ホーム テーマ DX推進 ソフト・サービス 建築設計クラウドサービス・DDDDbox、アーリーアクセス受付開始

建築設計クラウドサービス・DDDDbox、アーリーアクセス受付開始

掲載日:2022年08月03日

BIM、IoT、数理最適化、深層学習、XRなどの技術を用いて事業を展開する株式会社AMDlab(https://amd-lab.com)は、建築設計業務のためのSaaS「DDDDbox」の提供に向け、アーリーアクセスの受付を開始することをお知らせします。

メインイメージ(イラスト イスナデザイン)メインイメージ(イラスト イスナデザイン)

DDDDbox

DDDDbox(https://ddddbox.app)は、株式会社AMDlabが提供する建築設計のためのクラウドサービスです。
デジタルを活用し、設計士が効率的に設計業務を進められるよう、建築設計に特化した様々な機能をWeb上で提供します。

コンセプト

DDDDboxは「Data Driven Design Development box」の略称です。
データを中心とした建築設計を実施できるようにすることをサービスのコンセプトとしています。

DDDDboxが集めてきたデータ、DDDDboxで作成したデータ、DDDDboxに取り込んだデータ
様々なデータを様々な形で利用できるようDDDDboxが機能を提供します。

コンセプトコンセプト

サービスの特徴

1. 整理されたデータによる業務の効率化
設計者の業務で生まれてくるデータの整理は、DDDDboxが行います。また、必要なデータはDDDDboxから検索でき、DDDDboxを通してデータを書き出すことができます。
デザインという職種にも関わらず、事務的な作業が大半を占めてしまう設計業務を、整理されたデータにより効率化し、設計者は、本来の「設計」の業務に集中することができるようになります。

2. WebBIM
Webブラウザで動作するBIMを提供します。複数人での共同編集が可能です。また、オフラインでも編集が行えます。高スペックなPCを用意する必要は、もうありません。Webブラウザがあれば、いつでもどこでも設計ができます。
パラメータの設定も悩む必要がありません。DDDDboxが、用途に合わせた項目を用意します。

3. 建築設計に特化した様々な4Dアプリ
4DアプリはDDDDboxの中で利用できるアプリケーションです。
建物カルテ、タスク・スケジュール管理、WebBIM、構造解析、環境シミュレーション、申請支援など、設計業務のためのアプリケーションを用意しています。

開発中の画面

WebBIMWebBIM

建物カルテ建物カルテ

タスク管理タスク管理

スケジュール管理スケジュール管理

アーリーアクセスについて

アーリーアクセスは、正式なリリースの前に一部ユーザーにのみサービスを限定公開し、ご試用いただいたユーザーからフィードバックを集め、サービスに反映させる試みです。

アーリーアクセスは、2022年11月から開始する予定です。
アーリーアクセスユーザーとして、応募者の中から約20名を抽選で選ばせていただき、当選者の方には別途ご連絡をさせていただきます。
アカウントを発行後、実際にDDDDboxをご試用いただき、数週間後にヒアリングのお時間を頂きます。
アーリーアクセス期間中、アーリーアクセスユーザーはDDDDboxを無料でお使いいただけます。

お申し込みはこちら https://ddddbox.app から

株式会社AMDlabについて

名 称:株式会社AMDlab 代表者:藤井 章弘
設 立:2019年1月4日
所在地:兵庫県神戸市中央区栄町通5丁目2-2-202
URL: https://amd-lab.com
建築士2人が起こした、「建築設計」を中心に業界のDXを推し進めているスタートアップです。BIM、IoT、数理最適化、深層学習、XRなどの技術を用いて事業を展開しています。オンライン建築教育サービス『AMDhaus』、株式会社LIXILと共同で開発を行ったパブリックトイレ自動設計ツール『A-SPEC(https://a-spec.lixil.com)』、創造系不動産株式会社と共同で運営する、建築家の設計した住宅にフォーカスした不動産情報サービス『建築家住宅手帖(https://archi-techo.com)』を現在、提供している。

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る