ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 清水建設とSpiral、屋内⾃律⾶⾏ドローンでの「現場確認作業」DX実験

清水建設とSpiral、屋内⾃律⾶⾏ドローンでの「現場確認作業」DX実験

掲載日:2022年09月16日

株式会社Spiral(本社:東京都葛飾区、代表取締役:⽯川知寛、以下Spiral)は、⾃社特許技術である⾮SLAM型屋内⾃律⾶⾏システム「MarkFlexAir」を活⽤し、清⽔建設株式会社の建築現場において、ドローン⾃律⾶⾏およびドローンによる現場動画の撮影と解析の実証実験を⾏いました。当社は今後も幅広く建設現場のDX化に貢献していきます。

実証実験の概要

目的

  • ビルの屋内建設現場でマーカー方式でのドローン自律飛行の実現
  • 現場の方がMarkFlexAirの飛行経路(フライトプラン)設定作業、マーカー設置および飛行開始指示の操作ができることの確認
  • 自律飛行したドローンが動画を撮ってくることの確認
  • 撮影した動画から現場資材等が検出できることの確認

実証達成事項

  • 飛行禁止エリアや狭小空間での飛行制御を含めた3種類のフライトプランに対する自律飛行の実験を行い飛行に問題がないことを確認
  • 現場工事長が自律飛行経路を設定する操作を行い、設定の簡易さや導入後のイメージをお持ちいただけた
  • ドローンが撮影した動画の自律飛行管理Webアプリケーション(MFAトラッカー)での確認
  • 撮影した動画からの、複数の状態の立馬やパイロンの検出

実証実験のプロセス

  • 1.自動充電ポートからドローン離陸、貼ってあるマーカーを読み設定されたルートを正しく一周し充電ポートに戻り自動充電に成功、画像と動画を転送。

  • 2.1の飛行後、MFAトラッカーから飛行経路の設定を変更し、マーカーを追加。自動充電ポートからドローン離陸、マーカーを読み変更されたルートを正しく一周し充電ポートに戻り自動充電に成功、画像と動画を転送。

  • 3.  ドローン離陸、幅2メートルの通路を飛行後ドア開口部90センチメートルの狭小空間を通過。

  • 4. 1および2の自動充電開始後にドローン撮影動画をMFAトラッカーで確認。

 ​

  • 5. 1及び2の自律飛行で取得した動画をAIで解析し、現場資材(パイロン、立馬)を検出。

今後について

今回の実証実験では、清水建設担当者より、「期待以上に安定して⾃律⾶⾏していた。実際に⾃律⾶⾏経路を設定する操作をしてみても特に難しい部分もなく、現場への導⼊のしやすさを感じた」とのコメントがありました。

Spiralは今後も⾶⾏精度の向上を継続的な⽬標とし、適⽤できる現場の幅を広げることやユーザーアプリケーションの使いやすさを改善することも含め、システムインテグレーターや建機リース会社様をはじめとしたパートナー企業と共に、実際に現場で簡単に活⽤できるシステムの開発を進めて⾏きます。

清水建設株式会社について

本社所在地:〒104-8370 東京都中央区京橋二丁目16番1号
代表取締役社長 井上 和幸
URL:https://www.shimz.co.jp/

株式会社Spiral(スパイラル)について

株式会社Spiralは、「屋内」の自律飛行ドローン導入を検討している「現場技術者」の救世主となることをミッションに、「人と人」「技術と技術」をつなぎ、世の中にない価値を創造するエンジニアリングカンパニーです。
自社特許である非SLAM型のマーカーによる自律飛行技術を軸に、常に現場の目線に立った技術とシステムの開発を志向しています。
URL:https://spiral-robotics.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る