ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス マニュアル制作DXプラットフォーム・WikiWorks 3.5リリース

マニュアル制作DXプラットフォーム・WikiWorks 3.5リリース

掲載日:2022年06月30日

日本のモノづくりをドキュメント視点から支援するナレッジオンデマンド株式会社(代表取締役:宮下 知起 本社:東京都千代田区、以下「ナレッジオンデマンド」)は、国内メーカー大手50社の採用実績を持つマニュアル制作プラットフォーム「WikiWorks」の最新バージョン「WikiWorks 3.5」を発表いたします。
製品発売に先立ち、2022年6月22日(水)~24日(金)、東京ビッグサイトで開催されます日本最大の製造業向けITソリューション専門展「第34回 設計・製造ソリューション展(DMS展)」にて、WikiWorks 3.5のご紹介を行います。会場では、最新版のWikiWorks 3.5のほか、弊社パートナーのスプライングローバル株式会社との連携動画ソリューション「Hihaho」も紹介。最終日には、製造業セクター No.1 YouTuber「ものづくり太郎」によるWikiWorks紹介講演も行います。

概要

日本のモノづくりをドキュメント視点から支援するナレッジオンデマンド株式会社(代表取締役:宮下 知起 本社:東京都千代田区)は、高品質のマニュアルを短期間で制作できるマニュアル制作DXプラットフォーム「WikiWorks 3.5」をリリース致します(2022年6月30日)。
今回のバージョンアップでは、「より直感的なインターフェース」「高品質なVivliostyle組版機能」「コンディショナル機能の強化」を行いました。
「より直感的なインターフェース」は、マニュアルに必須の翻訳管理機能のインターフェースを刷新し、多言語翻訳のステータス管理、および翻訳出入力の操作性を向上しています。
「高品質なVivliostyle組版機能」では、InDesignレベルの組版をCSSで実現するVivliostyleを用いた出力を新たに機能実装しました。コラム外の脚注やサイドインデックスなど、カタログレベルのレイアウト品質を自動処理で実現しています。

第34回 設計・製造ソリューション展にて「ものづくり太郎」がWikiWorksを紹介

「WikiWorks 3.5」のリリースに合わせて、ナレッジオンデマンド株式会社とWikiWorks販売代理店である富士ソフト株式会社(代表取締役 社長執行役員:坂下智保 本社:神奈川県横浜市)は、2022年6月22日(水)~24日(金)に東京ビッグサイトで開催されます「第34回 設計・製造ソリューション展(CAD & PLM/PDMゾーン:12 – 44)」に共催出展致します。
同展示会では、WikiWorks 3.5のデモ展示のほか、6月24日(金)には製造業セクター No.1のYouTuber「ものづくり太郎」によるWikiWorks紹介講演を行います。また、WikiWorksの紹介に加え、弊社パートナーのスプライングローバル株式会社(代表取締役:藤松良夫 本社:東京都港区)のインタラクティブ動画ソリューション「Hihaho」、テクニカルマニュアルの動画化ソリューション「TXTOmedia」とWikiWorksを組み合わせることによるインタラクティブ動画マニュアルの可能性をご紹介します。

第34回 設計・製造ソリューション展(東京ビックサイト)ご来場案内

   ・展示会ご案内:https://www.japan-mfg.jp/ja-jp/lp/rai/dms.html
   ・無料展示会招待券オンラインお申込み:https://regist.reedexpo.co.jp/expo/DMI/?lg=jp&tp=inv&ec=DMI
   ※ご登録後1分ほどでEメールにてe招待券が送付されます。

  ●ものづくり太郎講演日程(弊社ブース内)

   ・6月24日(金)11:00~/13:30~/15:00~(3回講演)

ナレッジオンデマンド株式会社について

https://www.kodnet.co.jp/

ナレッジオンデマンドは、技術文書や企業内文書の作成・共有プロセスのIC化、製品マニュアル・業務マニュアルの電子化を専門とするドキュメント専業のシステムインテグレーターです。

アトラシアン社「Confluence*」をプラットフォームに用い、文書の作成・共有・配布をエンドツーエンドで実現する「WikiWorks」の開発と販売。スクラッチによる製造業向けドキュメンテーションシステムの受託開発を行っています。
*Confluence (コンフルエンス) :アトラシアン社が開発した企業向けWikiで、108カ国9,300社以上に利用されています。知識・情報共有を一元管理することが可能で、テキスト、表計算シート、画像や動画などを含むページを、協同作成し共有することができます。

WikiWorks紹介サイト

https://wikiworks.kodnet.co.jp/

ものづくり太郎チャンネル

https://www.youtube.com/channel/UCY9KXoezyo6cp-YwguOOCcg/about

ものづくり太郎によるWikiWorks紹介

ものづくり太郎によるWikiWorks紹介

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る