ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 「安比バレー構想プロジェクト」マネージャー募集|定住者1万人のグローバルな街づくりを目指す

「安比バレー構想プロジェクト」マネージャー募集|定住者1万人のグローバルな街づくりを目指す

掲載日:2022年09月13日

Visionalグループの株式会社ビズリーチ(所在地:東京都渋谷区/代表取締役社長:酒井哲也)が運営する、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」は、株式会社岩手ホテルアンドリゾートが推進する「安比バレー構想プロジェクト」における、「都市開発プロデューサー」の募集を副業・兼業にて本日より開始します。本公募は、「安比バレー構想プロジェクト」の即戦力人材公募をビズリーチが全面協力するプロジェクトの第2弾です。
公募ページURL:https://www.bizreach.jp/job-feed/public-advertising/c2mf6ht/

「安比バレー構想プロジェクト」でグローバルな街づくりを推進

8月に「ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン」が開校し、イギリス等からの移住者が増加

岩手ホテルアンドリゾートは、岩手県八幡平市(はちまんたいし)の安比高原と盛岡市を拠点に、複数のホテル・リゾート施設を運営しています。同社は、安比高原をグローバルに対応したリゾートへ進化させ、定住者増加も見据えた「安比バレー構想プロジェクト」を2020年11月に始動し、観光・教育・医療(健康)の3つの産業を軸にした街づくりを進めています。観光分野では、将来的に安比高原エリアにおける訪日外国人を含めたスキー場来場者を現在の約2倍の年間50万人に、その他の産業を通じた定住者を1万人に拡大することを目標に掲げています。

「教育」における街づくりでは、本年8月29日に英国ロンドンにある創立450年の名門私立学校「ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン(ハロウ安比校)」を開校しました。ハロウ安比校には、世界中から生徒が920名程度、イギリスから優秀な教員やスタッフが200名程度集まるため、将来的に国際色豊かな方々が1,000名以上(※1)安比高原に定住することが見込まれています。
※1 ハロウ安比校に全学年が入学した時の生徒・教師数

「安比バレー構想プロジェクト」で岩手県・安比高原エリアにおける、街の活性化とコミュニティーづくりの推進が必要に

ハロウ安比校の開校の他にも、いわて花巻空港から上海便が就航したこと等により訪日外国人が増加し、将来的にグローバルな方々を含めた定住者が1万人を超えることを目指す安比高原エリアですが、飲食店や商業施設・娯楽施設など街の活性化につながる不動産開発、コミュニティーづくりなどの新たな生活基盤の構築は不十分な状態です。例えば、安比高原エリアにペンション街があるものの、運用する人がおらず空きペンションを活用できていないという問題があります。

安比高原エリアに現在住んでいる方だけでなく、今後増加が見込まれる訪日外国人や、今回のハロウ安比校の開校を機に海外から移住される方々にとって魅力ある街づくりを実現するためには、街のコンセプトを描き、テナントやサービスの誘致などの計画立案を行うプロフェッショナル人材の力が欠かせません。

ビズリーチで、グローバルな街づくりを行う「都市開発プロデューサー」を副業・兼業で募集

そこでこのたび、即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」が「安比バレー構想プロジェクト」における人材公募に全面協力し、副業・兼業という新しい働き⽅で「都市開発プロデューサー」を募集します。

ビズリーチ会員を対象としたキャリア観に関する調査※2では、2022年に自身のキャリア形成のためにチャレンジしたいこと(継続して行うことも含む)として「副業・兼業」と回答する割合が高く、年収1,000万円以上のビジネスパーソンが副業・兼業を通じた新たな経験の獲得に意欲的なことが分かっています。副業・兼業で新たなプロジェクトに関わることは、自身にとってのやりがいを得ながら、キャリアの選択肢を広げる働き方になると想定されます。また、同時に募集される「都市開発ディレクター(常勤)」も、多様なステークホルダーと共に街づくりに携われる希少な仕事です。

※2「職務経歴書(レジュメ)の更新とキャリア観に関するアンケート」
対象:ビズリーチ会員
調査期間:2021年11月8日~2021年11月14日
有効回答数:762件(年収1,000万円以上に該当する有効回答数は209)

公募概要

・募集期間:2022年8月30日~2022年9月26日
・応募方法:「ビズリーチ」のサイトから応募
・公募ページURL:https://www.bizreach.jp/job-feed/public-advertising/c2mf6ht/
・募集ポジション

