ホーム テーマ DX推進 デジタルツイン・メタバース THETA 360、原状回復工事のバーチャルツアーで活用|REMODELAで業務効率化

THETA 360、原状回復工事のバーチャルツアーで活用|REMODELAで業務効率化

掲載日:2022年08月05日

株式会社リコー(社長執行役員:山下 良則)が提供するバーチャルツアー作成サービス「THETA 360.biz」が、REMODELA株式会社 (代表取締役社長:福本 拓磨)で採用されました。本サービスの導入により、現場の360°画像と受発注に関する情報を一つのデータとして一元管理でき、さらにバーチャルツアー作成工数が大幅に改善したというREMODELA株式会社の事例をご紹介します。現場の物件をバーチャルツアーにすることで、工事個所を正確に説明でき、自宅やオフィスからオンラインで確認することが可能となります。リコーはバーチャルツアー作成サービス「THETA 360.biz」導入による不動産業界の業務効率化に貢献します。

REMODELA株式会社の導入事例

詳しいインタビュー内容はこちら
導入事例URL: https://www.theta360.biz/cases/2846/

記事の概要

【導入の背景】

  • 日々の業務の中で、電話やFAXでのやり取りが中心のアナログな仕事の進め方に不満と課題を感じていた。例えば リフォームをする場合、電話やFAXでのやり取りでは、情報不足により再度現場を確認する必要が生じ、余計な時間と手間が発生していた。
  • そこで、バーチャルツアーの活用を検討。360°画像にピンポイントでアノテーション(注釈)を付けられるので、現場に行かずとも、工事箇所を正確に説明でき非常に有効と考えた。
  • 現場の360°画像と受発注に関する情報を一つのデータとして管理していくことで、これらのリフォームに関する課題を解決したいという思いが「リモデラ原状回復」のスタートのきっかけとなった。

【THETA 360.biz導入後の効果】

  • 以前、他社のサービスを利用していた際は画面遷移が煩雑で、1物件のバーチャルツアーを作成するのに30分〜60分程度の時間がかかっていた。使いやすさを重視しTHETA360.bizに移行した結果、バーチャルツアー登録まで現場で5分〜10程度で完結できるようになり作業時間が1/5~1/10に大幅に削減された。
  • 不動産管理会社様から「リフォーム後のバーチャルツアーを、そのまま募集用にも活用させていただけないか」という声を頂戴し、依頼をいただいたお客様にはバーチャルツアーのView URLを提供しており、募集用のコンテンツ作成の手間作成にも貢献している。

「THETA 360.biz」とは

「THETA 360.biz」は、360°カメラ「RICOH THETA」とインターネットに接続されたパソコンまたはスマートフォンがあれば、すぐにでもバーチャルツアーを作成可能なWebサービスです。サービス開始以降、様々なお客様にご活用いただき、業種・業界問わず約10,000社に導入されています。
バーチャルツアーをご利用いただくことで、直接お客様に施設や商品をご案内できない場合でも、メールやソーシャルネットワークサービス(SNS)でのURL送付、Web会議システムでお客様と一緒にバーチャルツアーを見ながらのご相談など様々な方法で紹介が可能となります。
「THETA 360.biz」について  https://www.theta360.biz/
「THETA 360.biz」フリープラン登録はこちら https://signup.theta360.biz/entry
お問い合わせ:https://lp.theta360.biz/contact

※記載の会社名、製品名、サービス名は、各社の商号、商標または登録商標です。

リコーグループについて

リコーグループは、お客様のデジタル変革を支援し、そのビジネスを成功に導くデジタルサービス、印刷および画像ソリューションなどを世界約200の国と地域で提供しています(2022年3月期グループ連結売上高1兆7,585億円)。

imagine. change. 創業以来85年以上にわたり、お客様の“はたらく”に寄り添ってきた私たちは、これからもリーディングカンパニーとして、“はたらく”の未来を想像し、ワークプレイスの変革を通じて、人々の生活の質の向上、さらには持続可能な社会の実現に貢献してまいります。

詳しい情報は、こちらをご覧ください。
https://jp.ricoh.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

デジタルツイン・メタバース の人気記事

もっと見る