ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 現場の進捗管理ツール「i-Repo Project」リリース|現場帳票アプリと連携可能

現場の進捗管理ツール「i-Repo Project」リリース|現場帳票アプリと連携可能

掲載日:2022年09月12日

「現場帳票」ペーパーレスソリューション「 i-Reporter」を提供する株式会社シムトップス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:水野 貴司)は、2022年8月31日に、シェアNo.1(※1)の電子帳票システム「i-Reporter」と密連携できる進捗コミュニケーションツール「i-Repo Project」をリリース致します。

i-Repo Projectとは?

i-Repo Project は、進捗管理ツール「nXProjectHub」を継承する新しい製品です。
i-Reporter とのシームレスな連携により、作業プロセスの進捗状況をリアルタイムに可視化できます。
 

i-Repo Projectの機能・特徴

①    プロジェクト(作業フロー)の登録・案件登録
└お客様ごとに固有の作業フローも簡単に定義できます。
案件の登録も直観的な操作で、どなたでもかんたんに実施頂けます。

②    スケジュール作成・作業指示
└スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスで時間や場所を選ばず、いつでもどこでも作業指示を確認できます。

③    現場作業実行
└作業の開始・終了をスマートデバイスで、手軽にすばやく報告できます。

④    作業実績・報告書作成
└帳票作成などの成果物はi-Reporter連携によりペーパーレスで報告できます。

⑤    進捗管理
└用途に応じた3つの可視化ビュー(オーダーリスト・ガントチャート・進捗かんばん)により未着手・着手・完了の現場作業進捗の”いま”をリアルタイムで確認できます。

⑥    電子帳票の自動発行と、進捗の自動登録が可能
└i-Repo Projectで計画した作業指示情報からi-Reporter帳票を自動で発行できます。
└i-Reporter帳票の保存と同時にi-Repo Project上の進捗が自動で推移するなどのシームレスな連携が可能なため、現場報告業務の効率化が可能です。

⑦    豊富な他システムとの連
└APIやWebhookなど多彩な入出力インターフェースにより、外部のシステムやチャットやメールなどと連携でき、柔軟かつ強力なデジタルコミュニケーションを実現します。

i-Repo Projectは「i-Reporter」と密な連携が可能なため、帳票と作業フローが密接に関連する品質検査や点検業務などの紙の現場帳票が乱立する進捗管理の分野で、ペーパーレス化と進捗管理のデジタル化を実現することができます。
i-Repo Projectだけ(i-Reporterなしでの進捗管理)でのご利用も可能です。

▼「i-Repo Project」サイトはこちら
https://project.i-reporter.jp/

▼こんな企業様にオススメです
表計算ソフトや紙を使用した管理業務に限界を感じている企業様。
(管理業務の例)
・作業日程の計画立案
・作業指示
・進捗確認

今後とも、2,946社、137,169(2022年7月末現在)を超えるユーザーの皆様に、より一層の生産性向上や利便性の高い体験をお届けできるよう、今後も他にはないユニークで強力なi-Reporterファミリー製品をお届けして参ります。

i-Reporterについて

i-Reporterは、DXの入口、簡単 IoT、帳票とAIをキーワードに現場データのデジタル化とDX推進のためのペーパーレスソリューションを提供しております。
製造業、フィールドサービス、建築・建設をはじめ、2,946社、137,169ユーザー(2022年7月末現在)の方々にあらゆる業種、業務で利用いただいております「現場帳票」ペーパーレス ソリューション市場 シェアNo.1の製品・サービスです。(※1)

◆紙やExcelの帳票をそのままのレイアウトでタブレットに取り込み、ペーパーレス化を実現
◆現場入力データがリアルタイムでデジタル化され、データの2重入力を防ぎ情報活用、共有が迅速に
◆外付けデバイス、IoTやPLC、既存システムとのデータ連携によりトレーサビリティーの高いエビデンスが可能
◆音声入力によるハンズフリーを実現し、作業と入力を並行可能に
◆入力データをAI 連携し、分析、解析結果をエビデンス化
◆従来のオンプレミスとクラウドのどちらも利用可能

▼製品サイトはこちら
https://i-Reporter.jp/

株式会社シムトップスについて

会社名:株式会社シムトップス
本社所在地住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル10階
代表者名 :代表取締役社長 水野 貴司
設立年月日: 1991年10月1日
資本金:1千6百5十万円
売上高:15億2千百万円(2021年度売上)
従業員数:計56名(2022.3末時点)

<事業内容> 
個別受注生産向け生産スケジューラ、生産管理システムDIRECTORの開発/販売
「現場帳票」ペーパーレス ソリューション  i-Reporterの開発/販売
BOPプロセスエディタ MPPCreatorの開発/販売

シムトップスは、1991年に国産生産スケジューラ専門会社の草分けとして誕生しました。
多くのお客様での生産スケジューリングや工程管理システムの構築、運用を通して得たノウハウを製品にフィードバックしながら、製造現場で使える生産スケジューラ、工程管理システム、IoTデータ収集ソリューション、iPad、iPhone、Windows「現場帳票」ペーパーレス ソリューションなど真に現場で使えるパッケージ製品を開発しています。

▼企業サイトはこちら
https://www.cimtops.co.jp/


※1出典:富士キメラ総研 2021年2月調査「After/Withコロナで加速するニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場 現場帳票ペーパーレス化ソリューション 市場占有率36.8%(2019年度実績)

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る