募集職種名【副業・兼業】都市開発プロデューサー
業務内容・ペンション街のコンセプト・ブランディングの企画立案
・企画したコンセプトに基づいたテナントやサービスの誘致計画立案
・誘致施設のリーシングフォロー
・安比高原エリアの都市計画へのアドバイザリー(住民とハロウ安比校の開校を機に海外から移住される方を巻き込んだ企画立案など、コミュニティー活性化に向けた企画をお任せいたします)
応募資格・テナント開発もしくはリーシング(物販・飲食両方もしくはいずれか)の経験
・プロジェクトディレクション(ステークホルダーとの折衝)の経験
・ビジネス会話レベルの英語スキル
募集職種名【常勤】都市開発ディレクター
業務内容・都市計画事業未来開発本部長の業務サポート全般(資料作成、代理交渉、各所との調整業務など)
・本部長の業務に関係する市場調査、競合分析等のマーケティング調査
・各部署(プロジェクト)と連携する際の調整
・プロジェクト進行に関するフォローアップ・通訳・翻訳業務
応募資格・多様なステークホルダーの関わるプロジェクトをディレクションした経験
・経営者や役員のアシスタント経験、もしくはサポートを行う立場でプロジェクトに従事した経験
・ビジネス会話レベルの英語スキル

株式会社岩手ホテルアンドリゾート 都市計画事業未来開発本部長
兼 ハロウインターナショナルスクール安比ジャパン スクールアンバサダー PENNY LUO(ペニー・ルオ)氏 コメント

今回募集する「都市開発プロデューサー」は、岩手ホテルアンドリゾートの「未来開発部」に所属する仕事です。「未来開発部」は、「安比バレー構想プロジェクト」の発表とともに発足した新たな部門で、レジデンシャル、ハロウ安比校やホテルの建設など、安比高原エリアの不動産開発すべてに携わっている部署です。今回の「安比バレー構想プロジェクト」は、グローバル市民が集まる街をつくる日本で初めてのプロジェクトで、安比高原や岩手県にとどまらず、日本全体に変革を起こすきっかけになる先進的なものです。実現するのは簡単なことではないですが、だからこそやりがいや醍醐味も大きいと感じています。

現在、世界中から面白い人材がこのプロジェクトにどんどん集まりつつあります。日本を変えたい、日本が世界に誇れる街づくりをしたい。そのような思いを持つ方は、ぜひ一緒にチャレンジしましょう。プロフェッショナル人材の皆様のご応募をお待ちしています。

株式会社ビズリーチ 代表取締役社長  ビズリーチ事業部 事業部長 酒井 哲也 コメント

「安比バレー構想プロジェクト」の即戦力人材公募の第1弾として募集した「戦略立案ディレクター」は、ビズリーチを通じてプロフェッショナル人材の採用が決定し、今秋からの就任を予定しており、活躍が期待されています。

今回の公募では、類をみない規模で進んでいる「安比バレー構想プロジェクト」で、グローバルな街づくりに携わることができます。コロナ禍の影響による訪日外国人の減少や、地方における人口減少などさまざまな問題がありますが、社会の課題とも向き合いながら新たなプロジェクトに関われることは、ビジネスプロフェッショナルにとって貴重な経験になることでしょう。自律的なキャリア形成が求められるなかで、自身のキャリアのハイライトになる経験を得るために、副業・兼業で本プロジェクトに関われることは有益なことです。

ビズリーチは今後も、ビジネスプロフェッショナルの皆様が、自律的なキャリアを形成するための選択肢と可能性を提供いたします。

即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」について

ビズリーチは企業と求職者が直接やりとりできるプラットフォームがなかった人材業界において、人材データベースを企業に開放することで採用市場を可視化しました。また、企業が求職者へ自らアプローチできるプラットフォームを提供することで、企業が必要としている人材を採用するために、あらゆる手段を主体的に考え、能動的に実行する採用活動「ダイレクトリクルーティング」を推進し、優秀な人材のスピーディーな採用をご支援しています。また、求職者も今まで知りえなかった企業からアプローチを受けることで、キャリアの選択肢と可能性を最大化することが可能です。
URL:求職者向け https://www.bizreach.jp/
   企業向け https://bizreach.biz/service/bizreach/

株式会社ビズリーチについて

「すべての人が『自分の可能性』を信じられる社会をつくる」をミッションとし、2009年4月より、働き方の未来を支えるさまざまなインターネットサービスを運営。東京本社のほか、大阪、名古屋、福岡、静岡、広島に拠点を持つ。即戦力人材と企業をつなぐ転職サイト「ビズリーチ」、人財活用プラットフォーム「HRMOS(ハーモス)」シリーズ、挑戦する20代の転職サイト「キャリトレ」、OB/OG訪問ネットワークサービス「ビズリーチ・キャンパス」を展開。2020年2月、グループ経営体制への移行にともなって誕生したVisionalグループにおいて、主にHR TechのプラットフォームやSaaS事業を担う。
URL:https://www.bizreach.co.jp/

Visionalについて

「新しい可能性を、次々と。」をグループミッションとし、HR Tech領域を中心に、産業のデジタルトランスフォーメーション(DX)を推進するさまざまな事業を展開。「ビズリーチ」をはじめとした採用プラットフォームや、人財活用プラットフォーム「HRMOS」シリーズを中心に、企業の人材活用・人材戦略(HCM)エコシステムの構築を目指す。また、M&A、物流Tech、サイバーセキュリティ、Sales Techの領域においても、新規事業を次々に立ち上げている。
URL:https://www.visional.inc/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る