期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX i-Construction VR・3DCGで早期契約促進、DX強化|空室対策で注目の「バーチャルインテリア」

VR・3DCGで早期契約促進、DX強化|空室対策で注目の「バーチャルインテリア」

掲載日:

2022年12月5日(月)~7日(水)に東京ビッグサイト西2ホールにて開催される、「不動産テックEXPO」にて、物件写真に3DCGインテリアをプラスし、暮らしのイメージを伝える広告ツール「バーチャルインテリア」や、3Dでバーチャル空間を作り物件内を回遊、物件の内装やインテリアシミュレーションが行えるVRアプリケーション「カラデコ360」をご紹介します。

「不動産テックEXPO」とは?

本展示会は、全国の不動産管理会社・オーナーが抱える「建物管理の課題」「人手不足」「空き部屋、老朽化」をテクノロジーで解決するためのあらゆる企業が出展する展示会です。
住宅、ビル、商業・公共施設など、あらゆる建築物を対象とした建築総合展「ジャパンビルド-建築の先端技術展-」内で開催されます。

出展の背景/展示会の見どころ

物件を探す際、8割以上の方がポータルサイトなどオンラインで情報収集される今、WEB上での他物件との差別化や集客力が重要視されています。
また最近の傾向として、消費者が商品を買うときは「コト=体験価値」を買っていると言われています。つまり、不動産でいえばそこでの「暮らし」を買うことになります。
これからは仲介するだけではなく、物件での暮らし方や理想の暮らしの提案・サポートが必要です。

このような背景をうけ、早期契約を低コストで図りたい賃貸仲介の方、新たな集客ツール導入など検討されている不動産会社様に向けて、物件写真に3DCGインテリアをプラスし、暮らしのイメージを伝える広告ツール「バーチャルインテリア」をご紹介する他、ハウスメーカー様や建材メーカー様に向け、3Dでバーチャル空間を作り、物件の内装やインテリアシミュレーションが行えるVRアプリケーション「カラデコ360」をご紹介させていただきます。

ブースではサービス事例をご覧いただける他、実際にアプリ操作し体感いただくことも可能です。導入相談も随時受け付けております。
またご来訪頂いた方には、好評いただいているカラデコオリジナルのトートバックやオリジナルドリンクなどノベルティをご用意しております。

カラーアンドデコ出展サービスについて

空室や居住中の物件写真・360度パノラマ写真にバーチャル3DCGインテリアをインストールし、 物件の魅力や暮らし方、物件の使い方などをイメージ化するサービスです。物件写真と間取図を送るだけで簡単にオーダーでき、物件広告にお使いいただけます。

図面やCAD・BIMデータから3Dバーチャル空間を再現し、360度空間内を回遊することができる次世代型のVRアプリケーション『カラデコ360』。 
空間内では、建材や内装仕様の切り替え・インテリア配置のシミュレーションができ、理想の空間をバーチャル上で体感していただけます。 1万点以上の実在する家具メーカーのCGデータを配置できる他、スクリーンショット機能や配置した家具をリスト化することも可能です。

開催概要

開催期間:12月5日(月)~12月7日(水)
     10:00~18:00(最終日のみ10:00~17:00終了)
会場:東京ビッグサイト 西2ホール
当社ブースNo:1-99
入場料:5,000円(招待券持参で無料)
公式URL:https://www.japan-build.jp/tokyo/ja-jp/visit/ret.html
※同時開催展:スマートビルディングEXPO、商業施設・店舗DX展、施設リノベーションEXPO、
       建材・住設EXPO、スマートハウスEXPO、建設DX展

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - リリースくん

BuildApp News編集部リリース担当です。 PR TIMESよりDXに関するニュースを転載しています。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

i-Construction の人気記事

もっと見る