ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 建設機械レンタルのニッケン「BtoBプラットフォーム請求書」採用|デジタル化でSDGs

建設機械レンタルのニッケン「BtoBプラットフォーム請求書」採用|デジタル化でSDGs

掲載日:2022年08月22日

BtoBビジネスを革新する信頼のリーディングカンパニーを目指す、株式会社インフォマート(本社:東京都港区 代表取締役社長:中島 健、以下「当社」)は、当社が提供する「BtoBプラットフォーム 請求書」が、株式会社レンタルのニッケン(本社:東京都千代田区 代表取締役社長:南岡 正剛、以下「レンタルのニッケン」)に採用されたことをお知らせいたします。

導入の背景

レンタルのニッケンでは、2030年に向けた長期ビジョンとして「レンタルで循環型社会に貢献」を掲げ、SDGsを通じた地域・社会への貢献を目指し、各目標に取り組んでいます。今般、これらを達成するための一つとして、請求書のペーパーレス化を検討していました。

複数のクラウドサービスを比較検討した結果、利用ユーザー数の多さや、受け取っている請求書のデジタル化も視野に入れ、「BtoBプラットフォーム 請求書」の導入に至りました。

レンタルのニッケン ご担当者様からのコメント

現在、弊社では毎月50,000通を超える請求書を発行しておりますが、少しでも多くのお客様に「BtoBプラットフォーム 請求書」をご利用いただけるように取り組んでまいります。

また、請求書に留まらず、今後も当社ではあらゆるペーパーレス化を推進することにより、循環型社会の実現に貢献してまいります。

「BtoBプラットフォーム 請求書」について

「発行する請求書」だけでなく「受け取る請求書」「支払金額の通知」など、多様な請求業務のデジタル化に対応可能な国内シェアNo.1(※1)請求書クラウドサービスです。時間・コスト・手間のかかる請求業務を大幅に改善し、ペーパーレス化、経理のテレワークの実現を後押しします。

電子帳簿保存法に対応(※2)、そして2023年のインボイス制度に向けたデジタルインボイスの標準規格にも対応予定です。(2022年7月現在で約75万社が利用しています。)

 URL:https://www.infomart.co.jp/seikyu/

(※1)2021年度 東京商工リサーチ調べ:
     https://corp.infomart.co.jp/news/detail.html?itemid=1162
(※2)JIIMA 「電子取引ソフト法的要件認証制度」認証取得済:
     https://www.jiima.or.jp/certification/denshitorihiki/list/

会社概要

レンタルのニッケン

会社名:株式会社レンタルのニッケン
代表者:代表取締役社長 南岡 正剛
本社所在地:東京都千代田区永田町2-14-2山王グランドビル
設立:1967年7月
資本金:12憶2,500万円
事業内容:土木・建築・産業関連機械を中心としたレンタル、
     自社商品開発・製造・販売・修理
従業員数:3,118名(2022年3月末日現在)
URL:https://www.rental.co.jp/

インフォマート

会社名:株式会社インフォマート(東証プライム市場:2492)
代表者:代表取締役社長 中島 健
本社所在地:東京都港区海岸1-2-3 汐留芝離宮ビルディング13階
設立:1998年2月13日
資本金:32億1,251万円
事業内容:BtoB(企業間電子商取引)プラットフォームの運営
従業員数:633名(2022年3月末現在)
URL:https://www.infomart.co.jp/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る