株式会社EARTHBRAINは、土木現場におけるICT施工のさらなる促進に向け、LiDARスキャナとカメラが搭載されたスマートフォンやタブレットを活用して手軽に高精度な測定をすることができる3次元計測アプリ「Smart Construction Quick3D」を開発し、2022年5月下旬に提供を開始する予定です。

概要

株式会社EARTHBRAIN(代表取締役社長 小野寺 昭則、以下、EARTHBRAIN)は、土木現場におけるICT施工のさらなる促進に向け、LiDARスキャナとカメラが搭載されたスマートフォンやタブレット※1を活用して手軽に高精度な測定をすることができる3次元計測アプリ「Smart Construction Quick3D」(以下、本アプリ)を開発し、2022年5月下旬に提供を開始する予定です。

アプリの特徴

本アプリは、ICT施工が初めての方でも簡単に利用でき、小規模現場でも手軽に導入できることをコンセプトとして開発しています。本アプリのライセンスを購入の上、LiDARスキャナ搭載のスマートフォンやタブレットに本アプリをインストールして測定範囲を撮影するだけで、LiDARスキャナで取得した点群データや撮影した写真から高精度な計測点群データを生成することができます※2。

本アプリの測定精度は、国土交通省が定める出来形計測の測定精度基準である±50mmを満たしていることが確認できており、2022年3月に改定された「3次元計測技術を用いた出来形管理要領(案)」に準拠した測定が可能となります。また、小規模土工現場の出来形管理において本アプリを利用して面計測を行うことで、工事成績1点の加点が適用される予定です。

今後もEARTHBRAINは、建設現場のデジタル化を実現することにより、生産性・安全性・環境性を向上し、スマートでクリーンな未来の現場の創造に取り組んでまいります。

※1  LiDARスキャナが搭載されているiPhone、iPadでお使いいただけます。(2022年4月4日時点)
※2  本アプリの利用に必要なライセンスは、Smart Construction DX Gateway(https://gateway.smartconstruction.com/)から購入が可能となる予定です。また、測定範囲を設定するために必要となる専用の標定点シートと検証点シートも、アプリの提供開始以降、同サイトにてダウンロードが可能となります。

*  iPhone、iPadはApple Inc.の商標です。
*  iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。

報道発表資料に記載された情報は、発表日現在のものです。仕様、サービス内容、お問い合わせ先などの内容は予告なしに変更されることがありますので、あらかじめご了承ください。

株式会社EARTHBRAIN 会社概要​

株式会社EARTHBRAINは、コマツ(株式会社小松製作所)、株式会社NTTドコモ、ソニーセミコンダクタソリューションズ株式会社、株式会社野村総合研究所が4社共同で発足した企業です。建設現場のデジタルトランスフォーメーションを実現する「Smart Construction」を提供し、建設業界の安全性・生産性・環境性の飛躍的な向上をめざしています。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】