ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス スパイダープラス、ポータルサイト『S+Study』運用開始|ユーザーサポート強化

スパイダープラス、ポータルサイト『S+Study』運用開始|ユーザーサポート強化

掲載日:2022年08月12日

スパイダープラス株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長:伊藤謙自、証券コード:4192 東証グロース)は、本日7月25日(月)に『SPIDERPLUS』既存ユーザーを対象としてポータルサイト『S+Study(スパイダープラススタディ)』の運用を開始いたしました。
『S+Study』は、時間や場所の制約を受けずに利用できる、新たな形のサポートの場です。これまではサポートセンターへの問い合わせやカスタマーサクセス部門による勉強会等による人的サポートが中心でしたが、『S+Study』の活用によって、今後はユーザー自身が疑問をセルフサービス型で解決することができます。サポートセンターやカスタマーサクセス部門による支援も、もちろんこれまで同様に継続してまいります。

スパイダープラスでは、2011年9月のサービス提供開始以来、ユーザーをカスタマーサポート、カスタマーサクセスの2軸で支えることにより、継続率99%超を保持してまいりました。

従来の人的サポートに加え、ポータルサイトというユーザーサポートのチャネルを新たに設けることにより、ユーザーに対して提供する最新情報の平準化、時間や場所の制限を受けずに問題を解決できる機会の提供をすることによって「SPIDERPLUSを使って働く喜び」の増進を目指します。

今後とも弊社の報道に、より一層のご配慮を賜りたくお願い申し上げます。

特徴

  • 最新情報、マニュアル、動画、勉強会など、SPIDEPRLUSに関する情報をひとつの場所に集約
  • SPIDERPLUSの基本操作や活用法について、空いた時間にいつでも学習できる
  • 将来、ユーザー同士が教え合うコミュニティ機能を実装することも検討中

 スパイダープラスのカスタマーサクセス担当者は次のように話します。
「ポータルサイトで情報をいつでも参照できることから、操作説明会などに限らず、安定した質の情報を届けることが可能になると考えています。将来的にはコミュニティ機能や、ユーザー様をお招きしたイベントの開催も企画したいと考えています。ポータルサイトが単なるマニュアルの代わりを超えて、総合的なSPIDERPLUS活用や、SPIDERPLUSを使って働く喜びを大きく育てていく場になっていくことを見据え、今後は人的な顧客対応にもさらに誠心誠意取り組んでいきたいと考えています。」

ポータルサイト『S+Study(スパイダープラススタディ)』概要

運用開始日:2022年7月25日(月) 

会社概要

会社名:      スパイダープラス株式会社
代表者:      代表取締役社長 伊藤 謙自
本社所在地:    〒105-0001 東京都港区虎ノ門2丁目2番1号 住友不動産虎ノ門タワー 27階  
設立年月:     2000年2月
事業内容:     建築図面・現場管理アプリ「SPIDERPLUS」の開発・販売
公式サイト:    https://spiderplus.co.jp/
プロダクトサイト: https://spider-plus.com/

SPIDERPLUSとは

現場作業の中で抱いたふとした疑問から、たくさんの紙や持ち帰り仕事の多い現場にITの力を投入することを思い立ち、自社で開発した建設DXサービス『SPIDERPLUS(スパイダープラス)』を提供開始。
2022年4月現在、日本全国1,200社超、50,000以上のユーザーの間で導入されています。
現場生まれのサービスだからこそ、日々の仕事をITの力でラクにするお手伝いを実現いたします。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る