クェスタ株式会社(埼玉県川口市、代表取締役社長:大石 守、以下「クェスタ」)は、発売以来、スーパーゼネコンをはじめとする建設業者への導入が進む現場向けデジタルサイネージにおいて増え続けている、現場向けサービスの一括表示サービスとして拡張表示機能をリリースいたします。

建設DXが進む一方で発生する情報渋滞

ウェブカメラ/施工管理/BIM/資材搬入計画など建設DXに伴うデジタル化や、現場の効率化を進めるサービスが増え続ける一方で、現地の作業員や労働者はPCやタブレット端末でそれぞれ状況を確認し、共有、作業を指示する業務が日常的に発生しています。表示の切替えやモニターの増設によって対処されている一方、可視化された状態になっておらず情報を得るための時間や労力が個別に発生しています。

サービスの用途

さまざまなサービスを一元表示することによって、
・資材搬入計画の打合せ、共有、確認
・現場カメラによる確認、現場臨場
・施工状況の確認打合せ、共有
・BIMを使った施工状況の説明確認
・複数の従業員によるファイルアップデート
・朝礼での状況説明、共有
・協力業者への情報開示、状況把握効率化
・屋外モニターを使った現場打合せ
などさまざまな用途でご利用いただけます。

開発について

クェスタでは今後も現場で利用されるウェブサービスを提供する企業とのアライアンスを進め、全てのサービスの一元表示運用を目指し開発を進めて参ります。