ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス バーコードスキャンアプリ『i-Repo Scan』リリース|現場業務DX化

バーコードスキャンアプリ『i-Repo Scan』リリース|現場業務DX化

掲載日:2022年08月31日

株式会社シムトップス(本社:東京都品川区、代表取締役社長:水野貴司)は、2022年8月24日(水)に現場帳票ペーパレスソリューション「i-Reporter」の新しいオプション機能として、複数のバーコードを一括&連続読取アプリをノーコードで作成できる「i-Repo Scan」をリリース致します。

開発の背景

・製造現場において、在庫棚卸・入出庫・ピッキングなどの物流業務は未だに目視や紙への手書きに頼るものが多く、後からのパソコンへの入力など多くの人手と時間をとられており、DX化が遅れている分野である。
・在庫棚卸・入出庫・ピッキングなどの人手に頼る業務はアイテム数も多く、書き間違い・数え間違い・品目間違いなど人的なケアレスミスが起こる可能性があります。
・専用ハンディターミナルを使用したシステムの導入には、高価な専用ハンディターミナルの費用や、バーコード読取アプリの作成、業務システムとの連携の開発など、費用と時間がかかる。

製品の概要

i-Repo ScanはiPhoneやiPadの標準のカメラ機能を用いて、複数バーコードを連続シーケンスにおいて一括で読み取りが可能なi-Reporterの新しいバーコード読み取りオプション機能です。
大量のバーコード内に異なる複数のバーコード種類が混在している場合でも、事前に指定した複数のバーコード種類のみを一度に読み取りが可能です。

在庫棚卸、入出庫、ピッキング、作業ミス・誤投入・誤組付防止、製品出荷など、バーコードを使用するあらゆる業務に要する時間を大幅に削減し、人的なミスのない正確なデータ収集を実現し、業務を効率化します。

バーコードの読み取り帳票、読み取り条件などの動作など、各業務に応じたバーコード読み取りアプリをExcelを用いてお客様自身でノーコードで簡単に作成できます。

アプリで読み取ったデータはi-ReporterのDBで一元管理され、在庫品の集計や在庫管理システムなどの業務システムとのリアルタイム連携を実現します。

また従来、多くの現場で使われてきた専用ハンディターミナルは、端末本体が高価格かつ専用の読取システムの開発・修正にもコストと時間が必要になっていました。
i-Repo Scanは、汎用的なiPhoneやiPadで利用できるので、専用ハンディターミナルに比べてハードウエアのコストを抑えての導入が可能です。
また、i-Repo Scanアプリの入力画面は、Excelをベースにしてお客様自身で簡単に作成できるため、システム開発コストも大幅に削減できます。
各業務システムとのリアルタイムの連携も、i-Reporterの豊富な外部システム連携機能をそのまま利用できるため大幅な時間とコストの削減が可能です。

i-Repo Scanの主な特徴

  1. 大量のバーコードの読取り作業を超高速化!複数のバーコードを一括&連続で読み取るMatrixScan機能
  2. 条件に一致しないバーコードを色仕分けと音で判別!作業のミスを防止
  3. 大量のバーコードの読取漏れを防止!読み込み済のバーコードには数字を表示
  4. 在庫棚卸、入出庫など数量を効率的に正確に数えるための専用カウント機能(近秋リリース予定)
  5. 専用のハンディターミナル不要。バーコード読取アプリの作成やシステムとの連携も容易。導入コストがこれまでの1/5以下に!

i-Repo Scanを使ったバーコード読取を行うことで、在庫棚卸・入出庫・ピッキング・作業ミス・誤投入・誤組付防止、製品出荷などの物流業務を中心としたバーコードを使用するあらゆる業務の効率化、業務の品質の向上を低コストかつ簡単に実現可能です。

金額について

2022年12月末迄のキャンペーン価格
1デバイス当たり年間サブスクリプション25,000円
(定価:年間サブスクリプション35,000円)
※最小購入単位:2ライセンス~
※別途、i-Reporter本体のライセンスが必要です。

製品紹介ページ

https://i-reporter.jp/scan/

※i-Repo Scanはi-Reporterのオプション機能です。
※i-Repo Scanは帳票起動後の初回スキャン時に、i-Reporter アプリから Scandit 社の認証サーバーへインターネットを経由して暗号化された端末情報の通信を行います。
ただし、インターネットへのアクセスが出来ない環境にあるお客様の場合でも、正常にご利用いただけます。

