コンストテック株式会社(代表:石川亮太、所在地:北海道帯広市)がご提供・サポートを行う建設業界に最適なBIM/CIMコラボレーション一元化ツール『Revizto(レビツト)』に、建設作業所などでの、建設実務の生産性UPを実現いただける『Revizto+ (レビツト プラス)』が加わりました。
Revizto+により、ユーザー様には建設案件の干渉チェックを含む作業所のBIM/CIM検証作業などを革新いただけます。「干渉チェックをして終わりになっていませんか?」Revizto+ (レビツト プラス)では、干渉チェック ⇒ 可否判断 ⇒ 干渉回避をどこからでもリアルタイムにコミュニケーション ⇒ 干渉か所を元のBIM/CIMデータで確認、の一連の作業を行っていただけます。
Revizto(レビツト)ご案内HP:https://revizto.jp

『Revizto(レビツト)』は、約150か国で17万人以上の技術者に日々活用され、BIM/CIM検証、関係者間の共同作業・コミュニケーションの負担を大きく軽減しています。2020年11月に日本でのご提供・サポートを開始以降、建設会社・設計事務所への導入が加速しており、ユーザー様に2D・3Dで課題・状況を可視化し、建設業界のQCDSE(品質・コスト・工期・安全・環境)実務に役立てていただいています。

オンラインセミナーのご案内

===============
日時:2022年4月7日(木) 13:00-13:55
コンストテック(株)代表 石川亮太より、『Revizto+ (レビツト プラス)』の便利な活用を具体的お伝えし、参加者の皆様からのご質問にお答えいたします。
定員:500名
形式:オンライン(Zoom)
詳細・申込み:https://revizto.jp/online-event/ からお願いいたします
===============

新パッケージのRevizto+ (レビツト プラス)の概要

 ・主として施工管理者・専門工事会社の方向けに、作業所の業務効率をUPさせる新パッケージ
・Reviztoになく、Revizto+でのみご利用いただける主な機能は、業界を革新するワークフローの『干渉検証自動化』などです
・今後、Revizto+には『作業所や維持管理における各種検査帳票の紐づけ』『公開APIのご提供』など、施工実務に便利にお使いいただける様に、日進月歩の開発を進めていくロードマップになります
 

Revizto+で干渉チェックはこんなに便利に!

① ユーザーフレンドリーな操作ですぐに活用開始

② 独自の干渉チェックエンジンで早い
数万か所の干渉箇所も5~6分!(数千か所であれば、15秒ほど)

③ グループ化が思いのまま

④ 離隔など各種のチェックで施工を効率化

⑤ 点群との干渉チェックも!

⑥ フィルター操作、外観の変更などで思い通りの検証を

⑦ イシューに紐づけてコミュニケーションをスムーズに

⑧ 干渉自動化でより早く効率的に

⑨ スイッチバックで元のモデルを更新

⑩ 速く見やすく出力できるレポート機能でBIM/CIMの状況を視える化

 建設案件ごとの新しいご提供パッケージも開始

建設案件の規模や工期などに応じたお得なご提供パッケージとなっています。任意の建設案件にReviztoをご利用いただくなりました。
・Revizto+(レビツト プラス)の全機能をお使いいただけます
・ライセンス数は無制限です
※ 詳細はお気軽にお問合せくださいませ。

お気軽にプレゼン・デモンストレーションをお申込みいただき、Reviztoのご提供価値をご体験ください

一般のお問合せおよび報道関係者のお問合せ|Tel:0155-66-8758|info@revizto.jp

【この記事を読んだ方におすすめの記事はこちら】