「世界一ひとにやさしい現場を創る」をミッションに、建設現場の省人化・省力化を実現するロボットソリューションを提供する建ロボテック株式会社(本社:香川県木田郡三木町 代表取締役CEO:眞部達也、以下、建ロボテック)は、2022年1月17日~20日に米国ラスベガスコンベンションセンターで開催された、世界最大級の建築・建材展「WORLD OF CONCRETE 2022」に出展したことをご報告いたします。

海外需要の高い鉄筋径に対応した「太径鉄筋結束トモロボ」をお披露目展示

建ロボテックブースでは、海外の橋梁や道路施工で使用されるD16~D32の太い鉄筋径に対応した「太径鉄筋結束トモロボ」を実機展示しました。
開催期間中、現地のゼネコンや経営者、ワーカー、メディアの方など3日間で約1000人の方にご来場いただき、ブース内で実機のデモンストレーションをご覧いただくほか、トモロボの性能や仕様ついてのお問い合わせやご相談を数多くいただきました。実際にトモロボの導入を希望する声や、帰国後のWEB会議を希望する声も多く寄せられました。また、現地ニュースが取り上げた動画にトモロボをメインで取り上げていただくなど、初出展ながら大盛況の出展となりました。
「ご来場いただいた皆様、誠にありがとうございました。」

当社は引き続き、ミッションである「世界一ひとにやさしい現場を創る」を忠実に果たし、「トモロボ」という名前に込めた、ロボットと人が共に働き、楽しく、魅力ある建設現場を実現し、建設業界の労働者不足等の社会問題を解決へと導きます。

建ロボテック株式会社 代表取締役CEO 眞部達也 コメント

COVID-19感染者が世界最多(2022.2.8現在)となる米国への出展は、私とともに参加する仲間やその家族にとっても大きなリスクとなり出発直前まで悩みましたが、「やりましょう!」という仲間の力強い声に推されて出展の決断をしました。現地では、感染対策を万全に行い出展当日を迎えましたが、予想以上の反響をいただき180社を超えるコンタクトルートを築くことができ、帰国2週間となる現在までに、2件の具体的な商談が進むなど出展の成果が表れています。
今回出展の最も大きな成果は、中期事業計画にある海外展開に対する自信を得ることができたことだと感じています。

WORLD OF CONCRETE 2022 概要

展示会名:WORLD OF CONCRETE 2022 
     https://www.worldofconcrete.com/en/attendee.html
会  場:Lasvegas Convention Center
開 催 日:2022年1月17日~20日(17日はセミナーのみ)
来場者数:3.7万人(前年2万人、コロナ禍以前6万人以上)
出展社数:約1100社(初出展150社)

次回出展予告

建ロボテックの次回出展は、2022年3月1日(火)~4日(金)に東京ビッグサイトで開催される「第28回 建築・建材展2022」を予定しております。感染症対策を徹底しての開催となります。
皆様のご来場を心よりお待ちしております。

展示会名:第28回 建築・建材展2022 https://messe.nikkei.co.jp/ac/
会  場:東京ビッグサイト 東展示棟
開 催 日:2022年3月1日(火)~4日(金) 10:00~17:00(最終日のみ16:30まで)
ブ ー ス:第6ホール 建築現場・省力化ゾーン

建ロボテック株式会社について

「世界一ひとにやさしい現場を創る」
建設現場出身の創業者が2013年に設立したベンチャー企業です。
建設現場の状況やニーズに則した、『実践的な省力化・省人化ソリューション』を独自開発。
人とともに働く協働型ロボット「トモロボ」や鉄筋工事の省力化製品「速鉄」など、建設現場の 「生産性向上」と作業者の「安全確保と負担軽減」を真に促すソリューションを通じて、建設産業の健全な進化・発展に貢献いたします。

会 社 名 : 建ロボテック株式会社   https://kenrobo-tech.com/
所 在 地 : 香川県木田郡三木町大字上高岡246-2
設 立 日 :  2013年7月
代 表 者 :  代表取締役CEO 眞 部  達 也
事業内容 : ・省力化・省人化ロボットソリューションの開発・販売
       ・スマート施工コンサルティング、DXコンサルティング
       ・労働環境改善資材の開発・販売
       ・受託開発(新規開発・改造開発)、開発コンサルティング

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】