ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス i-Rental 注文アプリ導入で建設用レンタルの営業DX加速|アクトワンヤマイチ

i-Rental 注文アプリ導入で建設用レンタルの営業DX加速|アクトワンヤマイチ

掲載日:2022年07月04日

SORABITO株式会社(代表取締役:青木隆幸、本社:東京都中央区)は、建設用軽仮設機材レンタル事業を全国17拠点で展開する株式会社アクトワンヤマイチ(代表取締役:渡邊 建三、本社:大阪府大阪市)に、建設会社・建機レンタル会社向けオンラインレンタルアプリを作成できるSaaS型プロダクト「i-Rental 注文アプリ」を導入したことをお知らせいたします。なお、同業のレンタル会社に機材を貸し出す「卸レンタル」専業企業では初の導入となります。

アクトワンヤマイチ様画面イメージアクトワンヤマイチ様画面イメージ

建設用レンタル業界の営業DXを加速する「i-Rental 注文アプリ」

「i-Rental 注文アプリ」(以下「注文アプリ」)は、建設機械や建設用軽仮設機材などを扱うレンタル会社が自社専用のお客様向けアプリを作成できるSaaS型プロダクトです。貸出・返却注文機能をはじめ、注文の手配状況やレンタル品の稼働状況の管理、顧客属性に応じた情報配信機能を通じて、オンラインレンタルという新たな顧客体験を提供するDXサービスになります。ご利用いただくレンタル会社は業務効率化で生まれた時間を新規顧客の開拓や既存顧客とのリレーション構築など、付加価値の高い活動にフォーカスできるメリットを享受いただけます。

i-Rental 注文アプリの詳細/新機能のリリースについて
https://www.sorabito.com/service.htmlhttps://www.sorabito.com/220413/design-update

アクトワンヤマイチ様の導入に合わせて、お客様向け注文アプリのパソコン版をリリース

この度、建設用軽仮設機材レンタル事業を全国17拠点で展開するアクトワンヤマイチ様に「注文アプリ」を導入いただき、同社のDX(デジタルトランスフォーメーション)の推進をサポートさせていただくことになりました。また、今回の導入にあわせて、パソコンからのご利用が多い同社のお客様の利便性を高めるべく、お客様向け注文アプリのパソコン版をリリースしました。パソコンの特性である横幅を活かし、情報の全量感と視認性を重視したデザインであり、スマートフォン版と異なりスクロールせずとも情報を把握しやすく、また大量注文などのアクションを容易にできるように設計しております。

なお、アクトワンヤマイチ様のお客様へのサービス提供は本年3月から関西営業所で開始しておりますが、7月以降に仙台営業所、名古屋営業所でも順次開始し、お客様の声を聞きながら全国の営業所での展開を目指してまいります。

今回の導入決定にあたり、アクトワンヤマイチの中部・関西営業部 岡田 様から、導入の目的や導入後の期待についてコメントをいただきました。
「お客様とのレンタルに関するやりとりでは、『注文したくても電話がつながらない、電話では注文の抜け漏れに気付きづらい、伝達ミスが起きても原因が分からない』といった課題が生じていました。今回、i-Rental 注文アプリを導入することで、当社における注文受付業務の改善に加えて、お客様には、社内外を問わず商品を検索しながら注文できることや、注文状況の可視化といった新たな利便性を提供できるようになります。より多くのお客様に新しいサービスをご活用いただけるよう、尽力してまいりたいと思います。」

株式会社アクトワンヤマイチについて

本社所在地:大阪府大阪市北区堂島浜1丁目4番19号 マニュライフプレイス堂島8階
設立:1971年7月
代表者:代表取締役 渡邊 建三
事業内容:建設用軽仮設機材のレンタル
WEBサイト:http://www.act-1.co.jp/index.html

SORABITO株式会社について

SORABITOは、「建設のあらゆる『現場』をスマートに」をビジョンに掲げ、建設現場に必要な資機材の調達・稼働管理を最適化するサービスを開発・提供している企業です。代表的なサービスとして、建設機械レンタル業界の営業DXを支援するSaaS「i-Rental 注文アプリ」があり、規模や地域に関わらず様々なレンタル企業での導入が進んでいます。
社名:SORABITO株式会社
代表者:代表取締役 青木 隆幸
本社所在地:東京都中央区日本橋茅場町1丁目9番2号
設立:2014年5月12日
URL: https://www.sorabito.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る