期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース 月額5.5万円でセカンドホームに滞在できるサブスク「SANU 2nd Home」に出資

月額5.5万円でセカンドホームに滞在できるサブスク「SANU 2nd Home」に出資

掲載日:

創業期のスタートアップから出資・成長支援を行う株式会社サムライインキュベート(本社:東京都港区、代表取締役:榊原 健太郎、以下「当社」)は、運営するファンドより、株式会社Sanu(読み:サヌ、本社:東京都中央区、代表取締役:福島 弦、以下「SANU」)へ出資しましたのでお知らせいたします。

SANUについて

SANUは「Live with nature. / 自然と共に生きる。」をコンセプトに掲げ、別荘よりも気軽にホテルより何度も通える”自然の中にある家と暮らし”を提供するセカンドホームのサブスクリプションサービス「SANU 2nd Home」を提供しています。

ユーザーは、初期費用無料かつ月額5.5万円の費用で、現在7拠点50棟あるどのキャビンでも利用することができます。1回につき最大4日間の連続滞在が可能です。会員登録から予約、チェックイン・チェックアウトの一連の流れを全てスマートフォン1つで完結できる簡便さも兼ね備えています。

日本における別荘保有率は0.7%ほどと言われ、諸外国と比較してもセカンドホーム市場は未開拓と言えます。しかし昨今では、都市部に在住する人の「自然の中で暮らしたい」というニーズや、シェアリングエコノミーやテレワークの推進など「働く場所の自由化」による社会変化が見られます。「SANU 2nd Home」は、サービスリリース(2021年4月)直後に初期会員枠が即時完売し、現在サブスク入会を待つウェイティング登録者数が3,600名を突破するほど反響を得ています(2022年7月5日時点)。SANUでは、今後拠点や棟を拡大し、より多くの人が”セカンドホーム”へアクセスできる社会の実現を目指しています。

また、SANUではGX・DX※1を推進しています。プレファブ建築と部材のデータ管理により、現場の建設期間を短縮し、土地取得から最短6ヶ月で開業できます。部材は1つ1つをデータ管理し、釘やボンドなどの使用を最小化して部材の交換を容易にすることで、メンテナンスをしながら長い期間使用し続けられることも特徴の一つです。また、CO2吸収量のシミュレーションの実施や収益の一部から植林を行うカーボンネガティブ※2も実現しています。

[注釈]
※1 GX:グリーントランスフォーメーションの略、DX:デジタルトランスフォーメーションの略
※2 カーボンネガティブ:経済活動によって排出される温室効果ガス(CO2や水蒸気など)よりも、吸収する温室効果ガスが多い状態のこと

SANU会社概要

社名:株式会社Sanu
設立:2019年11月11日
代表:代表取締役 福島 弦、創業者 本間貴裕
所在地:東京都中央区日本橋小舟町14-7 SOIL NIHONBASHI
URL:https://sa-nu.com/
SANU 2nd Home 公式サイト:http://2ndhome.sa-nu.com/

SANU 代表取締役 福島 弦氏 コメント

SANUは、「住」の分野におけるグローバルブランドを目指す企業です。また、SANUは、リアルの建築物・空間を通じて、その土地・自然と向き合う企業です。”Local to Global”を地で行かれるサムライインキュベート様からの出資は、我々が目指すビジョンの力強い後押しとなると確信しております。代表の榊原さん、担当會さんはじめ皆さんと自然を一緒に楽しみつつ、世界を目指していきたいと思います。

当社 Partner Investment Group 會 義貴 コメント

この度SANUに出資させて頂いたことを大変嬉しく思います。創業者の本間さん、代表の福島さんを始めとするチームの皆様の自然に対する想い、そして工夫を重ねて新たな空間やコミュニティを形にしていく姿に感銘を受けました。「SANU 2nd Home」というサービスを通じて、より多くの方が自然を身近に感じる機会を得られると信じております。今後も目覚ましく進化していくSANUを楽しみにご支援させて頂きます。

会社概要

社名:株式会社サムライインキュベート
住所:東京都港区六本木1-3-50
設立:2008年3月14日
代表:代表取締役 榊原 健太郎
URL:https://www.samurai-incubate.asia/

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る