ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス クラウド型倉庫管理システム・ci.Himalayas/R2、IT導入補助金に認定

クラウド型倉庫管理システム・ci.Himalayas/R2、IT導入補助金に認定

掲載日:2022年08月08日

株式会社シーネット(以下シーネット、本社:千葉県船橋市、代表取締役社長兼CEO:小野崎伸彦)は、この度経済産業省の推進する「サービス等生産性向上IT導入支援事業(以下、IT導入補助金2022)」の支援事業者として採択され、対象ツールとして、クラウド型倉庫管理システム「ci.Himalayas/R2」が認定されたことをお知らせします。
これにより、中小企業・小規模事業者等は、「ci.Himalayas/R2」の導入費用の2分の1(最大150万円未満)について補助を申請することが可能になります。

IT導入補助金のご案内 : https://www.cross-docking.com/it-hojo/

対象ツール

■クラウド型WMS(倉庫管理システム)「ci.Himalayas/R2」
ci.Himalayas/R2は、幅広い業界に対応したクラウド型のWMS(倉庫管理システム)です。物流一筋30年の経験で培った経験やお客様の声を反映し作り上げ、10年連続WMSパッケージシェアNo.1を獲得しております。※
入庫・出庫・在庫・棚卸・請求など、倉庫管理に必用な機能が、標準で210以上搭載、柔軟なカスタマイズ性も備えており、お客様ごとの異なるご要望にお応えすることが可能です。

商品詳細ページ :https://www.cross-docking.com/service/wms-standard/

サービス等生産性向上IT導入支援事業費補助金(IT導入補助金2022

「IT導入補助金2022」は、中小企業・小規模事業者がIT化による生産性向上と業務効率化を目的としたITツール導入に際し活用いただける補助金です。

シーネットでは、倉庫管理の効率化や生産性向上をサポートするツールとして「ci.Himalayas/R2」を対象ツールに申請し、認定されました。
今回シーネットが採択された通常枠A類型では、ソフトウェア購入費・クラウド利用料(1年分)・導入関連費等が、対象経費区分となり、補助率1/2以内、最大150万円まで補助されます。

公式ホームページ https://www.it-hojo.jp/

■申請スケジュール
・4次締切分
締切日 :2022年8月8日(月)17:00(予定)
交付決定日:2022年9月8日(木)(予定)

※今後のスケジュールはこちらでご確認ください。
https://www.it-hojo.jp/schedule/

■補助金対象者
中小企業(飲食、宿泊、卸・小売、運輸、医療、介護、保育等のサービス業の他、製造業や建設業等も対象)

■補助対象経費
ソフトウェア・クラウド利用費(1年分)・導入関連費用等

■補助金の上限額・下限額・補助率
補助対象経費の1/2以内(下限額30万円 上限額150万円)

今後について

物流業界においてもDXは急務となっていますが、システム化にハードルを感じている中小物流企業様が多いのも事実です。シーネットは、支援事業者となることで、中小物流企業様の導入費用面でのハードルを下げ、システム構築をするきっかけとしていただきたいと考えています。
今後も、ITツールを通じて、物流企業様の効率化や生産性向上に貢献し、DX推進をサポートできるよう取り組んでまいります。

株式会社シーネットについて

シーネットは、1992年の創業以来、物流一筋にシステム化による業務効率化と品質向上に取り組んできた、倉庫管理システムのパイオニアです。「現場をITで気持ち良くする」を企業理念に掲げ、営業・開発・サポートまで、プロジェクトに携わる関係者全員がそれぞれの視点で物流の現場を熟知し、物流現場が抱える課題に最適解を提示しています。2011年から10年連続でWMSパッケージ出荷金額No. 1*を達成。現在は、物流システムサービスインテグレーションを通じ、多様な企業の物流戦略をサポートしています。
*デロイト トーマツ ミック経済研究所株式会社『ワークスタイル多様化で拡大する基幹業務パッケージソフト(ERP)の市場展望2021年度版 https://mic-r.co.jp/mr/02090/

所在地 : 千葉県船橋市本町4丁目41番地19号
設立    : 平成4年1月10日     URL  :  https://www.cross-docking.com/
電話番号:047-422-0515

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る