期間限定!1周年企画 今すぐクリック!

ホーム DX ニュース クラフトバンク、信和建設とDX人材活用で業務提携|育成、協力会社体制の構築

クラフトバンク、信和建設とDX人材活用で業務提携|育成、協力会社体制の構築

掲載日:

Category:

DX,ニュース

Tag:

建設DXのスタートアップ・クラフトバンク株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長: 韓 英志、以下「クラフトバンク」)は、信和建設株式会社(本社:大阪市中央区、代表取締役社長:丸尾 順治、以下「信和建設」)と業務提携契約を締結し、DX人材の発掘・育成、デジタル技術を活用した協力会社体制の構築に向けた協業を開始いたします。

背景

建設業の就業者数はピーク時619万人に対して、2018年には503万人となり、ピーク時比で26.5%減と、減少の一途を辿っています※。その結果、建設業の技術者の希少化が進み、デジタル技術を活用した生産性の向上とデジタル人材の育成は重要な経営課題となっています。
※国土交通省「建設業及び建設工事従事者の現状」

クラフトバンクは、内装工事会社に端を発した建設DXのスタートアップとして、2.5万社を超える建設工事会社が登録し、デジタル技術を活用した協力会社のマッチング事業を展開してきました。新たな取り組みとして、2021年より協力会社体制の構築や技術者採用、事務作業など、「現場外業務」のデジタル化を核とした成長支援へと事業拡大しています。

信和建設は、明治25年(1892年)の創業以来130年間、建築・リフォーム・分譲から土木事業まで常に進化を遂げながら事業を拡大し、近年ではマンションのみならずガレージハウスから介護施設、ホテルまで幅広く事業展開してきました。創業120年からの10年間において、グループ合計売上が6倍成長・450億円超(2022年3月期)の急成長を遂げ、更なる成長加速化により550億円超が目前の総合建設会社として、多くのまちづくり、空間づくりを手掛けています。

業務提携の概要

本業務提携において、信和建設のデジタルトランスフォーメーション戦略の強化を目的に、人材活用に関するデジタル化を共同展開していきます。

・DX人材の発掘・育成
技術者採用のデジタル化及びDX人材の育成
・デジタル技術を活用した協力会社体制の構築
クラフトバンクに登録する近畿エリア4,400社を対象に協力会社のマッチング及び協力会社体制の構築

急成長を遂げる信和建設の工事事業とクラフトバンクに蓄積したデジタル技術の知見を活用することで、人材不足解消におけるモデルケースの確立を目指してまいります。

信和建設株式会社 会社概要

明治25年(1892年)創業。大阪をはじめ関西を中心に、東京にも拠点を持ち、建設事業を展開。同社のグループ会社である信和不動産とともに、土地活用・マンション経営の提案、企画・開発から設計・施工、竣工後の仲介管理・事業経営まで一貫してサポートを行っています。

 社名  :信和建設株式会社
所在地 :大阪府大阪市中央区南船場1丁目18-11 SRビル長堀
設立  :1892年(明治25年)
代表者 :代表取締役社長 丸尾 順治
事業内容:土木・建築工事の計画及び設計監理の請負業、宅地建物の取引業、不動産管理業務、駐車場の経営、貸し会議室の運営、温泉浴場施設及び飲食店の経営
URL  :https://www.shinwakensetsu.com/

クラフトバンク株式会社 会社概要

2021年4月、内装工事会社からのMBOにより創業。全国の建設工事会社2.5万社超が利用する利用する工事受発注プラットフォーム「クラフトバンク」を運営。2021年より建設工事会社へのデジタル化支援事業を開始し、日本が世界に誇る建設職人の生産性向上に取り組んでいます。

社名  :クラフトバンク株式会社
所在地 :東京都中央区⽇本橋⾺喰町2丁⽬2-5 ⽯井ビル3F
設立  :2021年4月
代表者 :代表取締役社長 韓 英志
事業内容:建設業向け工事受発注プラットフォーム・工事会社向けのデジタル化支援事業
URL  :https://corp.craft-bank.com/

あわせて読みたい

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX の人気記事

もっと見る