期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム BIM ニュース BIM/CIM対応の3次元点群モデルビューア「FusionSpace®」リリース|国際航業

BIM/CIM対応の3次元点群モデルビューア「FusionSpace®」リリース|国際航業

掲載日:

国際航業株式会社(代表取締役社長:土方 聡、以下「国際航業」)は、複数の計測データを取り込んで3次元で表示する3次元点群モデルビューア「FusionSpace®(フュージョンスペース)」をリリースしますので、お知らせします。

「FusionSpace®」は、当社が2016年より提供してきた3次元空間解析クラウドサービス「KKC-3D」のユーザー向け3次元点群モデルビューアとして開発しました。お手持ちの計測データ、国土地理院地図や自治体のハザード情報といったオープンデータなど、複数の計測データを取り込んで3次元で一括表示できる画期的なソフトウェアです。

 
「KKC-3D」により自動生成した3次元モデルを「FusionSpace®」に取り込んで判読・解析する一連の作業がWeb上で可能となるため、共同編集や情報共有プラットフォームとしても利用できるようになり、業務効率化や生産性向上にも寄与します。

FuisonSpaceⓇの利用フロー(例)FuisonSpaceⓇの利用フロー(例)

機能概要

計測データの3次元管理への活用を行うことを目的として、複数時期に計測されたデータの比較機能、ラインやポリゴン描画による距離・面積・体積、断面計測などの機能が搭載されています。

主な特徴

①Webブラウザ上で動作
②オンプレミス / クラウドに対応
③大規模な点群を高速に表示
④点群と画像を連携
⑤地形タイルやモデルデータも表示可能

活用事例

・橋梁  橋梁計測データ搭載利用
・道路  MMS高密度レーザ等搭載利用
・河川  レーザ計測データ、オルソデータ等搭載利用
・災害時 土砂崩れ、海岸堤防損壊把握にドローン撮影データ、オルソデータ等搭載利用

画面イメージ

海岸堤防の損傷箇所把握海岸堤防の損傷箇所把握

河川の二時期の体積比較演算河川の二時期の体積比較演算国土交通省では、令和5年度までの小規模を除く全ての公共工事におけるBIM/CIM原則適用に向け、段階的に適用範囲を拡大しています。令和3年3月には3次元モデル成果物の作成方法および要件を示した「3次元モデル成果物作成要領(案)」が公表されました。「FusionSpace®」は、この作成要領に基づいて作成されたデータを取り込み、編集することが可能です。

BIM/CIM原則適用に対応するソリューションとして、自治体や建設業界のDXを強力に支援いたします。

▼参考サイト

国土交通省 BIM/CIMポータルサイト
http://www.nilim.go.jp/lab/qbg/bimcim/spec_cons_new_r3.html

▼サービスサイト
国際航業ウェブサイト
https://www.kkc.co.jp/service/item/3888/

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

BIM の人気記事

もっと見る