ホーム テーマ DX推進 デジタルツイン・メタバース 「超建築メタバース」の住宅展示場が本格始動|「すぐにつかえるメタバース」のVR建築物

「超建築メタバース」の住宅展示場が本格始動|「すぐにつかえるメタバース」のVR建築物

掲載日:2022年11月11日

株式会社クリーク・アンド・リバー社(以下C&R社)は、一級建築士が実際の建築データを基に設計開発したメタバース*ⅰ空間での住宅展示場プラットフォーム「超建築メタバース」を、11月より本格的に提供開始いたしました。すでに今秋のメタバース関連展示会において、イベント用として企業で活用され始め、現在ハウスメーカーやディベロッパー、工務店などでの導入提案が複数進展しております。

C&R社では2021年12月24日(金)、VRやDX*ⅱ技術を駆使して建築士・工務店と、注文住宅を建てたい人の双方を、VR空間で結び付けるVR建築展示場「XR EXPO®」(エックスアール エキスポ)をオープンしており、これまでに一級建築士や工務店、ハウスメーカーと約50棟のVR建築物(住宅)を構築してまいりました。

「超建築メタバース」はそのノウハウを基に、「すぐにつかえるメタバース」をコンセプトとして一級建築士と開発したメタバースプラットフォームです。出会う楽しさとコミュニケ―ションを大切にしたリアル住宅展示場の発展形である「ランドスケープモデル」と、物件1つ1つを整理して吟味できる展示会の発展形である「ミュージアムモデル」の2つのモデルを用意。さらにニーズに応じたカスタマイズも可能で、住宅以外でも希望にあわせた本格的なメタバース展示場の構築が可能となっております。期間限定でのレンタル利用も可能で、イベントなどでも活用いただけます。

また、C&R社ではメタバース住宅展示場内に設置するVRモデルハウスを、1棟から設計・構築することも可能です。実際の住宅建築とメタバース空間でのクリエイティブを熟知した一級建築士(メタバース建築士)が監修、建材や家具、インテリアなどの素材感や質感といった細部にまでこだわり、高品質の住宅を再現いたします。リアル住宅展示場では1棟あたりの建築費は約1億円と言われている中、C&R社では約15分の1の費用で、最短約2カ月でのVRモデルハウス建築が可能です。

メタバース住宅展示場プラットフォーム「超建築メタバース」 概要

ランドスケープ モデル

実際の住宅展示場の発展形(出会う楽しさ/コミュニケーション)
【コンセプト】 楽しさ、やわらかさ、おもてなし
【特長】 歩き回って散策する、不規則に変わる風景の楽しさ、ナビゲーターと出会う楽しさ
【対象】 ハウスメーカー、デベロッパー、イベント運営会社向け

VRモデルハウスをカテゴリごとに配置

VRモデルハウスをカテゴリごとに配置

個別モデルハウスの画像からワープして内部へ

個別モデルハウスの画像からワープして内部へ

ミュージアム モデル 

展示会の発展形(選ぶ楽しさ/整理して吟味する場所)
【コンセプト】  クラス感、シャープさ、重厚感
【特長】  整然とした空間を自由に閲覧、 複数棟をカタログ的に比較、個別商談スペース設置、模型閲覧可能
【対象】 建材メーカー、家具メーカー向け


株式会社クリーク・アンド・リバー社
建築グループ プロデュースディビジョン
URL:https://xr-expo.co.jp/ Email:xr_expo@hq.cri.co.jp

===========================

C&R社は、2013年の建築事業開始から4,500名の建築士や1,200の工務店をネットワークし、建築士や施工管理者、PM/CM、BIMエンジニアのエージェンシー(紹介)を展開するほか、住み手のライフスタイルとオーナーの収益性を兼ね備えた賃貸住宅をプロデュースする「CREATIVE RESIDENCE®SERIES」や、高精細で本物以上に体感できるVRモデルハウスを使い、住まいへのこだわりを持った創り手である建築士や工務店と住宅購入検討者同士を、場所や時間に縛られることなく直接結びつける、建築の総合プラットフォーム「XR EXPO®」などの独自サービスを構築し、提供してまいりました。今回の「超建築メタバース」も、建築士など建築業界のプロフェッショナルの能力を最大限に生かし、その生涯価値を高めると同時に、建築業界の発展に寄与するサービスと位置付けております。

C&R社およびC&Rグループ25社の事業分野は現在、映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、コンピュータサイエンス、食、舞台芸術、ライフサイエンス、アスリート、アグリカルチャーの18分野にまで拡大し、ネットワークするプロフェッショナルは34万5,000人、クライアントは4万5,000社にまで成長しております。「プロフェッショナルの生涯価値の向上」と 「クライアントの価値創造への貢献」をミッションとして、プロフェッショナル分野の拡大、そして、その叡智をかけ合わせ、ビジネスクリエイションカンパニーとして人々の幸せに貢献してまいります。

*ⅰ:インターネット上で多人数が参加する3次元仮想世界のこと。「メタ」(超越という意)と「ユニバース」(宇宙)の合成語。
*ⅱ:Digital Transformationの略語。最先端のデジタル技術を浸透させ人々の生活をより良いものへ革新的に変換すること。

株式会社クリーク・アンド・リバー社 建築グループのサービスサイトURL

アーキテクト・エージェンシー(建築士・PM/CM、BIMエンジニア紹介)https://www.arc-agency.jp/
建築DXサービス(「超建築メタバース」) https://xr-expo.co.jp/
VR建築展示場「XR EXPO®」https://xr-expo.co.jp/
CREATIVE RESIDENCE® SERIESE https://creative-residence.com/

株式会社クリーク・アンド・リバー社 会社概要

本 社 : 東京都港区新橋四丁目1番1号 新虎通りCORE
設 立 : 1990年3月
代 表 者: 代表取締役社長 井川幸広
拠 点 : 東京(本社)・大阪・札幌・仙台・大宮・横浜・船橋・高崎・金沢・名古屋・京都・神戸・高松・広島・福岡・熊本・那覇/ソウル・上海・北京・ロサンゼルス
事業内容:映像、ゲーム、Web、広告・出版、作家、医療、IT、会計、法曹、建築、ファッション、食、コンピュータサイエンス、ライフサイエンス、舞台芸術、CXO、アスリート、アグリカルチャーの18分野でプロフェッショナルに特化したライツマネジメント(知的財産の企画開発・流通)、プロデュース(開発・請負)、エージェンシー(派遣・紹介) 事業を展開。プロフェッショナルの叡智で革新的な事業を無限に創造している。
U R L: https://www.cri.co.jp (コーポレートサイト)
https://www.cri.co.jp/website-sns/ (公式サイト・SNS一覧)
https://www.creativevillage.ne.jp/(プロフェッショナル×つながる×メディア「CREATIVE VILLAGE」)

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタルツイン・メタバース の人気記事

もっと見る