ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 中小企業DX推進|倉庫管理システムの「ci.Himalayas/X」等、IT導入補助金2022に認定

中小企業DX推進|倉庫管理システムの「ci.Himalayas/X」等、IT導入補助金2022に認定

掲載日:2022年09月12日

株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長兼CEO:小野崎伸彦)は、この度、経済産業省が実施する『IT導入補助金2022(サービス等生産性向上IT導入支援事業)』のITツールとして、WMS(倉庫管理システム、以下WMS)「ci.Himalayas/X」と音声システム「ci.Superior/LISWORK」、音声種まき仕分けシステム「ci.Superior/LISSORT」が登録認定されたことをお知らせいたします。

すでに認定されているWMS「ci.Himalayas/R2」と合わせ、計4つのITツールが登録されました。これにより、中小企業・小規模事業者が補助事業者として採択された場合は、費用の1/2(最大150万円)の補助金を受けることが可能になります。

シーネットでは、ITツールを通じて中小企業様のDX推進をサポート、システム連携による業務改善を提案しています。

詳細ページ:https://www.cross-docking.com/it-hojo/
 

クラウド型WMS「ci.Himalayas/R2」

ci.Himalayas/R2は、幅広い業界に対応したクラウド型のWMSです。物流一筋30年の経験で培った経験やお客様の声を反映し作り上げ、*10年連続WMSパッケージシェアNo.1を獲得しております。入庫・出庫・在庫・棚卸・請求など、倉庫管理に必用な機能が、標準で210以上搭載、柔軟なカスタマイズ性も備えており、お客様ごとの異なるご要望にお応えすることが可能です。
商品詳細ページ :https://www.cross-docking.com/service/wms-standard/
 

流通WMS「ci.Himalayas/X

ci.Himalayas/Xは、シーネットの標準パッケージに、食品・流通通事業向けの機能を多数加えた流通WMSです。食品関連のメーカー、小売業・卸業・フードサービス業・3PL業者を対象としております。

音声認識システム「ci.Superior/LISWORK」

ci.Superior/LISWORKは、 物流・製造現場でのハンズフリー・アイズフリーでの作業を可能にし、入荷検品、出荷検品、ピッキング や棚卸、検査・点検などの倉庫・工場内作業において、作業精度の向上を実現いたします。
商品詳細ページ :https://www.cross-docking.com/service/voice-system/

音声種まき仕分けシステム「ci.Superior/LISSORT」

ci.Superior/LISSORTは、音声指示と入力ですばやく種まき仕分けを行い、作業効率化を実現するパッケージです。作業完了と同時に次のまき先指示がガイダンスされることにより、無駄なくスピーディーな作業が可能となります。
商品詳細ページ :https://www.cross-docking.com/service/voice-standard-scene0/

IT導入補助金2022について

IT導入補助金とは、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を支援する目的で、自社の課題に合ったITツール (ソフトウエアやサービス等)を導入する際に、対象経費の一部が補助される制度です。今回シーネットが採択された通常枠では、補助率1/2以内、最大150万円までが補助されます。

公式ホームページ https://www.it-hojo.jp/

■申請スケジュール
・5次締切分
締切日 :9月5日(月)17:00
交付決定日:10月6日(木)(予定)

・6次締切分
締切日 :10月3日(月)17:00予定
交付決定日:11月4日(金)(予定)

■補助金対象者
中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)、小規模事業者

■補助対象経費
ソフトウェア・クラウド利用費(12か月分)・導入関連費用等

■補助金の上限額・下限額・補助率
補助対象経費の1/2以内(下限額30万円 上限額150万円)

背景と目標

中小物流企業の中には、DX推進のきっかけがつかめない企業や、すでに何らかのITツールを導入しているが、基盤ができていない企業も多くみられます。シーネットでは、WMSを基盤としたシステム構築をスモールスタートすることで、DX・業務改善のきっかけを作っていただきたいと考え、支援事業者として多くの課題に応えられるようITツールを追加登録いたしました。今後も、パートナーとして、物流企業様の生産性向上のため、支援の継続強化に努めていきます。

株式会社シーネットについて

シーネットは、1992年の創業以来、物流一筋にシステム化による業務効率化と品質向上に取り組んできた、倉庫管理システムのパイオニアです。「現場をITで気持ち良くする」を企業理念に掲げ、営業・開発・サポートまで、プロジェクトに携わる関係者全員がそれぞれの視点で物流の現場を熟知し、物流現場が抱える課題に最適解を提示しています。2011年から10年連続でWMSパッケージ出荷金額No. 1*を達成。現在は、物流システムサービスインテグレーションを通じ、多様な企業の物流戦略をサポートしています。
*デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社『ワークスタイル多様化で拡大する基幹業務パッケージソフト(ERP)の市場展望2021年度版 https://mic-r.co.jp/mr/02090/

所在地 : 千葉県船橋市本町4丁目41番地19号
設立    : 平成4年1月10日     

URL  :  https://www.cross-docking.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る