ホーム 最新ニュース ソフト・サービス キャッシュレス+ドア解錠のスマートリングEVERING|大和ハウス等より金調達

キャッシュレス+ドア解錠のスマートリングEVERING|大和ハウス等より金調達

掲載日:2022年06月08日

キャッシュレス決済+ドア解錠機能搭載のスマートリング「EVERING(エブリング)」を企画・販売する株式会社EVERING(本社:東京都中央区、代表:川田健)は、10億円超の資金調達を行いました。

今回の資金調達では、伊藤忠商事株式会社(本社:東京都港区、代表取締役社長COO:石井 敬太)や株式会社三菱UFJ銀行(本社:東京都千代田区、取締役頭取執行役員:半沢 淳一)、大和ハウス工業株式会社(本社:大阪府大阪市、代表取締役社長:芳井 敬一)など、事業パートナー企業など計16社を引受先として、10億円超の調達となりました。

<引受先 企業一覧(五十音順)>
アンカー・シップ・パートナーズ株式会社、伊藤忠商事株式会社、京銀リース・キャピタル株式会社、株式会社 協和、株式会社サニーサイドアップグループ、株式会社Sun Asterisk、株式会社滋賀銀行、大和ハウス工業株式会社、戸田建設株式会社、凸版印刷株式会社、株式会社三菱UFJ銀行、ライフカード株式会社 他

資金調達の目的

EVERING(エブリング)はVisaのタッチ決済に対応した、キャッシュレス決済+ドア解錠機能搭載のリング型ウェアラブルデバイスです。2021年5月に先行予約販売を開始し、即日完売。第2弾となる7月の先行予約販売もわずか数日で完売するなど多くの反響をいただき、2021年10月1日より一般販売を開始しました。販売当初は決済機能だけでしたが、今年3月からは、スマートロック「bitlock」との連携を開始し、従来の決済機能に加えて、指輪をかざすだけでドアの解錠が可能となり、活用の範囲が益々拡がりました。

EVERINGは、暮らしの中の不便さや煩雑さを解消する「Less is smart.」をビジョンに掲げており、決済やドアの解錠のみならず、公共交通機関での利用やヘルスケア、レジャー・観光、エンタメなどあらゆる生活導線を指輪1つで繋げ、便利な社会の実現を目指してまいります。今回調達した資金は、それらの事業開発における事業資金として活用いたします。
今後も日常の様々な場面と連携させ「Less is smart.」な新しい生活体験の提供とともに、デザイン面でのアップデートも行い、皆様の日常に欠かせないデバイスとなることを目指してまいります。

事業パートナーからのコメント

伊藤忠商事株式会社 金融ビジネス部長 松尾 英俊様

「日本におけるキャッシュレス決済は年々増加し、その決済手段もカードやコード決済、スマートウォッチ等、消費者のライフスタイルに合わせて多様化しております。簡易に決済が出来るウェアラブルデバイス事業を展開し、また今後の機能拡張の中で「指輪1つで便利な社会の実現を」目指す同社の取組は、我々伊藤忠商事の「マーケット・イン」の事業展開にも通じるものです。今回の資本参画を契機に、EVERING社のビジネス拡大、企業価値向上をサポートしてまいります。」

大和ハウス工業株式会社 代表取締役社長 芳井 敬一様

大和ハウス工業株式会社は、スマートリングを活用したキャッシュレス・タッチレス生活を実現させるために、このたび株式会社EVERINGと投資契約を締結しました。将来的にはバイタルデータを活用することで、ヘルスケアに関するサービス提供を進めてまいります。

ライフカード株式会社 代表取締役社長 北之坊 敏泰様

枠にはまることのない斬新な発想力で果敢に挑戦し、独自のユニークな商品・サービスを提供する」というビジョンを掲げている当社にとって、日本初、Visaのタッチ決済に対応したスマートリングの販売を開始したEVERINGの取り組みに共感、出資を決定させていただきました。両社の協業により更なるキャッシュレス化を推進していきます。

戸田建設株式会社 執行役員副社長 戸田 守道様

EVERINGはシームレスな決済体験に加え、スマートロックや交通機関への展開などが期待でき、私たちの生活の利便性を高めてくれると考え出資いたしました。当社の事業展開領域の一つである「ビジネス&ライフサポート領域」との親和性も高く、今後当社との価値共創で起こる化学反応にも期待しています。

凸版印刷株式会社 事業開発本部 坂田 卓也様

ハードウェアスタートアップであることに加えて、大企業からのカーブアウトという茨の道。この道は、決済やヘルスケアをアップデートしたいという高い志の実現を目指す、川田社長をはじめとするエブリングの皆さんだからこそ実現できるものであると大きな可能性を感じ、投資をさせて頂きました。されど、MTGさんのDNAを持つエブリングさんだからこそ実現できる新しいスマートリングの社会だと信じています。これからは、そこに私たちのトッパンのDNAもフルレバレッジしていただき、一緒にTOPPA!していければ思っています。改めて、ご一緒出来ますことに心から感謝申し上げます。

京銀リース・キャピタル株式会社 代表取締役社長 竹中 伸一様

EVERINGの普及によるキャッシュレス決済の普及、また今後開発を予定している交通系での利用、ヘルスケア機能の実装により、人々の生活のDX化、安心安全で便利な社会の実現を期待し、投資をさせていただきました。京都銀行グループとして、今後の銀行サービスにおける協業も期待しています。

株式会社サニーサイドアップグループ 代表取締役 次原 悦子様

「たのしいさわぎで、世界を変える。」をモットーにしている当社です。EVERINGは、指輪1つで私たちの生活を大きく変えようとしています。一人ひとりの生活行動が少しだけでも変わることで、世の中は大きく変わると私たちは信じています。私たちもEVERING社と一緒にたのしいさわぎを起こしていきたいと思います。

株式会社Sun Asterisk 代表取締役 小林 泰平様

EVERING社とは、指輪型決済端末「EVERING」の専用アプリの開発をご一緒させていただいています。新しい価値創造にチャレンジするEVERINGの熱量と新しい領域へ挑む姿勢にとても共感しました。出資だけではなく、Sun*の持つビジネス、テック、クリエイティブの面からもご支援できればと思います。EVERINGの皆さんとこれまで以上に一体となりチャレンジさせていただくことを楽しみにしています!

株式会社EVERING 共同経営者 代表取締役 CEO 川田 健より

Everythingに繋がるリングでEVERING(エブリング)という弊社の構想に各業界を代表する企業様にご賛同・ご参画頂けることとなり、EVERING一同感謝申し上げます。また新しい社会の標準装備としてEVERINGが皆様の生活と共にあることを目指し、事業パートナーの皆様とEVERINGを生活のあらゆるシーンにお届けして参ります。

事業パートナーの皆様のご支援を頂きながら全社員一丸となって更なる機能の開発、サービス向上に取り込むことをコミットさせて頂きます。

事業パートナー一覧(一部)

株式会社EVERING 会社概要

・企業名:株式会社EVERING
・所在地:〒103-0027 東京都中央区日本橋3丁目6番2号日本橋フロント1F
・設立:2020年2月
・役員:共同経営者 代表取締役 CEO 川田健
    共同経営者 取締役 COO 津村直樹

    取締役会長 大田嘉仁
    取締役 藤田豪
・事業内容:スマートリングの製造・販売、及び付帯する製品の輸入・販売
・URL:https://evering.jp/

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

https://news.build-app.jp/article/4231/

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

ソフト・サービス の人気記事

もっと見る