ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 建設現場に最適化の『BANKENサイネージ』実証実験を開始|竹中土木協力

建設現場に最適化の『BANKENサイネージ』実証実験を開始|竹中土木協力

掲載日:2022年04月01日

株式会社イーリバースドットコム(東京都江東区、代表取締役 高橋 巧、以下 当社)は、このたび株式会社竹中土木(以下、竹中土木)協力のもと、デジタルサイネージサービス『BANKENサイネージ(以下 当サービス)を試験的に建設現場に導入しました。
当サービスは『Buildee』に登録された現場情報を利用し、データ更新を効率化することで生産性の向上をはかります。

『BANKEN(バンケン)』、『Buildee(ビルディー)』は、それぞれイーリバースドットコムが提供する建設現場に向けた総合ソリューションサービス、施工管理サービスです。

導入の背景

建設現場では、「朝礼時の情報共有」、「近隣住民からの理解を得るための情報開示」、「事務所・詰所での会議や予定共有」など、様々な用途でデジタルサイネージの導入が進んでいます。
ただし、従来のサイネージシステムは作業予定やゲート予定、現場配置図等、建設現場の日々の作業間連絡調整業務に必須の情報更新に時間がかかることから、現場に寄り添ったシステムの開発が求められ、当社にも数多くの声が寄せられていました。
このような背景から、当社は『Buildee』に登録された現場情報と自動連係し、管理システムからデバイス本体までトータルで提供するデジタルサイネージサービスを、『BANKEN』シリーズの新ラインナップとして開発に着手しました。

また、竹中土木では、Buildee調整会議を既に全国展開で運用しており、そのコンテンツを有効的に2次利用することで、手間をかけることなく朝礼などで利用することを検討していました。
当サービスは、竹中土木からシステム開発へのアドバイスや建設現場での試行など、各種の協力をうけ、当社が企画・開発し、製品版として商用提供することで、建設現場の生産性向上に取り組みます。

BANKENサイネージについて

『BANKENサイネージ』はコンテンツ作成システム(以下 CMS)から通信や再生デバイス、モニタまで提供する、デジタルサイネージのトータルサービスです。
『Buildee』に登録された作業予定、ゲート予定、現場配置図等の建設現場の各種情報を自動的にCMSに取り込み、配信する連携機能が最大の特徴です。また、本社や支店から現場へ最新情報を即時連携することや動画コンテンツの再生も可能です。
CMSは建設現場向けに特化した自社開発システムであり、システムに不慣れな方でも利用可能な操作性を意識しています。また、モニタも自社で設計し、屋外利用を想定した防水防塵かつ、薄型・軽量が特徴です。
今後CMSに風速情報や騒音情報といった外部システムの情報も取り込むことも検討しています。

2022年2月より竹中土木の建設現場でβ版(試行版)による現場試行・評価を開始しており、製品版の正式リリースは、2022年4月中を予定しています。

Buildeeについて

建設現場施工管理サービス『Buildee』は、「建設現場における施工管理業務をサポート」するWEBサービス(クラウドサービス)です。日々の調整会議における作業間連絡調整や入退場管理、安全書類作成などの機能をすべて網羅したオールインワンのサービスです。

・サービスサイトURL:https://www.e-reverse.com/service/buildee/

BANKENについて

『BANKEN』は、Buildeeに蓄積されたデータを、認証機器やサイネージ等の専用デバイスを通じて建設現場に提供するサービスです。

ゲート予定や作業予定、現場配置計画図など様々な情報をサイネージに表示することや、認証機器を通じて入退場情報をBuildee入退場管理サービスに連携することができます。

イーリバースドットコムについて

会社名   :株式会社イーリバースドットコム (2022年4月より株式会社リバスタに社名変更)
代表者   :代表取締役 高橋 巧
所在地   :東京都江東区豊洲5-6-36 豊洲プライムスクエア 9F
設立      :2007年6月28日
資本金   :1億円
URL      :https://www.e-reverse.com/

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る