ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 最大2分の1の補助金|現場DXプラットフォーム・i-Reporter、「IT導入補助金2022」の対象に

最大2分の1の補助金|現場DXプラットフォーム・i-Reporter、「IT導入補助金2022」の対象に

掲載日:2022年08月04日

株式会社シムトップス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:水野貴司)の提供する「i-Reporter」が経済産業省が推進する「IT導入補助金2022」の対象ツールとして採択されました。
これにより「i-Reporter」を導入の際、補助対象となる中小企業・小規模事業者様は導入費用の最大2分の1の補助金を申請することが可能となります。

概要

IT導入補助金は、中小企業・小規模事業者等の生産性向上を目的に、ITツール導入経費の一部を国が補助する事業で、IT導入支援事業者が提供する『登録されたITツールのみ』が対象となります。


この度、シムトップスが提供する現場DXプラットフォーム「i-Reporter」は、「IT導入補助金2022」のIT導入支援事業者および、対象ITツールに採択されました。

補助対象となる中小企業・小規模事業者が『i-Reporter』を導入する場合、最大で導入費用の1/2の補助金交付を申請することが可能です。

今後、弊社ではIT導入補助金の対象ツールへの申請を毎年行う予定です。
補助金を活用したi-Reporterのご提案 / 導入検討に関して、ご不明な点がございましたら是非お問い合わせください。
※弊社でのIT補助金の申請 / サポートは行っておりません。
i-Reporter販売代理店様での実施をお願いしております。補助金を使った「i-Reporter」導入検討 / ご相談は弊社担当窓口までご連絡頂けますと幸いです。

【代理店様へのお知らせ】

i-ReporterのITツール登録申請の方法について、ご不明点や確認事項がございましたら是非お問い合わせ頂けますと幸いです。
IT導入補助金の申請を支援できる協力会社のご紹介も可能です。
 

弊社窓口連絡先

株式会社シムトップス
マーケティング&カスタマーサクセス部門
IT導入補助金相談窓口
marketing@cimtops.co.jp

対象ツールの登録詳細

【補助金申請可能な区分】
<対象業種>

  1. 建設・土木業向け
  2. 製造業向け
  3. 情報サービス業向け
  4. 卸売業向け
  5. 小売業向け
  6. 専門・技術サービス業向け
  7. 飲食業向け
  8. 上記のいずれにも分類されない業種向け

※注意事項
製造業特化の機能があるツールとして登録していますので、
製造業以外では採択されづらい可能性があることはご了承ください。

<申請区分>
製P-06
⑥ 業種固有プロセス

  1. 品質管理(品質検証「部品・完成品」、品質改善「生産プロセス」、トレーサビリティ、外注先評価) 
  2.  製造工程管理(製造指示、指示書、納期管理、ロット管理)
  3. 製造管理(作業進捗、作業日報、安全管理、MES) 
  4. 製造設備管理(稼働状況、設備保全) 
  5. 生産管理(生産計画立案、工程計画、資材所要量計算)
  6.  CAD、CAM、CAE  
  7. 部品表(BOM)・配合表(食品加工)、コスト計算、原価計算
  8. プリプレスツール:組版、デザインツール、工程管理・品質管理

<補助金額>

  • 30万~150万円未満
  • ※補助率:1/2以内
  • ※A類型での申請が可能です。


補助金の内容や区分説明などに関しては、IT導入補助金公式サイトをご確認ください。
IT導入補助金公式サイト:https://www.it-hojo.jp/
 

i-Reporterについて

ConMas i-Reporterは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の入口、簡単 IoT、帳票とAIをキーワードに現場データのデジタル化とDX推進のためのペーパーレスソリューションを提供しております。
製造業、フィールドサービス、建築・建設をはじめ、2,912社、136,437超のユーザー(2022年6月末現在)にあらゆる業種、業務で利用いただいております「現場帳票」ペーパーレス ソリューション市場 シェアNo.1の製品・サービスです。(※1)

  1. 紙やExcelの帳票をそのままのレイアウトでタブレットに取り込み、ペーパーレス化を実現
  2. 現場入力データがリアルタイムでデジタル化され、データの2重入力を防ぎ情報活用、共有が迅速に
  3. IoT機器やPLC、既存システムとのデータ連携によりトレーサビリティーの高いエビデンスが可能
  4. 音声入力によるハンズフリーを実現し、作業と入力を並行可能に
  5. 入力データをAI 連携し、分析、解析結果をエビデンス化
  6. 従来のオンプレミスとクラウドのどちらも利用可能


【製品サイトURL】
https://i-Reporter.jp/
 

株式会社シムトップスについて

会社名:株式会社シムトップス
本社所在地住所:〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル10F
代表者名 :代表取締役社長 水野 貴司
設立年月日: 1991年10月1日
資本金:1千6百5十万円
売上高:15億2千百万円(2021年度売上)
従業員数:計56名(2022.3末時点)

<事業内容> 

  1. 個別受注生産向け生産スケジューラ、生産管理システムDIRECTORの開発/販売
  2. 「現場帳票」ペーパーレス ソリューション  i-Reporterの開発/販売
  3. BOPプロセスエディタ MPPCreatorの開発/販売

シムトップスは、1991年に国産生産スケジューラ専門会社の草分けとして誕生しました。
多くのお客様での生産スケジューリングや工程管理システムの構築、運用を通して得たノウハウを製品にフィードバックしながら、製造現場で使える生産スケジューラ、工程管理システム、IoTデータ収集ソリューション、iPad、iPhone、Windows「現場帳票」ペーパーレス ソリューションなど真に現場で使えるパッケージ製品を開発しています。

▼企業サイトはこちら
https://www.cimtops.co.jp/

※1出典:富士キメラ総研 2021年2月調査「After/Withコロナで加速するニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場 現場帳票ペーパーレス化ソリューション 市場占有率36.8%(2019年度実績)

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る