期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 久山町、九州大学都市研究センターと「デジタル技術を活用したまちづくりに関する包括連携協定」を締結|スカイマティクス

久山町、九州大学都市研究センターと「デジタル技術を活用したまちづくりに関する包括連携協定」を締結|スカイマティクス

掲載日:

Category:

DX,ニュース

株式会社スカイマティクス(代表取締役社長:渡邉善太郎)、福岡県久山町(町長:西村勝)、九州大学都市研究センター(センター長:馬奈木俊介)は、「デジタル技術を活用したまちづくりに関する包括連携協定」を締結しましたので、お知らせします。

株式会社スカイマティクスが提供するサービス、「くみき(KUMIKI)」 「くみきスコープ(KUMIKI Scope)」「いろは(IROHA)」などを活用し、事業の有効性を検証していく予定です。

提携イメージ

実証を進めていくサービス

くみき(KUMIKI)

ドローン測量・現地管理 DX クラウド「くみき」では、ドローン画像をアップロードする だけでオルソ画像や 3D 点群といった地形データを自動で生成できます。また、数クリッ クだけの直感的な操作で面積・体積・断面等の本格ドローン測量ができ、国産ツールで専任のサポートチームがあります。建設・砕石・産廃・農業業界など、人手不足の解消や技 能・知見の伝承に活用が可能です。

▶︎ くみきサイト:https://smx-kumiki.com/

くみきスコープ(KUMIKI Scope)

「くみきスコープ」は、あらゆる施設・設備情報をスマートかつ効率的に管理する施設・ 設備情報管理システムです。広範囲におよぶ施設や設備に関する画像、テキスト、ファイ ルなどの情報をドローン画像と 360 度カメラ画像からパノラマ上で視覚化することができ、現地に行かずとも屋内外全てを確認できます。さらに、独自 AI を用いた画像処理解 析により、「錆検出」「腐食診断」など設備点検に必要となる検知・診断も可能です。

▶︎ くみきスコープサイト:https://smx-kumiki.com/psv/

いろは(IROHA)

スマート農業ソリューション「いろは」では、ドローンで撮影した画像から農地内に生じ た微妙な高低差を可視化することができます。田面が平らであることが特に重要な水稲耕培においては、田植え前に農地の均平化作業が実施されています。

▶︎ いろはサイト:https://smx-iroha.com/top.html

スカイマティクスは、リモートセンシング技術を活用し、様々な産業の課題解決を目指し、今後もサービスの開発、提供を進めて参ります。実証実験や共同開発等も可能ですので、お気軽にお問合せください。

会社概要

株式会社スカイマティクス
所在地:      東京都中央区日本橋本石町4-2-16Daiwa日本橋本石町ビル6F
URL:       https://skymatix.co.jp/
代表者:   代表取締役社長 渡邉善太郎
資本金:   100,000,000円
事業内容:  産業用リモートセンシングサービスの企画・開発・販売

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る