ホーム テーマ DX推進 デジタルツイン・メタバース VRで360度リアルタイム工場視察|NEWJI VRがインドに新拠点

VRで360度リアルタイム工場視察|NEWJI VRがインドに新拠点

掲載日:2022年03月07日

製造業向けインターネットサービスを展開しているNEWJI株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:生田隆司 以下「当社」)は、インドの製造業界及び建設業界向け人材教育・研修事業を手掛ける株式会社RKPLUS JAPAN(本社:愛知県名古屋市、代表取締役:クマール ラトネッシュ 以下「RKPLUS」)と、360度のリアルタイムで双方向に通信できるコミュニケーションツール「NEWJI VR」のインド拠点を開設いたします。

インドに進出する日系企業

インドへ進出している日系企業をみると、進出日系企業数は2020年10月時点で1,455社。インド北西部にあるハリヤナ州が最も多く、マハーラーシュトラ州、カルナータカ州、タミル・ナドゥ州、デリー準州と上位5州で進出日系企業全体の約85%を占めた状態が続いています。特にハリヤナ州は、空港や首都デリーへの良好なアクセスと日本人向けの食住インフラの充実などを理由に、日系企業の一大集積地となっています。また、業種別にみると、製造業が49.3%と約半数を占めており、輸送用機械器具が製造業として最も多く10.7%。続いて、化学工業で5.8%、電気機械器具で5.3%、金属製品で4.5%となっています。

コロナウイルス蔓延後のインド渡航状況

2021年12月下旬からオミクロン型変異株を中心に新規感染者数が全国的に急増し第3波が到来しました。2022年1月下旬の約35万人前後をピークに2月上旬から減少に転じており、ピーク時に発出されていた各州の外出制限や経済活動の部分的な制限は緩和されています。日本からの渡航に関しては、2022年2月14日時点で外務省の渡航情報レベル3の渡航中止勧告が出されており、まだまだコロナ前の渡航環境に戻るには時間が必要なことは否めません。そこで、オンラインVR工場視察「NEWJI VR」がおすすめです。サービスリリース以降、1年半で230社以上、約8割を占める大手製造上場企業からの問い合わせを受け、順次視察先への導入が進んでいる出張のデジタルシフト。年間を通じて数千万円から数億円かけていた出張旅費交通費の一部をサービス導入費用に充て、各部門で現場のリアルを知るためのツールとして活用されています。

これまで製造業ではインド現地に渡航し、進捗状況の把握を行い、仕事を前に進めてきました。今後インドへ渡航することが100%なくなるということにはなり得ませんが、コロナが終息したとしても海外への渡航や仕事の進め方でデジタル化を導入する企業が増加し、業界でも大きな変換点を迎えている最中となります。
こうした遠隔ツールの導入によるDXを進める上では、スモールスタートで小規模・少人数・小予算で始めることが重要となり、成功体験を得た上で徐々に社内ユーザーを増やしていくことが成功への道筋となるでしょう。
経営者や管理者が現場の課題を十分に理解した上で、業界全体で進んでいるデジタルシフトの判断を行うにあたり、まずは自社の課題や活用方法を具体化させ、現場と情報共有等を行うことが重要となります。RKPLUSは、製造業・建設業における人材育成を通じて、インドの人々の生活水準の向上、そして同国で奮闘する日系企業の業績向上をサポートし、特に、オンライン研修の運営支援に注力しており、日本の親会社と現地子会社の従業員を繋いだオンライン工場視察やリモート技能研修を企画・運営しています。今回、NEWJI VRを活用した出張のデジタルシフトに加え、研修のデジタルシフトにおいても、インドでの活用をサポートします。

2022年2月現在のNEWJI VR海外進出状況

2020年06月に中国・台湾拠点開設
2021年01月にマレーシア拠点開設
2021年05月にベトナム・タイ拠点開設
2022年03月にインド拠点開設
上記の拠点がある国・地域以外でも、全世界でご利用いただけます。

<NEWJI株式会社>
本社所在地: 東京都新宿区西新宿3-2-9 新宿ワシントンビル本館2F
代表者  : 代表取締役CEO 生田隆司
設立   : 2020年4月1日
資本金  : 800万円
事業内容 : 製造業向けのインターネットサービスの開発運営
URL   : https://www.newji.inc

代表取締役CEO 生田隆司(いくたりゅうじ)

1982年生まれ、大阪府出身。関西大学社会学部卒業後、2005年に東大阪の零細企業に入社し中国上海に駐在。中国語と英語を駆使し日本・中国・台湾・ベトナム・インドネシアなどグローバルで、製造業の調達購買をコストダウン中心に多方面からリード。特に、木製品・樹脂製品・鉄/非鉄金属製品・繊維製品を始めとする製品資材に対して調達・購買業務に従事した他、WEBマーケティング領域にも強みを持つ。15年以上携わってきた製造業の調達購買分野における非効率や不合理を、デジタルに最適化することで抜本的に解決したいと思い、2020年4月にNEWJI株式会社を創業。期待のその先をミッションに、デジタル化による製造業のボトムアップやDXを目指す。

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】

BuildApp Newsとは

BuildApp News は
建設DXの実現を支援する
BIMやテクノロジーの情報メディアです。

建設業はプロセス・プレイヤーが多く、デジタル化やDXのハードルが高いのが現状ですが、これからの建設業界全体の成長には「BIM」などのテクノロジーを活用した業務効率化や生産性の向上、環境対応などの課題解決が不可欠と考えます。

BuildApp Newsが建設プレイヤーの皆様のDXの実現の一助となれば幸いです。

注目の記事

DX推進 の人気記事

もっと見る