2021年12月6日〜8日に行われた建設DX展にて独自取材を行いました。建設DXの生の声を全8回の連載にてお届けします。

第3回目は、株式会社アンドパットのブースをご紹介します。施工管理アプリの提供により、建築・建設業をテクノロジーの力で後押し。業務の見える化で「現場」も「作業」も効率化しています。

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

施工管理アプリの業界シェアNo.1が見据える今後
建設業界全体をDX化する企業に 
株式会社アンドパッド

/////////////////////////////////////////////////////////////////////

No.1 施工管理アプリ「ANDPAD」目指すはプラットフォーム化

ブランドカラーである赤を基調に洗練されたブース。多くの来場者が訪れていたのはアンドパッドです。施工管理アプリの業界シェアNo.1の同社が建設DX展にかける思いとは。「ANDPADはCMなどで知っているが、どういったことができるのか?非住宅で使えるのか?」「一度詳しく話を聞きたかった、と多くの方が訪れます」そう話すのは株式会社アンドパッド マーケティング部の近藤幸さんです。

2021年11月に利用企業数13万社、累計ユーザー数33万人を突破し、施工管理アプリとしての認知の高いANDPAD。社内タスク管理、写真・資料管理、日報、工程表、横断工程表、チャット、営業管理、施主共有、カレンダー、検査、受発注の機能を持つアプリです。

現在はシステムも進化し、顧客管理、受発注、引合粗利管理などと一元管理が可能になり、より基幹システム(プラットフォーム)化していることを打ち出しています。

非住宅分野の顧客層に好感触

https://lp.andpad.jp/features/

ブースでは電子黒板を利用できる「ANDPAD黒板」、基幹管理として営業管理~入金管理まで活用できる「ANDPAD引合粗利管理」まで、実際の画面にてデモンストレーションが体験できるようになっていました。「従来の住宅業界だけでなく、不動産、ゼネコン、専門工事業者、店舗系など幅広い層からの問い合わせがあります」と近藤さんは手ごたえを感じています。

新コミュニティメディア「ANDPAD ONE」が目指すもの

https://lp.andpad.jp/1870/

また、2020年にリリースされたANDPADのユーザー向けの建築・建設業界に特化したコミュニティメディア「ANDPAD ONE (アンドパッド・ワン)」については、「お客様とのコミュニケーションの場。お客様が知りたい情報を提供し、お客様からの質問が多いものについても情報発信します」と言います。

建設DXに使命感 ANDPADですべてをまかなう

建設DXの代表的企業として、動向に注目が集まるANDPAD、「ANDPAD一つあれば全てがまかなえる。建設DXに使命感を感じ、企業のDX化に必要とされるシステムを目指す」と近藤さんは今後について語りました。

ANDPADについてはこちら

https://lp.andpad.jp/

連載第4回目はこちら

連載第2回目はこちら