株式会社コア(本社:東京都世田谷区、代表取締役 社長執行役員 松浪 正信、以下「コア」という。)は、日本版GPSである「みちびき」の高精度測位補強サービス「CLAS」(Centimeter Level Augmentation Service:みちびきセンチメータ級測位補強サービス)に対応した小型受信機「Cohac∞ Ten」を含めたドローン向けソリューション、「Cohac∞ ChronoSky」(以下 「ChronoSky」という。)として2022年5月末より提供を開始します。また、株式会社ACSL(本社:東京都江戸川区、代表取締役社長 鷲谷聡之、以下 「ACSL」という。)と共同で、国産ドローンACSL-PF2にChronoSkyを対応させた国産ドローンを開発し、Japan Drone2022(2022年6月21日(火)~23日(木) 幕張メッセ)にて展示いたします。
ChronoSkyは、国産技術の融合により安心で安全なシステムで、ドローンが活用されるインフラ点検、物流、防災・災害、測量等あらゆる場面において高精度での飛行制御が可能になり、より正確な画像撮影や物資輸送を可能とします。

  ①自立・高精度かつ通信ネットワーク不要

  ②国産の安心安全なシステム

  ③業種業務に応じてトータルにサポート

【関連イベントのご案内】
Webセミナーのご案内:https://www.core.co.jp/news/581
Japan Drone2022: https://ssl.japan-drone.com/index.html

ChronoSkyが付与する新たな価値

ChronoSkyでは、準天頂衛星みちびきCLASを使用することで、特別な機材や通信ネットワーク無しに受信機単独で高精度測位を可能とします。リアルタイムに正確な撮影位置を求めて写真へ記録することができるため、空中写真測量では地上に標定点を設置、測量、回収する必要がなく、大幅な作業の効率化が期待できます。例えば、土木建設分野において、調査・測量・設計・施工・維持を3次元データで管理するBIM/CIM※にも有効です。 
※BIM(Building Information Modeling)/CIM(Construction Information Modeling, Management)

想定される利用シーン

通信を必要とせずにドローン単独で正確な自己位置を求めることができるという強みがあることから、携帯電話回線に接続しにくい屋外環境でも利用いただくことができます。また、高精度な飛行制御が可能であるという特長と測量用ドローンとしても使用できるという特長を活かして、物資運搬業務や点検業務、建設・土木業務などの幅広い環境での活用に貢献します。

Cohac∞ ChronoSkyの概要

ドローン単独で正確な位置を。
ChronoSkyは、ドローン単独で正確なドローンの位置(緯度、経度、楕円体高)を求めることで、高精度な飛行制御を実現しています。測量用ドローンとしても利用することができ、計測したい範囲を指定すれば自動で飛行経路と写真撮影ポイントを作成して撮影飛行することができます。
撮影した写真にはCLAS測位によって求めた正確な位置情報がリアルタイムで記録されることから、標定点を設置することなく空中写真測量を行うことができます。

Cohac∞ ChronoSkyの特長

①自律・高精度かつ通信ネットワーク不要
コアのみちびきCLAS対応センチメータ級小型受信機「Cohac∞ Ten」と、ACSLのドローン「ACSL-PF2」がコラボレーションすることで、通信を必要とせずにドローン単独で正確な自己位置を把握することを実現しました。今後ドローンの分野では目視外飛行の増加が見込まれていますが、ChronoSkyでは通信ネットワークがなくても単独で正確な自己位置を求めることができることから、有人地帯・無人地帯を問わずご利用いただくことが可能です。

②国産の安心・安全なシステム
正確な位置情報とACSLの飛行制御技術を組み合わせることで、高精度な飛行制御を可能としました。ChronoSkyは、国内で開発・製造及び、国産のサービスを利用しているため、情報セキュリティ面での不安を排除することができます。

③業種・業務に応じてトータルにサポート
GNSSやクラウドサービス、IoTなど様々なICTを駆使して幅広い分野でソリューションを展開してきたコアと、姿勢制御技術と環境認識技術を独自に開発し、幅広い拡張性で多種多様な利用シーンにおいてドローンを開発してきたACSLが協力することで、機器販売にとどまらずお客様の具体的な課題を解決するトータルソリューションの実現が可能です。

製品仕様

イベント情報

■Webセミナー『みちびきCLAS搭載国産ドローンのご紹介と業務への活用』
 2022年5月31日(火) 15:00~
 特別講演:ACSL 最高マーケティング責任者(CMO)六門 直哉様
 「国産・産業用ドローンメーカーACSLの最新動向」
 お申込みURL:https://www.core.co.jp/news/581

■Japan Drone2022
 2022年6月21日(火)~6月23日(木)
 展示ブースBB-21,BC-21
 URL:https://ssl.japan-drone.com/index.html

株式会社コアについて

東証プライム市場上場企業。マイコンを搭載した組込み機器が社会に登場した草創期から組込みソフトウェア開発事業を開始。
独立系・全国にある拠点網を活かしたICTサービスを展開し、 “ソリューションメーカー“として顧客本位のサービスを幅広い業種、業務分野に提供しています。
創業以来の事業である組込みソフトウェア開発で培った技術とノウハウを結実させ、豊富な人材と長年の業務で得た経験と実績で顧客と「新たな価値」を共創し、お客様の課題解決と理想の実現に取り組んでいます。
詳細については、https://www.core.co.jpをご覧ください。

株式会社ACSLについて

所在地:東京都江戸川区臨海町3-6-4  ヒューリック葛西臨海ビル2階
代表:代表取締役社長 鷲谷聡之
設立:2013 年11 月
事業内容:産業分野における既存業務の省人化・無人化を実現すべく、国産の産業用ドローンの開発を行っており、特に、画像処理・AI のエッジコンピューティング技術を搭載した最先端の自律制御技術と、同技術が搭載された産業用ドローンを提供しています。既にインフラ点検や郵便・物流、防災などの様々な分野で採用されています。
https://www.acsl.co.jp/

投資家の皆様へ

本プレスリリースは、当社の定性的な業務進捗をお知らせするためのものであり、投資勧誘を目的としたものではありません。
当社の業績・経営指標の進捗・予想に関しては、取引所開示情報である決算短信等をご参照ください。

本プレスリリースに関するお問い合わせ先

■本製品に関するお問い合わせ先
株式会社コア GNSS ソリューションビジネスセンター 営業統括部
TEL:044-989-5115 E-Mail:gc-sales@core.co.jp

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】