日本の経営コンサルティングのパイオニアである株式会社タナベ経営(本社:大阪市淀川区・東京都千代田区、代表取締役社長:若松 孝彦)およびタナベコンサルティンググループ(TCG)であるグローウィン・パートナーズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 CEO:佐野 哲哉)は、「建設業DX Cloud 経営プラットフォームコンサルティング」の提供を開始いたします。

開発の背景

2024年より建設業にも適用される「働き方改革関連法」や人材不足、AI・IoTの技術革新など、取り巻く環境の変化が著しく予測も難しい中、よりスピーディーな経営判断が求められています。適時適切に持続的成⻑を実現する判断を下すためには、リアルタイムの情報把握とデータ活⽤が必須となります。この“スピード経営”の実現には、システム(ERP)でデータを⼀元管理するだけでなく、全社視点で業績を把握し、機動的に事業を変革できる体制を構築することが重要です。

「建設業DX Cloud 経営プラットフォームコンサルティング」について

タナベコンサルティンググループ(TCG)が提供する「建設業DX Cloud 経営プラットフォームコンサルティング」は、建設業のDX実現に向けたファーストステップとして、バックオフィス業務の標準化、ERPシステムの導入、導入後のDX推進体制の構築までをトータルで支援するコンサルティングサービスです。奉行シリーズの株式会社オービックビジネスコンサルタント、株式会社建設ドットウェブと連携し、共同でソリューションをご提供。建設業において避けられないDXに向けて、業務の標準化とシステム化の両軸で働き方改革と収益改革を実現いたします。

最適なシステムのご提案にとどまらず、業務状況の可視化と業務改善をワンストップで支援できることが特徴です。「システムを導入しても使いこなせない」「かえって現場が混乱した」「結果として非効率になってしまった」といったシステムリプレイス時の想定課題を解消し、早期のデジタル化を実現いたします。

ブランドマネージャー コメント&プロフィール

デジタル(システム)を活用して業務効率化を図りたいという要望は多いですが、システム選定や投資効果の進め方がわからない企業や、現状の仕事の進め方が属人化・硬直化しており、進めようにも進められないという課題も多く散見します。これらの課題に応えるべく、「建設業DX Cloud 経営プラットフォームコンサルティング」を開発しました。スモールかつシンプルに、スピードスタートで業務効率化を図ります。

タナベ経営 ファンクションコンサルティング東京本部 本部長代理 武政 大貴

財務省関東財務局で金融機関の監督業務を経験後、企業経営に従事。2009年にタナベ経営入社後、主に中期経営計画策定、企業再生・再建支援を行い企業体質改善に寄与。2019年本部長代理、経営の見える化研究会リーダー。また、また5S・VM活動支援においては、経営視点からの企業体質改革を実現している。

近年では生産性カイカクソリューションのブランドリーダーとしてデジタル、アナログ融合したBPRを推進している。現実・現場・現品主義を信条とする行動派コンサルタント。著書「真の見える化が生産性を変える」ダイヤモンド社

株式会社タナベ経営 概要

タナベ経営について

タナベ経営は、1957年(昭和32年)に創業し、今年創業65年を迎える日本の経営コンサルティングのパイオニアです。「企業を愛し、企業とともに歩み、企業繁栄に奉仕する」という経営理念のもと、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」の創造をミッションとしています。
グループで560名を超えるプロフェッショナル人材を擁し、「経営者・リーダーのパートナー」として大企業から中堅企業まで約10,000社の支援実績があり、その中には上場企業や業界ナンバーワン企業、地域の優良企業も多数含まれます。

コンサルティングスタイルとしては、クライアント企業の課題に合わせて「ドメイン(業種・事業領域)×ファンクション(経営機能)×リージョン(全国10地域)」の3つの観点から、複数名のコンサルタントを選定してチームを組成する「チームコンサルティング」を推進しています。

・ドメイン(業種・事業領域)
食品(製造・流通・外食)、建設(建設・インフラ・住宅・不動産)、サプライチェーン(製造・流通卸・物流)、ライフ&サービス(小売・BtoBサービス・BtoCサービス)、行政・公共サービス

・ファンクション(経営機能)
ビジネスモデル(中長期ビジョン・事業ポートフォリオ戦略・ブランディング戦略等)、コーポレートファイナンス(ホールディングス・事業承継・グループ経営等)、BPR、HR(組織戦略・人事戦略・FCCアカデミー(企業内大学)設立・人材採用等)、DX、M&A、マーケティング・プロモーション

・リージョン(全国10地域)
札幌、仙台、新潟、東京、名古屋、金沢、大阪、広島、福岡、那覇

 「All for the Client-すべてはクライアントのために」という徹底したクライアント中心主義のもと、企業の戦略デザイン(上流工程)から現場における実装・実行支援(中流~下流工程)まで、一気通貫で支援できるコンサルティング・バリューチェーンの構築を目指しています。

We are Business Doctors

――日本で、経営コンサルティングがはじまった。
「私が勤めていた会社が倒産した」これは創業者 田辺 昇一の原体験。
会社がつぶれるということは、働く社員が路頭に迷い、取引先にも大きな迷惑をかける。どんなに規模が小さくとも、すべての企業には命がある。田辺 昇一は、企業を救う医師「Business Doctor」として企業とともにその命を守っていこうと決心しました。

「会社はつぶれるようにできている」「この国には企業を救う仕事が必要だ」この思いから、1957年10月16日に「田辺経営相談所」を創業。日本の経営コンサルティングのパイオニアとして60年以上、その精神と使命は脈々と受け継がれ、「ファーストコールカンパニー 100年先も一番に選ばれる会社」を創造する活動へと続いています。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】