ホーム テーマ DX推進 デジタルツイン・メタバース 奥村組のDX、メタバースへの新しい取り組みSynamonと「メタバース技術研究所」を構築

奥村組のDX、メタバースへの新しい取り組みSynamonと「メタバース技術研究所」を構築

掲載日:2022年01月05日

「XRが当たり前の世界をつくる」をミッションに、VR・ARを含むXRやメタバース市場の創造に取り組む株式会社Synamon(読み:シナモン、本社:東京都品川区、代表取締役:武樋 恒、以下 Synamon)は、総合建設会社の株式会社奥村組(本社:大阪市阿倍野区、代表取締役社長:奥村 太加典、以下 奥村組)と茨城県つくば市に所在する奥村組技術研究所内施設の室内環境実験棟を活用した「メタバース技術研究所」を構築しました。国土交通省の『令和3年度 BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業』に選定されている本技術研究所にてメタバース上のVRシミュレーションを通して各種実験のための増改築工事の検討精度を向上させ、設計・施工工数の削減を目指します。

左:奥村組技術研究所(茨城・つくば)、右:バーチャル空間に再現した「メタバース技術研究所」

「メタバース技術研究所」構築の背景

本技術研究所では、免震技術の開発やICTやロボット、i-Construction、BIMの活用による設計・施工業務の効率化・省力化など様々な研究が行われており、年間を通じて各種実験のための増改築工事が予定されています。増改築等の建設工事では作業の手戻りを減らすためにモックアップを作成し施工検討を行います。現実に近い素材を活用し実物大で再現する「実寸大モックアップ」、縮尺を変更し3Dプリンター等で再現する「縮尺版モックアップ」が存在しますが、それぞれに課題があります。

 「実寸大モックアップ」は、モックアップ作成のコストが高く、施工検討期間の保管場所の確保が困難であり、検討後に産業廃棄になるといった課題が挙げられます。一方の「縮尺版モックアップ」は、サイズが小さいためにモックアップ作成が困難であり、実物大ではないが故の手戻りが発生するといった課題が挙げられます。

 上記の課題を解決すべく、バーチャル上でモックアップを再現し施工検討を行うことができる「メタバース技術研究所」を構築しました。メタバース上のVRシミュレーションを通して各種実験のための増改築工事の検討精度を向上させ、設計・施工工数の削減を目指します
 

期待できる効果

・施工工数の削減
バーチャル上にモックアップを再現することで実寸大スケールであらゆる角度の施工検討ができるため、手戻り発生の減少に貢献できます。

・BIMモデル活用にかかるコストの削減
BIM、i-Constructionなどの既存データを活用することでシームレスにバーチャル上に3Dモデルを配置できるため、コストをかけずにかつ手軽に施工検討が実施できます。

・関係者の合意形成
繰り返し実施される各種実験のための増改築工事について、バーチャル空間上で設計・施工における関係者の合意形成をおこなうことで手戻りのない実験計画を進めることができます。

・SDGsへの貢献
バーチャル空間では現実の素材は一切使用しないため、産業廃棄物を減らすことができSDGs推進につながります。

「メタバース技術研究所」とVRシミュレーションの概要

本技術研究所の既存の維持管理BIMモデルを活用し、Synamon社のVRサービス「NEUTRANS(ニュートランス)」内のバーチャル空間上に技術研究所を再現。今回は7棟ある施設の中から室内環境実験棟の室内環境実験室におけるVRシミュレーションを実施しました。

本実験室は特定の日射条件におけるオフィスなどの室内環境の快適性や省エネルギー性などを検証するため、4つの異なる条件の居室を再現できる作りになっています。あらゆる条件の再現にあたり、内部のアルミサッシ増設・外部のアルミルーバー増設等の改修工事を行いますが、この改修工事のBIMモデルを作製し、BIMモデルにおける仮想環境シミュレーションとともに、バーチャル空間における実験内容の確認や設計・施工検討を行うことで、実験の検討精度を向上させ、設計・施工工数の削減を図ります。

「メタバース技術研究所」のバーチャル空間イメージ

「メタバース技術研究所」のバーチャル空間(1)
「メタバース技術研究所」のバーチャル空間(2)
室内環境実験棟の正面で打ち合わせをしている様子
室内環境実験棟の設備や構造について確認している様子
室内環境実験棟室内環境実験室の外部サッシで施工検討を行っている様子
改修工事(内部のアルミサッシ増設、外部のアルミルーバー増設)の検討をしている様子
「メタバース技術研究所」の打ち合わせ風景

株式会社奥村組 会社概要

商号  :株式会社奥村組
代表者 :代表取締役社長 奥村 太加典
所在地 :大阪市阿倍野区松崎町二丁目2番2号
創業  :1907年2月
事業内容:総合建設業およびこれに関連する業務
URL  :https://www.okumuragumi.co.jp/

奥村組技術研究所について

奥村組技術研究所は、社会の持続的発展に貢献するため、技術開発を推進する研究施設。免震技術の研鑽や応用技術の開発、ICTやロボット、i-Construction、BIMの活用による設計・施工業務の効率化・省力化など様々な研究を行っています。また、同研究所の維持管理BIMモデルを用いた維持管理業務等の検証プロジェクトは、国土交通省の『令和3年度 BIMを活用した建築生産・維持管理プロセス円滑化モデル事業』に選定されています。

※奥村組HP 技術研究所ページはこちら
https://www.okumuragumi.co.jp/technology/tri/

Synamonについて

Synamonは「XRが当たり前の世界」を実現するため、VR/ARをはじめとするXRやメタバース領域のコンサルティング・企画提案・研究開発を行うテックカンパニーです。高品質なメタバース体験の構築をサポートする「エンタープライズ向けメタバース構築支援サービス」の提供をはじめ、最新技術の独自研究で培った技術・ノウハウを活かし、プロジェクト立ち上げから開発・運用までワンストップで対応いたします。

株式会社Synamon 会社概要

商号  :株式会社Synamon(Synamon Inc.)
代表者 :代表取締役 武樋 恒
所在地 :東京都品川区西五反田7丁目22−17 TOCビル 9階1号室
設立  :2016年8月
事業内容:XR(VR/AR/MR)・メタバースのコンサルティング・企画提案・研究開発
URL  :https://synamon.jp/

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る