能をお使い頂けます。

様々なカラーパターンを試したいというユーザーニーズに対応し、購買意欲の喚起、購買率の向上に繋げることができます。

(3)3Dビューの埋め込み機能

RITTAIはARで表示するだけでなく、ブラウザ上での3D・360度ビューも搭載しており、
商品ページに3D画像を埋め込むことができます。
従来の2D画像からは伝えられない商品の情報・魅力を効果的に訴求することを通じて、デバイスを問わず、商品の購入促進等にご活用頂けます。

加えて、「どれくらいARが使われたのか」といった商品のAR視聴データも取得できるため、ARの費用対効果の分析も可能です。

業界最安値の3Dモデル制作 / 手厚い導入フォロー


x gardenでは「商品の3Dデータがない」という企業様に、業界最安値(家具1モデル8,000円〜)で3Dデータの制作・進行管理・納品まで提供しております。

また3Dモデルを保有している企業様に対して
ARで表示するために必要な3D変換作業を請け負うフォロー体制も構築しております。

商品の3Dデータがないという企業様には、
低価格で3Dデータ制作を代行できますので、お気軽にお申し付けください。

ECの売上が向上する企業が増加中!EコマースにRITTAIを導入する3つのメリット

AR機能により、商品購入を検討しているユーザーが、
商品を自宅や配置予定の場所で「サイズやカラーがマッチするか」を確認することができるため、
・CVRの向上
・顧客単価の向上
を実現し、実際に弊社顧客企業様が売上をアップさせています。

また、購入後のサイズ・カラーのミスマッチが発生しづらくなるため、
返品率改善の施策としても有効です。

「ネットショップの収益性を高めたい」
「AR/VRをネットショップや小売現場で活用したいが、どのように活用すれば効果が出るか分からない」
「料金の確認や、無料デモを依頼したい」
という方は、導入ケース・成功事例などご紹介可能ですので、こちら( https://service.x-garden.co.jp/rittai )からお問い合わせください。

秋のEC応援キャンペーン実施中!無料トライアル・初期費用無料

RITTAIは、秋のEC事業者様応援キャンペーンを開催中につき、
・初期費用無料
・無料トライアル可能
にてご利用頂けます。

「ネットショップの収益性を高めたい」
「AR/VRをネットショップや小売現場で活用したいが、どのように活用すれば効果が出るか分からない」
「料金の確認や、無料デモを依頼したい」
という方は、ぜひこちらからお問い合わせください。

RITTAIでは、メタバースECの開発・開設支援も行なっております


RITTAIユーザー企業様より
「既存のネットショップでは表現しきれないブランドの世界観やコンセプトを、オンライン上でもユーザーに伝えたい」
「バーチャルの店舗を開設し、オンライン接客の質を高めたい」
といったご要望を多く頂き、バーチャルで生成された「メタバースショップ」の開設サービスサービス提供を開始いたしました。

多くの事業者様へのAR・VR導入を支援してきた開発力や知見をもとに、
3D制作から、高画質でレンダリングされたバーチャルのショップ開設・運用支援まで一気通貫で対応させて頂きます。

少しでも話を聞いてみたいという方は、こちら( https://service.x-garden.co.jp/rittaistore )からお問い合わせ下さい。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

・株式会社x garden
・担当:今泉
・メール:kohei.imaizumi@x-garden.co.jp
・サイトURL:https://x-garden.co.jp

※1:x garden調査/一部非対応端末あり。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタルツイン・メタバース の人気記事

もっと見る