開発の背景

i-Repo Scan開発のきっかけは、スイスのユニコーン企業「スキャンディット合同会社様(以下スキャンディット様)」と出会ったことでした。
スキャンディット様はスマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを用いて、バーコードやQRコードなどを高速かつ高精度に読み取る技術や、複数のバーコードを同時にスキャンする技術開発に長けた企業です。

もし、i-Reporter帳票にスキャンディット様の提供する高機能なバーコードスキャン機能をノーコードで実装することが可能になれば、今までに無い柔軟・高機能なバーコードスキャンを行い、御客様の大幅な業務効率化を実現できると考えました。

その結果、「i-Reporter」にScanditを組み込み「i-Repo Scan」をリリースする運びとなりました。

スキャンディット合同会社様からのコメント

「スキャンディット合同会社は、この度のScanditの高性能なバーコードスキャン技術を現場帳票ペーパーレス ソリューション『i-Reporter』に実装した新しいソリューションの展開に、大きな期待をしております。
当社が提供するScandit MatrixScan機能を「i-Reporter」に実装することにより、製造現場における棚卸、入出庫、ピッキング、原材料の誤投入防止などの現場業務の飛躍的な効率化・迅速化に、より大きく貢献できるものと確信しております。
今後は、シムトップス社と協調して、製造業のお客様向けに、高性能バーコードスキャン技術による現場DXの実現を積極的に推進して参ります。」
(スキャンディット合同会社 事業責任者 関根正浩 様)

今後の開発予定

i-Repo Scanもi-Reporter同様に、新しいニーズに応じた機能を継続的に開発致します。

既に開発を進めている今後のアップデート内容として、
■シングルスキャンモードで、複数のバーコードを一括&連続で読み取るSecencial Singlescan機能
■拡張現実(AR)オーバーレイを活用した読み取ったバーコード情報から関連する詳細情報をバーコード上に表示する機能
などを予定しています。

i-Reporterについて

ConMas i-Reporterは、DX(デジタルトランスフォーメーション)の入口、簡単 IoT、帳票とAIをキーワードに現場データのデジタル化とDX推進のためのペーパーレスソリューションを提供しております。
製造業、フィールドサービス、建築・建設をはじめ、2,912社、136,437超のユーザー(2022年6月末現在)にあらゆる業種、業務で利用いただいております「現場帳票」ペーパーレス ソリューション市場 シェアNo.1の製品・サービスです。(※1)

  1. 紙やExcelの帳票をそのままのレイアウトでタブレットに取り込み、ペーパーレス化を実現
  2. 現場入力データがリアルタイムでデジタル化され、データの2重入力を防ぎ情報活用、共有が迅速に
  3. 外付けデバイス、IoTやPLC、既存システムとのデータ連携によりトレーサビリティーの高いエビデンスが可能
  4. 音声入力によるハンズフリーを実現し、作業と入力を並行可能に
  5. 入力データをAI 連携し、分析、解析結果をエビデンス化
  6. 従来のオンプレミスとクラウドのどちらも利用可能

※1出典:富士キメラ総研 2021年2月調査「After/Withコロナで加速するニューノーマル時代のICT変革ソリューション市場 現場帳票ペーパーレス化ソリューション 市場占有率36.8%(2019年度実績)

【製品サイトURL】
https://i-Reporter.jp/

株式会社シムトップスについて

シムトップスは、1991年に国産生産スケジューラ専門会社の草分けとして誕生しました。
多くのお客様での生産スケジューリングや工程管理システムの構築、運用を通して得たノウハウを製品にフィードバックしながら、製造現場で使える生産スケジューラ、工程管理システム、IoTデータ収集ソリューション、iPad、iPhone、Windows「現場帳票」ペーパーレス ソリューションなど真に現場で使えるパッケージ製品を開発しています。
本社所在地 :〒141-0021 東京都品川区上大崎2-25-2 新目黒東急ビル10F
代表 :代表取締役社長 水野 貴司
事業内容 :
◆個別受注生産向け生産スケジューラ、生産管理システムDIRECTORの開発/販売
◆「現場帳票」ペーパーレス ソリューション  i-Reporterの開発/販売
◆製造・保守点検・建設などの現場の進捗管理・コミュニケーションツールnXProjectHubの開発/販売
◆BOPプロセスエディタ MPPCreatorの開発/販売

【企業サイトURL】
https://www.cimtops.co.jp/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る