ホーム テーマ BIM BIMによるモデリング作業請負スタート|3Dで建築設計業界のBIM化推進

BIMによるモデリング作業請負スタート|3Dで建築設計業界のBIM化推進

掲載日:2022年08月09日

地盤ネットホールディングス株式会社(所在地:東京都新宿区、代表:新美輝夫)の子会社、地盤ネット株式会社(東京都新宿区、代表:荒川高広、以下、地盤ネット)は、BIM設計に関連した新サービスとして、モデリング業務の請負をスタートいたしました。

※国土交通省建築BIM推進会議「建築BIMとは」 出典:国土交通省

3Dモデリング化で社内のBIM化を身近に

地盤ネットでは、建築業界のBIM(ビルディング・インフォメーション・モデリング)導入支援を本格化するため専門部署を設け、BIM導入を検討する企業の案件に対応する体制整備を進めていました。

各企業がBIM化を進められていない大きな理由の1つに、人材不足から現状の業務処理に時間が忙殺されてしまい、新しい挑戦に踏み出せる環境作りができない点にあると考え、BIM環境の立ち上げ支援としてBIMモデリング業務の請負を7月より本格開始いたします。

※社内の設計データをBIM化し、本格導入へ繋げる(LOD100~200程度)

安定したBIMオペレーターの供給体制

地盤ネットではベトナムのダナン市内にBIMセンターを持ち、ダナン工科大学やダナン建築大学の卒業生を受け入れ、BIMオペレーターの人材を安定的に確保しています。

またBPOとして、ベトナムBIMセンター内にオペレーター込みで専用の業務環境を構築され、BIM内製化のスタートを切る企業様も増えております。

将来の業務改善・DX戦略としての総合的なBIM活用に向けて、是非ご相談ください。

地盤ネット株式会社(BIM関連ページ)
https://jibannet.co.jp/perspective/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

BIM の人気記事

もっと見る