ホーム テーマ DX推進 デジタルツイン・メタバース 3DドキュメントScene・3D&バーチャル リアリティ展へ

3DドキュメントScene・3D&バーチャル リアリティ展へ

掲載日:2022年03月11日

Scene とは

Scene (https://www.scene.space/)は製造業で簡単に導入できる 3D ドキュメントツールです。
社内にある 3D CAD データを活用して、あらゆる部署が立体的に動く資料を作成できる、新しい製造業 DX ツールです。

「皆が使える 3D ドキュメント」として、3D ツールの中でも最も操作性がシンプルで分かりやすい特徴があります。

3D でありながらパワーポイントのように説明の流れを作ることができ、ページとページの間にはアニメーションが自動で追加されるという新しい仕組みがあります。更に、資料の URL だけで簡単に共有できる手軽さもあります。

これにより 3D の資料作成が誰でもスピーディにできるうえ、部門間でのコミュニケーションの効率化につなげることができます。

今回の出展ブースでは、その場で Scene の新しい 3D 資料作成を体験することができます。ぜひお立ち寄り下さい。

【展示会情報】
展示会名:3D&バーチャル リアリティ展
開催日:3月16日~3月18日
開催場所:東京ビッグサイト
URL:https://www.japan-mfg.jp/ja-jp/about/ivr.html

【出展ブース場所】
会社名:Scene 株式会社(シーン)
ホール名:西2ホール
小間番号:13-52

ご相談・お問い合わせ
電話:080-2091-00040(担当:江澤)
メール:satoshi@scene.space
HP:https://www.scene.space/

3D&バーチャル リアリティ展とは

3D&バーチャル リアリティ展(IVR)は、VR、MR、AR製品や、最先端の映像技術、3D技術が出展する展示会です。

毎年、製造業、建設業、都市インフラ、官公庁、地方自治体などの幅広い分野の方々が多数来場し、出展企業と活発な商談を行っています。

Scene 株式会社について

https://www.scene.space/
「Scene」は、社内の 3D データという資産を活用し、立体的でわかりやすい資料を、驚くほど簡単に作れる 3D ドキュメントツールです。製造資料の「作成に時間がかかる・伝わらない」を解決します。
製造業を直近のターゲットとして製品・サービスを成長させ、 3D データの活用が進み、かつ既に引き合いの多い建設業界や医療業界への展開を計画しています。

2021 年 2 月にはイーストベンチャーズ、グリーベンチャーズ、アプリコットベンチャーズ、個人投資家から累計 6,300 万円の資金調達を完了しています。
Scene は、AR デバイスの活用が一般化し 3D データの活用需要が更に高まると考え、誰もが 3D データを活用して表現できる技術基盤を目指し、今後もグローバルな展開をおこなっていきます。

ホームページ
https://www.scene.space/

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る