ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス クラウド工事写真アプリが電波の届かない現場に対応|活用範囲広がる

クラウド工事写真アプリが電波の届かない現場に対応|活用範囲広がる

掲載日:2022年08月08日

クラウド工事写真アプリ「ミライ工事」を提供する株式会社ミライ工事:代表取締役社長 神山 庸、以下:当社)は、電波の届かない環境でも工事写真台帳をスマートフォンアプリで作成・編集ができる「クラウド同期OFF機能」をリリースしたことをお知らせいたします。

リリースの背景 

当社が提供する「ミライ工事」は、スマートフォンなどのモバイル端末で工事写真の撮影、台帳の編集を行うアプリです。アプリで撮影した写真は通信環境が良ければ即座にアップロードされ、共有されます。 しかしながら、工事現場は必ずしも通信環境が良い場所であるとは限りません。モバイルの特性上、クラウドにアップロードして即座に関係者で共有できることは大きなメリットである一方、電波が届かないところでの利用はどうすればよいのか、疑問に思われる方や、既にお使いのサービスでご不便を感じている方も多い現状があります。 このような課題を解決できるよう、当社では、電波の届かない環境でも台帳を作成できる「クラウド同期OFF機能」を開発し、より現場に寄り添ったユーザーファーストのアプリとして、このたびリリースをいたしました。 

 クラウド同期OFF機能の操作概要3ステップ 

  • 電波が届かない現場で利用する事前準備として台帳データをモバイルにダウンロード 
  • クラウド同期をOFFにして、現場では電波を気にせず写真を撮影、台帳編集 
  • 電波の良い場所でクラウドにアップロード

クラウド同期OFF機能を使えば、 電波の悪いところでは使えないというクラウドサービスの悩みが解消されます。 通常のクラウド操作と同じように工事写真台帳を作成できます。  

今後の展望 

世界に誇る日本の建設技術は多くの間接業務に支えられています。膜構造建築の現場からスタートした当社だからこその、“現場に寄り添う” テクノロジーで間接業務を限りなくゼロにして、現場に関わるすべての人の生活をより良いものにしていきます。 

『ミライ工事』サービス概要 

・スマートフォンやタブレットのみで操作が完結するアプリです。台帳をその場で作成、編集可能です。 
・離れた場所でリアルタイムに進捗管理できます。 
・電波がなくても利用可能。オフラインモード/クラウド同期OFF機能を搭載しています。 

『ミライ工事』はクラウドサービスなので、写真データを移動させる手間がありません。クラウドを介した共同編集では、報告書作成までのリードタイムが短縮され、リアルタイムに進捗管理が可能になります。文字は大きく見やすく。入力履歴を最大限活用することで、煩わしい電子黒板の編集を簡潔にします。電波の通じない現場にも対応しており、いつでもどこでも撮影と報告書作成が可能です。現場毎のトーク機能でメッセージやファイルも共有できます。 

会社概要 

株式会社ミライ工事 
所在地:〒154-0043 東京都目黒区東山3-16-19 
代表取締役社長:神山 庸 
URL:https://www.miraikoji.com/company/ 

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る