期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX i-Construction VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」最新バージョンV6.0 販売開始

VR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」最新バージョンV6.0 販売開始

掲載日:

サイバネットシステム株式会社(本社:東京都、代表取締役 社長執行役員:安江 令子、以下「サイバネット」)は、サイバネットが販売・サポートするVR設計レビュー支援システム「バーチャルデザインレビュー」の最新バージョンV6.0を2022年12月1日より販売することをお知らせいたします。

バーチャルデザインレビューとは

バーチャルデザインレビューは、VRを利用したコミュニケーションツールです。3D CADの形状をデータ変換等の手間をかけず直接VR空間に投影させ、遠隔地のメンバーを含む複数人が同一のVR空間の中でコミュニケーションを取りながらレビューすることができます。その場で設計を変更し、リアルタイムにVR空間で確認することも可能です。

普段CADを利用しない担当者や生産担当者が設計レビューをしやすくなるほか、設計変更等の情報を有効に共有することで手戻りを軽減し、開発にかかるコストや時間を削減します。

バーチャルデザインレビューV6.0で追加・強化された機能

1.アバター(※1)の容姿を変えることで、コミュニケーションがより円滑に

設計業務もテレワーク環境が当たり前となった昨今、お客さまの間ではコミュニケーション不足が課題の一つとなっています。

そこで、互いに顔の見えないVR空間のアバターを、ユーザー本人の外見に似せるなどカスタマイズすることで、少しでもコミュニケーションの活性化に役立てたいというご要望が以前より多く寄せられるようになりました。

今回の新機能により、ボディトラッキングオプション(※2)に使用する作業者のアバターの容姿を自由にカスタマイズできるようになりました。任意の3Dモデル(FBX形式(※3))を読み込むだけで、VR空間内のアバターに反映できます。

初対面同士や、普段顔を合わせないメンバー同士でも個人を認識しやすくなり、より円滑なコミュニケーションが期待できます。

好きなアバターを自分の容姿として設定できます好きなアバターを自分の容姿として設定できます

2. 共同ウォークスルーモードで、大型対象物などがレビューしやすく

共同ウォークスルーモードを使うと、レビューに参加している他のユーザーが対象物の周りを移動する際、自分も相手との距離を保ったまま移動します。

たとえば、生産設備など大型の対象物のレビューやトレーニングにおいて、参加者全員で共通の箇所を見ることができ、VRに不慣れな初心者でも意思疎通がしやすくなります。

3. 2面を使った3Dモデルの断面表示が可能に

3Dモデルの切断面機能が強化され、切断面を2面設置できるようになりました。

切断された側の物体は非表示となるため、たとえば対象物が複雑な形状をしている場合でも、2つの切断面を用いてレビュー不要な箇所を画面から省くことができます。「評価したい部品の背後に別の部品が映り込み、形状を正しく把握しづらい」といった、意思疎通のミスにつながる状況を回避することができます。

切断面を2面設置して、評価を行っている様子 (切断個所が分かりやすいよう、画像では断面に着色しています)

切断面を2面設置して、評価を行っている様子 (切断個所が分かりやすいよう、画像では断面に着色しています)

紹介Webセミナー

最新バージョンV6.0の新機能および特徴について、操作デモの動画を交えてご紹介します。ぜひご参加ください。

■日時: 2022年12月14日(水) 13:30~(30分程度)
■開催地: オンライン(Web会議システムZoomを用いたWebセミナー)
■参加費 :無料(事前登録制)
■お申込み:https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/seminar_event/vdr60_intro.html

バーチャルデザインレビューの詳細については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/ar-vr/products/vdr/

—————————————————-
注釈
※1: アバター:バーチャルデザインレビューを使ったVR空間内の作業者の姿を、人型の3Dデータで表現したもの。他者の体勢や動きの再現に加え、発言がアバターの位置から聞こえるため、実際にその場にいるようなコミュニケーションが実現する。

※2: ボディトラッキングオプション:作業者がVIVEトラッカー(台湾HTC社が販売する、身体に装着する3次元センサーユニット)を装着することで、アバターの全身の姿勢をVR空間に反映することができるオプション。

※3: FBX形式:米Autodesk社が公開している3Dファイル形式。3D CGの標準フォーマットとしてアニメーションやゲームのモデルの制作で広く使われている。

サイバネットについて 

サイバネットシステム株式会社は、CAE(※)のリーディングカンパニーとして、30年以上にわたり製造業の研究開発・設計関係部門、大学・政府の研究機関等へ、ソフトウェア、教育サービス、技術サポート、コンサルティングを提供しています。

また、IT分野では、サイバー攻撃から情報資産を守るエンドポイントセキュリティやクラウドセキュリティなどのITセキュリティソリューションを提供しています。近年では、IoTやデジタルツイン、ビッグデータ分析、AI領域で、当社の得意とするCAEやAR/VR技術と組み合わせたソリューションを提案しています。

企業ビジョンは、「技術とアイデアで、社会にサステナビリティとサプライズを」。日々多様化・複雑化する技術課題に向き合うお客様の課題を、期待を超える技術とアイデアで解決し、更にその先の変革へと導くことを目標に取り組んでまいります。

サイバネットシステム株式会社に関する詳しい情報については、下記Webサイトをご覧ください。
https://www.cybernet.co.jp/

※ CAE(Computer Aided Engineering):ものづくりの研究・開発工程において、従来行われていた試作品によるテストや実験をコンピュータ上でシミュレーションし分析する技術。試作や実験の回数を劇的に減らすことで、開発期間や資材コストを大幅に削減できるメリットがある。 

本件に関するお問い合わせ  サイバネットシステム株式会社

■内容について
DXソリューション事業部 営業部/荒井
E-MAIL:cnc-info@cybernet.co.jp
■報道の方は
コーポレートマーケティング部/山本
E-MAIL:prdreq@cybernet.co.jp
■投資家の方は
IR室/目黒
E-MAIL:irquery@cybernet.co.jp

※記載されている団体名、ブランド名、製品名、サービス名は、各所有者の商標および登録商標です。

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

i-Construction の人気記事

もっと見る