ホーム 最新ニュース デジタル推進 ドローン測量・現地管理DXクラウド「くみき」にGCPインポート機能追加

ドローン測量・現地管理DXクラウド「くみき」にGCPインポート機能追加

掲載日:2022年06月16日

株式会社スカイマティクス(東京都中央区、代表取締役社長:渡邉善太郎)は、この度、ドローン測量・現地管理DXクラウド「くみき」に、座標点の位置情報を取り込み高精度の位置補正を可能とする「GCPインポート機能」が追加されましたので、お知らせいたします。

「GCPインポート機能」について

特に建設業の皆様にご要望いただいていた、お手元の座標位置データを「くみき」に取り込み、オルソ画像上で任意に高精度な位置補正ができる「GCPインポート機能」を、この度、遂にリリースいたしました。

CSV形式のファイルをアップロードするだけで自動で座標点と位置情報が対応、手入力による設定も可能です。正確な位置情報を有する地形データを作成する事で、それを基準として、以後は独自の位置補正機能によってGCP不要で正確な位置情報のオルソ画像を容易に生成する事もできます。GCPインポートに際しては、高さ情報の選択(標高/楕円体高)や点群の座標系・座標の書式もタブから選択、または、任意で入力していただけます。

​*ビジネスプラン(年間)・ビジネスプラン(3ヶ月)以上のご契約者様向けの機能となります。

ドローン測量・現地管理DXクラウド「くみき」について

「くみき」は、現場データの管理・活用の生産性を圧倒的に向上させる“クラウド型現地管理DXツール”です。

誰でも高度な地形計測・分析が可能な「ドローン測量機能」と、地図上で様々な現場データの保存・共有ができる「コンテンツ管理機能」を1つのシステム上で両立。

現場担当者は簡単に地形データ生成やドローン測量が可能となり、現地から離れた関係者はクラウド上で“現場のいま”が把握できる、 シンプルでスマートな現場データ管理をサポートします。

▶︎「くみき」公式サイト:https://smx-kumiki.com/

2017年12月に汎用ドローンに対応した国産初のクラウド型ドローン測量サービスとしてリリースされて以来、「くみき」はこれまでに建設・砕石・産廃・農業業界など人手不足や技能・知見の伝承に課題を抱える業界、DX(デジタル・トランスフォーメーション)推進に取り組む企業様、官公庁・自治体様まで業種や企業規模を問わず幅広い企業・団体様に導入されてきました。   

スカイマティクスは、今回の新機能追加のみならず、さらなる機能拡充を随時行い、皆様の課題解決やDX推進を強力にサポートしてまいります。引き続き「くみき」による“新しい現場管理の可能性”をご体感ください。

会社概要

会社名 :株式会社スカイマティクス
所在地 :東京都中央区日本橋本石町4-2-16Daiwa日本橋本石町ビル6F 
URL :https://skymatix.co.jp/ 
代表者 :代表取締役社長 渡邉 善太郎 
資本金 :100,000,000円 
事業内容 :産業用リモートセンシングサービスの企画・開発・販売

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタル推進 の人気記事

もっと見る