期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 地方建設業のDX推進を目指した連携を開始|燈と加和太建設

地方建設業のDX推進を目指した連携を開始|燈と加和太建設

掲載日:

東京大学/松尾研究室発AIスタートアップ 燈株式会社(本社所在地:東京都文京区本郷、代表取締役社長:野呂 侑希、以下「燈」)と加和太建設株式会社(本社:静岡県三島市、代表取締役:河田亮一、以下、「加和太建設」)は、地方建設業のDX推進を目指した連携を開始いたします。

左から加和太建設 河田CEO, 燈 野呂CEO, 同 森DX事業部長, 同 石川SaaS事業部長左から加和太建設 河田CEO, 燈 野呂CEO, 同 森DX事業部長, 同 石川SaaS事業部長

概要

​燈は、産業が抱える課題を起点に、AIを中心とする最先端テクノロジーによって未来を実装する東京大学/松尾研究室発のAIスタートアップ企業です。これまで大手建設会社様との協業によるDX推進プロジェクトの実施や建設業向け請求書処理DXシステム「Digital Billder(デジタルビルダー)」の提供等を通じて最先端技術を用いた建設DXに挑んで参りました。
加和太建設は静岡県三島市の建設会社です。土木・建築、不動産、施設運営、ITなど幅広い事業を通じ、新たな地方ゼネコンの在り方を追求し、「まちの元気」をつくっています。
2022年6月10日(金)に燈は加和太建設を訪問し、建設業DXを目的とした燈の最先端テクノロジーの導入を見据え、土木・建築の双方の現場を視察し、現場のデータ化などを実施しました。本社では、ディスカッションを通して現場ノウハウの吸収や燈の持つAIを用いた建設DXの知見提供を行いました。

クリニックの建設現場にてクリニックの建設現場にて建設業界では人手不足や技術者の方の高齢化、時間外労働の上限規制適用など様々な変化を背景に、生産性の向上が喫緊の課題となっております。燈はリアル空間に存在する建物や施工現場、設計図書、そのほか様々な書類などをデータ化し、AIによる判断・処理のプロセスを取り入れることで業務の省力化や省人化を図ります。燈では建設業に一般的な様々なデータ(BIM, CAD, PDF, 紙)を扱っており、アルゴリズムによる処理を行っております。特にBIMの自動作成技術についての研究開発が進んでおり、点群データや構造図などから半自動で瞬時にBIM化することが可能です。

また燈の提供する建設業向け請求書処理DXシステム「Digital Billder(デジタルビルダー)」の活用による請求書処理業務の効率化について、現場実証を行いました。多くの建設会社では毎月大量の請求書を紙で処理しており、工事ごとの整理、現場と本社間での運搬、システムへの手入力などが行われています。請求書処理のサービスは数多くありますが、建設業の業務プロセスに完全にフィットしたものはありません。Digital Billderは建設業に特化することで、これらの業務を全て自動化し、建設業者の毎月の請求書処理業務を大きく効率化しております。
Digital Billderの詳細はこちら:https://www.lp.digitalbillder.com/

本社にてDigital Billderの現場実証を行う本社にてDigital Billderの現場実証を行う加和太建設 代表取締役社長 河田亮一よりコメント:
「建設業界が抱える課題はたくさんあります。しかしながら、その課題に本質的に気付いていない、もしくは気付いているけど従来のやり方で、良くも悪くもなんとかこなしているというのが現状です。
燈様のような高度なテクノロジーを軽やかに使いこなし一緒に対話しながらサービス開発できるスタートアップの方との出会いはとても重要で、今回は非常にいいご縁の始まりだと思っています。」

燈 CEO 野呂 侑希よりコメント:
「加和太建設様を始めとする地方ゼネコン様は地域に根差し、街と人々の生活をデザインしてきました。そこには技術やノウハウが蓄積されており、これらを未来へ継承していくことが重要であります。最先端技術によって匠の技を継承することを掲げる燈は、AIソリューションを地方ゼネコン様へと提供することで、地方ゼネコン様のフルポテンシャルを引き出せるように尽力いたします。」

加和太建設株式会社 会社概要

加和太建設は「世界が注目する元気なまちをつくる」ことを実現したいことに掲げ、地域に根差した土木・建築事業を行うとともに、得られたつながりや信頼を基に、不動産や施設運営事業、システム開発、スタートアップ支援など、業界の枠を超えた事業を展開する企業です。地方ゼネコンならではの新たなビジネスモデルを創造し、建設業の地域の未来を切り開くことを目指しています。

代表者:代表取締役 河田 亮一
本社:静岡県三島市文教町1丁目5番15号
設立:1946年2月
URL:https://www.kawata.org/

燈株式会社 会社概要

燈株式会社は、産業が抱える課題を起点に、AIを中心とする最先端テクノロジーによって未来を実装する東京大学/松尾研究室発のAIスタートアップ企業です。最先端テクノロジーによって業務や業界構造をリデザインし、人々の日常に感動を与えることに尽力します。「テクノロジーで人の日常に感動を」というミッションを掲げ、「DXソリューション事業」・「AI SaaS事業」の2つの事業を展開しております。

代表者:代表取締社長 野呂 侑希
所在地:東京都文京区本郷3-40-11 柏屋ビル本館5階
設立:2021年2月
会社HP:https://akariinc.co.jp/
Digital Billderサービスサイト:https://www.lp.digitalbillder.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る