ホーム テーマ BIM 【日建連 BIMセミナー】「BIM 活用の実情把握に関するアンケート」の実施報告③|2022年度版

【日建連 BIMセミナー】「BIM 活用の実情把握に関するアンケート」の実施報告③|2022年度版

掲載日:2022年11月18日

日建連は2022年6月17日に開催したオンラインセミナーにおいて「BIM活用の実情把握に関するアンケート」の実施報告を行いました。連載3回目となる本記事では「設計におけるBIM活用状況」に関するアンケートの集計・分析結果を紹介します。                                

過去の連載記事はこちら

第1回目:【日建連 BIMセミナー】「BIM 活用の実情把握に関するアンケート」の実施報告①|2022年度版

第2回目:【日建連 BIMセミナー】「BIM 活用の実情把握に関するアンケート」の実施報告②|2022年度版

アンケートの概要

「BIM活用の実情把握に関するアンケート」の目的や実施概要、分析概要をご説明します。

目的

1)日建連会員(建築)におけるBIM活用・展開状況や、導入後抱えている課題等を把握し、会員企業各々のBIM推進施策に役立つものにする。
2)施工BIMを中心に設計や設備を含めた全体の調査とし、プロジェクトを通したBIM推進状況を把握する。

実施概要

  • 実施時期:2021年12月10日~2022年3月10日
  • 実施対象:日建連建築本部会員企業
  • 実施方法:eメールにて発信、回収(Excelシートに入力)
  • 回答状況:40社/72社(56%)

分析概要

  • 層別の分析として、全体、BIM導入期間6年未満、6年以上での比較を明示。
  • 2018年に実施した導入・展開アンケートと同じ設問について、取組み状況の変化を明示。

設計におけるBIM活用状況

意匠・構造・設備3部門での活用度合い

https://www.nikkenren.com/kenchiku/bim/seminar/pdf/jfcc2022_08.pdf

意匠設計では全体のBIM平均活用率は「設計モデルの作成」は35%、「モデルによる整合確認」と「モデルから設計図作成」は2割程度となっています。BIM導入6年以上での活用が、導入6年未満と比較して大きく増加しています。

https://www.nikkenren.com/kenchiku/bim/seminar/pdf/jfcc2022_08.pdf

構造設計では全体のBIM平均活用率は「設計モデルの作成」は3割程度、「モデルから設計図作成」は2割程度となっています。意匠設計と同様に構造設計でもBIM導入6年以上での活用が、導入6年未満と比較して大きく増加しています。

https://www.nikkenren.com/kenchiku/bim/seminar/pdf/jfcc2022_08.pdf

設備設計では全体のBIM平均活用率は「設計モデルの作成」は2割程度、「モデルから設計図作成」は1割程度という結果に。他と同様に設備設計でもBIM導入6年以上での活用が、導入6年未満と比較して大きく増加しています。

積算(見積部門)での活用度合い

https://www.nikkenren.com/kenchiku/bim/seminar/pdf/jfcc2022_08.pdf

積算のBIM活用率は「モデルからく体見積数量の算出」は全体で1割程度、「仕上見積数量算出」と「設備見積数量算出」は数%に限られています。意匠・構造・設備3部門と同様に積算もBIM導入6年以上での活用が、導入6年未満と比較して大きく増加しています。

設計施工間でのモデル連携の度合い

https://www.nikkenren.com/kenchiku/bim/seminar/pdf/jfcc2022_08.pdf

設計施工一貫では「施工での設計モデルの継続活用」は2割程度、「引継書の発行」と「設計モデルの発行」はいずれも15%で、BIM導入6年以上での活用が導入6年未満と比較して大きく増加しています。設計施工分離ではすべての項目で数%に留まっています。

まとめ

意匠・構造・設備3部門でのBIM活用率は「設計モデルの作成」が約2~3割で、「モデルによる整合確認」や「モデル設計図作成」ではBIM活用率の約1~2割程度ということが分かりました。積算(見積部門)でのBIM活用率は数%から10%未満という結果に。

設計施工間でのモデル連携では、設計施工分離方式よりも設計施工一貫方式の方がBIMの活用率が高いことが明らかになりました。

次回の【日建連 BIMセミナー】「BIM 活用の実情把握に関するアンケート」の実施報告では、分析項目「施工におけるBIM活用状況」に関する集計結果をご紹介します。

この記事を書いた人

BuildApp News編集部 - データくん

BuildApp News編集部の調査担当です。 建設DXに関する独自調査をしています。

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

BIM の人気記事

もっと見る