ホーム テーマ DX推進 デジタルツイン・メタバース ファストデジタルツインの既存工場への提供を加速|新会社ブラウンリバース設立

ファストデジタルツインの既存工場への提供を加速|新会社ブラウンリバース設立

掲載日:2022年06月01日

日揮ホールディングス株式会社(代表取締役会長CEO 佐藤 雅之)は、国内EPC事業会社である日揮株式会社(代表取締役社長 山田 昇司、以下「日揮」)が、本年5月10日付で3Dビューワ「INTEGNANCE VR」(有償版)の開発・販売を起点にデジタルツインによる既存設備保全の高度化支援を目的とする新会社「ブラウンリバース株式会社」を設立しましたので、お知らせします。

「INTEGNANCE VR」画面イメージ「INTEGNANCE VR」画面イメージ

新会社設立の背景と目的

日揮グループは、国内製油所や石油化学・化学プラント向けスマート保全サービスブランドINTEGNANCEの利用拡大に向けて、これまで複数のソリューション提供を企画しテストマーケティングを実施してきました。その1つとして、2021年11月1日に公開した3Dビューア「INTEGNANCE VRプロトタイプ版(以下、「本ビューア」)」では、既存プラント全体を撮影した360°パノラマ写真上にアノテーション(関連データをタグ登録)することで、各機器や部材の相関関係を可視化するいわば“プラント内のストリートビュー※”を実現しました。プラント内のあらゆる情報に視覚的に迅速にアクセスできるため、広大な敷地を保全する実務者の運用・保守業務の大幅な効率化を可能としました。
※ ストリートビューは、Google LLCの登録商標です。

本ビューアの提供に際し、石油精製・石油化学業界を越えた様々な分野の事業主様から多くの引き合いをいただき、産業界の幅広い分野で安く・早く・簡単に空間をデータ化し、設備情報を重畳する「ファストデジタルツイン」へのニーズが非常に高いことが分かりました。日本国内において4千㎡以上の敷地面積を有する約1.2万社7.5万事業所(経済産業省「2020年企業活動基本調査確報-2019年度実績-」より推計)が存在するなかで、アーリーアダプターと呼ばれる初期採用者の理論値(約15%)の半数をとったとしても数千規模での事業所が、本ビューアのサービス提供対象となる可能性を秘めていると想定されます。

こうしたことから、従来手法の精緻で重厚長大な3D CADベースのデジタルツイン構築と比較して、圧倒的な実装スピードでソリューションを提供し、産業界のDXを牽引することを目的とする事業会社「ブラウンリバース株式会社」を設立し、既存設備保全の高度化を広くご支援していくことにいたしました。

ブラウンリバース株式会社は、国内外の産業界へデジタルツインをベースとしたソリューションを開発・提供することで、お客様が抱える課題(人材不足・各種法規対応・設備老朽化による計画外停止の増加など)の解決に貢献することを目指します。その最初の取り組みとして、本年夏を目途にファストデジタルツインを実現する「INTEGNACE VR」(有償版)を石油精製・石油化学のみならず幅広い分野に対して正式公開、販売を行ってまいります。そしてこの「INTEGNACE VR」を起点に、顧客のニーズを取り込みながら、これまで日揮グループが培ってきたプラントエンジニアリングの知見を活用して空間データに基づく操業シミュレーションや予知保全などをSaaS(Software as a Service)化し、「INTEGNACE VR」の追加機能として今後開発、サービス展開していくことも見据えています。

日揮グループは、長期経営ビジョン「2040年ビジョン」において、ビジネスモデルのトランスフォーメーションを掲げ、非EPCビジネスモデルの多様化を推進していく方針です。加えて中期経営計画「BSP2025」では、重点戦略の一つとして「将来の成長エンジンの確立」を掲げており、今後さらにスマートO&M分野の拡大に注力してまいります。

ブラウンリバース株式会社概要

代表者:       金丸 剛久(日揮株式会社 デジタルイノベーション室)
設立日:       2022年5月10日
資本金:       2.5億円
所在地:       神奈川県横浜市西区みなとみらい2-3-3 クイーンズタワーB 7階ワークスタイリングみなとみらい
事業概要:    デジタルツイン構築・運用等
会社HP:     https://brownreverse.com

社名「ブラウンリバース」は企業理念である「既存の構造物を仮想空間に再構築して新たな価値を創造すること」から連想される「ブラウンフィールド × リバースエンジニアリング」に由来します。

(ご参考)
「INTEGNANCE VR」に関する詳細は、2021年10月5日付プレスリリース「INTEGNANCE(日揮スマート保全ブランド)から3Dビューア「INTEGNANCE VR」プロトタイプ版を提供開始」をご参照下さい。
https://www.jgc.com/jp/news/2021/20211005.html

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る