従来の3Dスキャナーは黒や透明が含まれるものをスキャンする際、白い粉をかけてスキャンする必要があり、色をスキャンできないという課題がありました。この問題を解決する3Dスキャナーを開発し、2022/2/17よりKickstarterにて支援者を募集致します。

黒や透明なものも3Dスキャンできるスキャナー「FacTrans Basic」をKickstarterで支援者募集

〜 3Dデータをより身近なものに 〜

株式会社Arcana製作所(本社:長野県東御市、代表取締役:古川 貴一)は、黒や透明なものもフルカラー3Dデータ化可能な3Dスキャナー「FacTrans Basic」を2022年2月17日(木)よりKickstarterにて支援者の募集を開始致します。
【URL】https://www.kickstarter.com/projects/factrans/factrans-3d-scanner-black-and-transparent-possible

FacTrans Basicの3つの特徴

1.黒・透明なものも3Dスキャン可能です。
2.フルカラー 3Dデータが作れます。
3.短時間で360°裏面まで手軽にスキャン可能です。

FacTrans Basic 従来技術との差異

従来のスキャナーでは例えばミニカーを撮った場合、窓や黒いパーツはスキャンすることが出来ず、写真1のように欠落したスキャン結果になってしまいます。

写真1.従来スキャナーで撮った3Dデータ

また、白い粉末スプレーをかけスキャンするため、色を撮ることが出来ませんでした。(写真2)

写真2.白いパウダーをかけた状態

FacTransのスキャンデータです。(写真3)窓・黒い部品もスキャンできています。

写真3.FacTransスキャンデータ

FacTrans Basic の新技術

FacTransは紫外線で発光する特殊なインクをスプレーし、紫外線LEDと白色LEDを切り替えながらスキャンを行い、正確な形状と色を3Dスキャンします。(写真4)使用するインクは水性で安全性の高いものです。本技術は特許を出願しております。

写真4.光源切り替え

FacTransの精度を評価する為、アルミの切削ブロックをスキャンし3DCADデータと比較した参考写真です。(写真5) 

写真5.アルミ切削品スキャンデータ vs 3DCADデータ比較

FacTrans Basic誕生の背景

従来のスキャナーは正確な形状を得るため、白いパウダースプレーを吹きかけたり様々な工夫をしてスキャンしていました。3Dデータをより身近なものにするには手軽に、短時間でフルカラーでスキャンできる必要があると考え、この製品を開発しています。

FacTrans Basicの使い方・利用シーン

AR/VRへの活用、ECサイト・自社サイトでの商品紹介への活用
3Dモデリングする際の素材のスキャン
フルカラー3Dプリンターでの出力

FacTrans Basic製品概要

一般販売予定価格:138,968円(税別)
販売方法:Kickstarterにて支援者を募集
KickstarterではSuper Early Birdなど最大50% OFFとしております。
予定している仕様は下記の通りです。

株式会社Arcana製作所について

私達は昨年、設立をしたスタートアップです。
これからますます、3Dの需要は高まり、より身近なものになると考えています。
等身大から小さなものまで用途に合わせた3Dスキャナー開発を始め、インクジェットプリンター付帯装置開発、受託開発を行っております。
Great ideas for tomorrow!
明日のために、アイディアを考え、未来を変えることのできる会社にする。をビジョンとしております。

【会社概要】
会社名:株式会社Arcana製作所
所在地:長野県東御市新張1259-1
代表者:古川 貴一
設立:2022/8/2
URL:https://arcana-mfg.com/
e-mail:info@arcana-mfg.com
TEL:050-3559-1024
事業内容:
3Dスキャナー開発、インクジェットプリンター付帯装置開発、受託開発

【お客様からのお問い合わせ先】
同上

【本リリースに関する報道お問い合わせ先】(メディア等からの問い合わせを受けられる方)
同上

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】