期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース MRで3Dモデル重畳|濃度調整サングラス型アクセサリTrimble HoloTint登場

MRで3Dモデル重畳|濃度調整サングラス型アクセサリTrimble HoloTint登場

掲載日:

2022年7月12日、測量・測位ソリューションの開発・製造・販売を行う株式会社ニコン・トリンブル(本社:東京都大田区、代表取締役社長兼CEO:丹澤孝)は、複合現実(Mixed Reality)の活用を推進するMicrosoft社のHoloLens 2並びにTrimble XR10専用のサングラス型アクセサリ『Trimble HoloTint(トリンブル ホロティント)』の国内販売を開始いたします。

まぶしさをカットし画面の視認性を向上させるTrimble HoloTint

Trimble HoloTintは調光レンズを採用したTrimble XR10ならびにHoloLens 2専用アクセサリです。
現実空間中にデジタルのコンテンツを重ね合わせて表示するTrimble XR10やHoloLens 2はシースルーホログラフィックレンズを使用している為、周りの明るさの影響を大きく受けデジタルコンテンツが見えづらくなる場合がありました。Trimbleでは周辺環境の紫外線量を感知し明るさを調整する調光レンズをサングラス型アクセサリTrimble HoloTintに採用することで、環境に依存しないストレスフリーなデバイス利用を実現します。

周辺の紫外線量に応じて明るさを調整するTrimble HoloTint周辺の紫外線量に応じて明るさを調整するTrimble HoloTint

Trimble XR10、HoloLens 2専用に開発された調光サングラス

本製品はTrimble XR10だけでなくHoloLens 2でも使用できるよう開発されたアクセサリです。専用のアタッチメントを加えることにより、いつでもアクセサリを脱着することができるため、Mixed Realityデバイスの日常使いが可能となります。

Trimble XR10、HoloLens 2に対応するTrimble HoloTintTrimble XR10、HoloLens 2に対応するTrimble HoloTint

サングラス型アクセサリ『Trimble HoloTint』の基本仕様

Trimble HoloTintはTrimble XR10、HoloLens 2の前面に装着するサングラス型のアクセサリであり、基本仕様は以下の通りです。

  • フォトクロミック/フォトクロマティック(調光レンズ)
  • レンズ濃度
  • ​色合いの調整スピード
  • 対応デバイス

本アクセサリは調光レンズを採用しています。周辺の紫外線量に応じてレンズを暗くする特殊なコーティングがされている為、光量に応じて色合いのレベルを自動調整します。暗い場所や通常の明るさの場所では可視光透過率(VLT)45.2%の間で調整し、明るい場所で使用する場合はVLTを最大11.0%まで調整します。レンズの色合い調整スピードは暗所から明所の移動の場合は約30秒、明所から暗所の移動の場合は約90秒で調整します。Trimble HoloTintはHoloLens 2、HoloLens 2 Industrial Edition、HoloLens 2 Development Edition、Trimble XR10に対応します。

Trimble HoloTint単体Trimble HoloTint単体

クラウド型MRシステムとサングラス型アクセサリの導入によりMR活用の場を拡張!

TrimbleはクラウドサービスをベースとしたMRシステム『Trimble Connect MR』を提供しています。
プロジェクトに関わるあらゆるデータをクラウドで一元管理、格納したデータの中から必要なデータをMR表示し現場作業に活かすことができるため、必要なデータを何時でも・誰でも必要な形で確認することができ、現場作業の効率化を実現します。
クラウドをベースとし、データをMR活用できる本サービスを活用することにより、プロジェクト全体に関係する情報をシームレスに共有することができ、業務のDX化を推進します。
※製品情報はこちら:https://www.nikon-trimble.co.jp/products/product_detail.html?tid=371

Trimble Connect MRを活用し3Dモデルを現場でMR活用Trimble Connect MRを活用し3Dモデルを現場でMR活用

販売情報

受注開始:2022年7月12日
販売窓口:当社ビルディングソリューション推進部並びに認定販売店にて受注を開始します。
※7月中は先行申し込みとさせていただきます。
▶ビルディング製品専用HP:https://building.nikon-trimble.co.jp/bld/
▶認定販売店ページ:https://building.nikon-trimble.co.jp/bld/dealer.html

価格

Trimble HoloTint:49,800円(税込 54,780円)

ビルディング製品最新情報は各種SNSよりご確認下さい。
▶Facebookページ:https://www.facebook.com/Nikon.Trimble.Building.Solution
▶Youtubeページhttps://www.youtube.com/channel/UC0qY8YEOxxfLQITZIWfjNTA

※本リリースに掲載する社名または製品名は、各社の商標または登録商標です。

株式会社ニコン・トリンブルについて

株式会社ニコンと米国Trimble Inc.のジョイントベンチャーである株式会社ニコン・トリンブルは、両社のコア技術である測量・測位技術とノウハウを融合させ、GNSS受信機、小型・軽量なトータルステーション、先端的なロボティックトータルステーションを中心に高品質、高精度なソリューションをご提供してまいりました。近年ではTrimbleの最先端建設ICTソリューションや3Dレーザスキャナを国内に導入し、多くの実績を積み上げております。精密農業、地理空間情報、自動運転の分野においても、最先端の技術、ソフトウエア、サービスをご提供しながら、新たな分野開拓の可能性にもチャレンジしております。

お問い合わせ先

名称:株式会社ニコン・トリンブル
住所:東京都大田区南蒲田2-16-2
担当者: 安田/山元
E-mail:bss_info@nikon-trimble.co.jp
ニコン・トリンブル会社HP:https://www.nikon-trimble.co.jp/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る