ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス AIで110言語リアルタイム会話|ロゼッタの音声自動翻訳「オンヤク」、カウンセリングサービスに導入

AIで110言語リアルタイム会話|ロゼッタの音声自動翻訳「オンヤク」、カウンセリングサービスに導入

掲載日:2022年10月04日

高精度AI自動翻訳の開発・運営を行う株式会社ロゼッタ(本社:東京都千代田区 代表取締役:渡邊 麻呂)が提供する自動翻訳ツール「オンヤク」が、株式会社アドバンテッジリスクマネジメント(本社:東京都目黒区、代表取締役社長:鳥越 慎二)に導入されました。
110言語の会話がリアルタイムで可能になり、ニーズが高まるカウンセリングの多言語対応を強化。外国人従業員の満足度を向上します。

導入背景について

株式会社アドバンテッジリスクマネジメントは、かねてよりカウンセリングサービスの多言語対応を推進し、外国語を話せるカウンセラーの採用を強化しています。昨今のコロナ禍において「母国に帰れず家族に会えない」「コロナウイルスに感染したがどうしたら良いかわからない」といった相談を含め、外国人従業員からのカウンセリング希望が増加傾向にあり、これまで以上に多言語対応が必要とされています。増加する相談への対応を強化すべく、カウンセリングサービスにおける自動翻訳ツール『オンヤク』の導入を決定しました。

これにより、110言語に対応することが可能となり、外国人従業員の方々にも安心して当社のカウンセリングサービスをご利用いただけるようになります。

アドバンテッジリスクマネジメントのカウンセリングサービスについて

比較的短期間での問題解決を求められるEAP(従業員支援プログラム)の枠組みで認知行動療法を用いていることが特徴で、クライエントの悩みを「傾聴」するとともに、「認知行動理論」の専門的視点から助言を行い、課題解決に向けた 具体的な行動へと導く手法を強みとしています。ストレスにまつわる相談だけでなく、ご自身のキャリアや仕事の進め方など幅広く受け付けています。

また異文化カウンセリングとして、日本社会や日本人文化の理解、日本文化適応の一助としてご活用いただけます。
サービス概要:https://www.armg.jp/mhlw/toughness-counseling/ 

『オンヤク』について

『オンヤク』は、インターネット環境があれば世界中どこでも使用できるWeb会議の議事録作成・翻訳ツールです。110 言語に対応しており、各参加者の母国語でコミュニケーションが可能です。音声を高精度に認識し、リアルタイムで翻訳・翻訳結果をテキスト表示されるため、視覚的にも会話を理解できます。
サービス概要:https://www.rozetta.jp/onyaku/

株式会社ロゼッタについて

ロゼッタは、「我が国を言語的ハンディキャップの呪縛から解放する」という企業ミッションの下、AI 自動翻訳の開発・運営を行っています。ロゼッタの自動翻訳は国内外5000以上の企業・団体で導入されており、医薬、製薬、ライフサイエンス、バイオベンチャー、省庁、国立研究所、大学、病院、化学、環境、エネルギー、石油、食品、飲料、農林水産、土木・建設、法務、法律事務所、特許事務所、金融、IT、通信、半導体、産業機械、電気機器、精密機器など様々な分野でご活用いただいています。
URL:https://www.rozetta.jp/

株式会社アドバンテッジリスクマネジメントについて

EAPや研修・ソリューション、健康経営支援を軸とする「メンタリティマネジメント事業」、病気・ケガ、出産・育児、介護による休業・復職支援や仕事との両立支援を軸とする「就業障がい者支援事業」、個人向け保険販売を軸とする「リスクファイナンシング事業」を展開。

従業員の「ウェルビーイング」、「ハピネス」向上を掲げ、今後は福利厚生アウトソーシングや労務管理支援、組織活性のためのツールなどへと事業拡大。各種サービスのDX化を推進し、「ウェルビーイング領域におけるNo.1プラットフォーマー」をめざす。
URL:https://www.armg.jp/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る